Today's PICK UP

「スペースシェアリングサービス カオスマップ2021年版」が公開

モノオク株式会社は、コロナ禍でニーズが急増している空きスペースを活用したスペースシェアリングサービスをまとめた「スペースシェアリングサービス カオスマップ2021年版」を公開した。

■スペースシェアリングサービス カオスマップ2021年版の特徴

・各分野でサービスが急激に増えている
・コロナ禍での新しい生活様式に対応する新たなシェアサービスが台頭
出典元:プレスリリース

■スペースシェアリングサービス カオスマップ2021年版の考察

・各分野でサービスが急激に増えている
レンタルスペースをプラットフォーム運営する「スペースマーケット」の上場や民泊サービス最大手である「Airbnb」が公開価格が時価総額4兆円でIPOを行うなど、破竹の勢いでスペースシェアリングサービスは成長している。それに伴ってスペースシェアリングの概念が一般に広く浸透してきたことで、多種多様なサービスや同種のサービスがここ数年で急激に増えている。

・コロナ禍での新しい生活様式に対応する新たなシェアサービスが台頭
スペースシェアリングサービスはモノのシェアリングとは違い、リアルの場所で人が介在するするため、どのスペースシェアリングサービスも新型コロナウイルス感染拡大の影響を多かれ少なかれ受けていることが想定される。外出自粛要請で、宿泊やパーティー利用のレンタルスペースなどのサービスが打撃を受ける一方、新しい生活様式が生まれていく中でスペースシェアリングの新たな需要も生まれている。例えば、フードデリバリーのためのキッチンや空き店舗をシェアするサービスや、テレワーク向けのレンタルスペースなどの需要が伸びていることが予測されるという。

■スペースシェアリングサービス カオスマップ2021年版作成の背景

スペースシェアリングサービスは大なり小なり新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けている。レンタルスペースでのパーティ需要の減少、旅行客の民泊利用の減少など目に見えた大きな打撃を受けた。しかしその一方で、オフィスの在り方や働き方が変わり、テレワークのためのシェアスペースやオフィスシェアの需要は大きく増加したことが予測される。今後も、スペースシェアリングサービスは生活様式や働き方の変化とともに、その在り方も変わっていくと考えているという。

そしてこの情勢の中、店舗やホテル、オフィスなどの空きスペースや空き時間が急増しておりその有効活用法が求められている。余ったリソースをシェアすることで収入を得ることができるスペースシェアリングサービスの需要とサービスの内容を俯瞰して考えるべく、「スペースシェアリングサービス カオスマップ2021年版」を作成したとのことだ。

人気記事