Today's PICK UP

AWSとコンタクトセンターAIソリューションの連携機能が販売へ

NTTテクノクロス株式会社は、在宅コンタクトセンター向けにコンタクトセンターAIソリューション「ForeSight Voice Mining(フォーサイト ボイス マイニング)」とアマゾン ウェブ サービス(以下、AWS)のクラウドコンタクトセンターサービス「Amazon Connect(アマゾン コネクト)」の連携機能を2021年2月1日から販売すると発表した。

■背景

新型コロナウイルスの影響により各企業では在宅コンタクトセンターの構築が急務になっている。しかし、在宅でコンタクトセンター業務を行う場合は、応対品質の低下、1人でオペレーター業務を行うことに対する不安など課題が多数存在するという。NTTテクノクロスは、これらの課題を在宅コンタクトセンターとしても多くの企業に導入されているAmazon ConnectとForeSight Voice Miningを連携することにより解決し、在宅でも従来と変わらない快適な業務環境を提供するとのことだ。
出典元:プレスリリース

■特長

利用環境などにより在宅コンタクトセンターでは実現が難しかったForeSight Voice Miningの高度な音声認識AIの活用や、管理者が遠隔にいることで困難になった応対支援・通話分析・評価が、Amazon Connectとの連携により実現できるようになった。

(1)円滑な支援で在宅でも応対品質を向上
在宅のオペレーターは管理者の支援が必要になった場合、ForeSight Voice Miningを利用することで遠隔にいる管理者へアラート機能やチャット機能によって助けを求めることができる。アラートを受けた管理者は、高度な音声認識AIによりリアルタイムにテキスト化されたオペレーターの通話内容と音声通話を確認でき、遠隔からフォローすることが可能。在宅でも適切なタイミングでの支援を行えるので、対応品質の向上につながる。

(2)在宅でも業務を見える化し、分析可能
在宅コンタクトセンターでは、オペレーターの働いている様子などを見ることができず、従来通りに業務評価や通話の分析をすることが困難だった。本連携により、管理者は遠隔から過去の通話音声をForeSight Voice Miningですぐに確認でき、ダッシュボード機能も活用してグラフやリストで応対内容を見える化することができる。これにより、在宅からでもオペレーターへの適切な分析・評価を行うことができる。

人気の記事

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

「ユニコーン企業」ーー企業価値の評価額が10億ドル以上で設立10年以内の非上場企業を、伝説の一角獣になぞらえてそう呼ぶ。該当する企業は、ユニコーンほどに珍しいという意味だ。かつてのfacebookやTwitter、現在ではUberがその代表と言われている。この連載では、そんな海外のユニコーン企業の動向をお届けする。今回は欧米を中心に注目されている「代替肉」を扱う「インポッシブル・フーズ」を紹介する。

全ての日本企業のデジタルシフトを掲げたデジタルホールディングス。「広告事業の売上は追わない」構造改革の真意に田中道昭教授が迫る

全ての日本企業のデジタルシフトを掲げたデジタルホールディングス。「広告事業の売上は追わない」構造改革の真意に田中道昭教授が迫る

社会環境・ビジネス環境が激変する中、全ての産業でデジタルシフト、DX(デジタルトランスフォーメーション)の必要性が叫ばれています。今回は、2020年7月1日に社名変更を行い、広告代理店からデジタルシフト支援事業を中核に構造改革を行うデジタルホールディングス グループCEO 野内 敦氏に、立教大学ビジネススクール田中道昭教授が対談形式でお話を伺います。 前編では、改革後初めての通期決算についての分析と考察、従来の体制から生まれ変わるための企業文化変革と事業戦略についてお話します。