Today's PICK UP

スターバックス、全国の店舗でLINE Payでの決済方法を拡充へ

スターバックス コーヒー ジャパン株式会社(以下、スターバックス)とLINE Pay株式会社は、2019年にスターバックスとLINEが締結した包括的な業務提携の一環として、2021年1月27日より、全国約1,400のスターバックスの店舗でスマートフォン上のバーコードをレジで読み込むことで支払い可能な「LINE Pay コード支払い」の利用を開始すると発表した。
スターバックスとLINEは、革新的で、シームレスに心地よいデジタル体験を実現するための包括的業務提携の取り組み第一弾として、2019年4月より「LINE スターバックス カード」の提供を開始している。「LINE」内の「マイカード」を経由し、タップのみで簡単に新規発行が可能なバーチャルカードで、通常の「スターバックス カード」と同様に、事前に入金した残高で店頭でのキャッシュレス支払いが可能なことに加え、カードを発行するだけで「My Starbucks」への会員登録不要で、スターバックスが提供するロイヤルティ プログラム「STARBUCKS REWARDS(スターバックス リワード)」にも自動的に参加でき、Star(スター)を集めることができることが特長だ。これまで、LINEキャラクターを用いた季節ごとのきせかえデザイン等も提供し、発行開始から約1.5年で200万枚以上が発行されている。

これに加え、2018年末に東京都内と福岡市内の一部店舗でのテスト運用から開始した「LINE Pay コード支払い」の導入が全国の約1,400店舗で完了したので、1月27日より利用可能となる。今回の決済手段の充実により、利用者は、店頭での支払いにおいて、通常の「スターバックス カード」などのほか、「LINE スターバックス カード」に加え、「LINE Pay コード支払い」も選ぶことができるようになる。現在、社会的に“非接触”が重要テーマとなっているなかで、これらの豊富なキャッシュレス支払い手段から、利用者の好みやライフスタイルによって利用しやすいサービスを自由に選ぶことができる。

また、「スターバックス カード」と「LINE スターバックス カード」は、スターバックスが提供するロイヤルティ プログラム「STARBUCKS REWARDS(スターバックス リワード)」に参加でき、Star(スター)が集められる。「LINE Pay コード支払い」は、LINE Payが提供する「Visa LINE Payクレジットカード」を連携した「チャージ&ペイ」を利用することで、支払い金額の最大3%分(2021年4月30日まで)のLINEポイントが付与される。

スターバックスの店舗で利用できるキャッシュレス決済
出典元:プレスリリース

人気の記事

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

「ユニコーン企業」ーー企業価値の評価額が10億ドル以上で設立10年以内の非上場企業を、伝説の一角獣になぞらえてそう呼ぶ。該当する企業は、ユニコーンほどに珍しいという意味だ。かつてのfacebookやTwitter、現在ではUberがその代表と言われている。この連載では、そんな海外のユニコーン企業の動向をお届けする。今回は欧米を中心に注目されている「代替肉」を扱う「インポッシブル・フーズ」を紹介する。

全ての日本企業のデジタルシフトを掲げたデジタルホールディングス。「広告事業の売上は追わない」構造改革の真意に田中道昭教授が迫る

全ての日本企業のデジタルシフトを掲げたデジタルホールディングス。「広告事業の売上は追わない」構造改革の真意に田中道昭教授が迫る

社会環境・ビジネス環境が激変する中、全ての産業でデジタルシフト、DX(デジタルトランスフォーメーション)の必要性が叫ばれています。今回は、2020年7月1日に社名変更を行い、広告代理店からデジタルシフト支援事業を中核に構造改革を行うデジタルホールディングス グループCEO 野内 敦氏に、立教大学ビジネススクール田中道昭教授が対談形式でお話を伺います。 前編では、改革後初めての通期決算についての分析と考察、従来の体制から生まれ変わるための企業文化変革と事業戦略についてお話します。