Today's PICK UP

プロコーチ養成プログラム「COACHING CAMP by mento」が正式提供開始

パーソナル・コーチングサービス「mento(メント)」の提供を行う株式会社ウゴクは、これまでβ版として提供してきたコーチ養成プログラム「COACHING CAMP by mento」を正式リリースすると発表した。

■実施背景とコンセプト

パーソナル・コーチングサービス「mento」では、コーチング学習における意識と課題を明らかにするため、mentoユーザーへのインターネット調査を実施した。結果、以下のことが明らかとなったという。
・mentoでコーチングを受けている利用者の91%が自分自身もコーチングを学びたいと感じている
・コーチング学習を始めるための不安TOP3は「費用が高い」「流派やスクールを選べない」「クライアント(=コーチングを受けてくれる相手)を探せるかが不安」
出典元:プレスリリース
出典元:プレスリリース
そこで同社では、コーチングサービス『mento』での実践ノウハウを活かし、「本気でプロコーチを目指したいけれど何から始めればいいか分からない」という人に向けたプログラムを用意。どこよりも「クライアント体験」「理論と実践」「短期集中」「プロコーチ養成」にこだわることで、「クライアントにとって本当に価値のあるコーチング」を提供できるコーチを増やし、誰もが質の高いコーチングにアクセスできる社会の実現を推進するとのことだ。

■COACHING CAMP by mentoの特徴

1.少人数で濃く学べる
1人1人の受講生と本気で向き合うために、コースは12名×1クラスの少人数で行う。

2.現役プロコーチと一緒にコミュニティで学べる
「最高のクライアント体験がコーチングスキル向上の原点になる」という想いのもとに、全ての受講生にメンターコーチをつけ、コースプログラムとは別に全5回のパーソナルコーチングを提供。またmentoに登録している100名以上の先輩コーチとの勉強会や交流を通して、様々なスタイルのコーチングを学ぶことができる。

3.修了後はmentoでクライアント獲得をサポート
修了後は「mentoコーチ登録審査」の受験資格を得ることができる。審査に合格すると、mento登録コーチとしてクライアントの紹介が可能になる。
出典元:プレスリリース

人気の記事

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

「ユニコーン企業」ーー企業価値の評価額が10億ドル以上で設立10年以内の非上場企業を、伝説の一角獣になぞらえてそう呼ぶ。該当する企業は、ユニコーンほどに珍しいという意味だ。かつてのfacebookやTwitter、現在ではUberがその代表と言われている。この連載では、そんな海外のユニコーン企業の動向をお届けする。今回は欧米を中心に注目されている「代替肉」を扱う「インポッシブル・フーズ」を紹介する。

全ての日本企業のデジタルシフトを掲げたデジタルホールディングス。「広告事業の売上は追わない」構造改革の真意に田中道昭教授が迫る

全ての日本企業のデジタルシフトを掲げたデジタルホールディングス。「広告事業の売上は追わない」構造改革の真意に田中道昭教授が迫る

社会環境・ビジネス環境が激変する中、全ての産業でデジタルシフト、DX(デジタルトランスフォーメーション)の必要性が叫ばれています。今回は、2020年7月1日に社名変更を行い、広告代理店からデジタルシフト支援事業を中核に構造改革を行うデジタルホールディングス グループCEO 野内 敦氏に、立教大学ビジネススクール田中道昭教授が対談形式でお話を伺います。 前編では、改革後初めての通期決算についての分析と考察、従来の体制から生まれ変わるための企業文化変革と事業戦略についてお話します。