Today's PICK UP

KDDIと化粧品ECプラットフォーム「NOIN」が資本提携

化粧品ECプラットフォーム「NOIN(ノイン)」を運営するノイン株式会社は、KDDI株式会社との協業を目的として「KDDI Open Innovation Fund 3号」(以下、KOIF3号)より出資を受けたと発表した。

■提携の背景

ノインでは「誰でも自分に合う化粧品に、あたりまえに出会える世界」を目指し、化粧品ECプラットフォーム「NOIN」事業をはじめ、化粧品ブランドのEC進出の支援などを実施してきた。現在ノインで取り扱う化粧品は15,000SKUを超えており、豊富なバリュエーションの中から自分に合った化粧品を買うことができる。2020年11月には、”ついで買い”を超える新たな概念のコンビニコスメ「söpö(ソポ)」の開発・販売への挑戦なども実施し、SNSを中心に多くの反響があるという。さらに、昨今の新型コロナウイルス感染症の影響により、スキンケア商品などを中心に外出自粛期間中のオンライン購入比率が約64%と上昇し、ユーザーの需要が高まっている。このような背景の中で、オンラインとオフラインの両軸で技術やノウハウを持つKDDIとの提携により、既存サービスの連携のみならず、新たな化粧品のオンライン購入の体験価値創出を目指すとのことだ。

■今後の取り組みに関して

本提携を通じて、NOINでは新たな化粧品購入体験の創造に取り組む。具体的には、最先端技術を使ったオンラインカウンセリングや自身に似合う化粧品のオンライン版タッチアップ・レコメンドのシステム実装でユーザーが感じる「ネットでコスメを選びにくい」をオフラインでもなくすという。また、au Payのような決済、コマースサービスとの連携、KDDIが運営するプラットフォームとのシナジー創出により、さらに多くの「コスメ選び」に悩む女性と繋がり、1人1人の課題を解決するとのことだ。

人気の記事

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

「ユニコーン企業」ーー企業価値の評価額が10億ドル以上で設立10年以内の非上場企業を、伝説の一角獣になぞらえてそう呼ぶ。該当する企業は、ユニコーンほどに珍しいという意味だ。かつてのfacebookやTwitter、現在ではUberがその代表と言われている。この連載では、そんな海外のユニコーン企業の動向をお届けする。今回は欧米を中心に注目されている「代替肉」を扱う「インポッシブル・フーズ」を紹介する。

全ての日本企業のデジタルシフトを掲げたデジタルホールディングス。「広告事業の売上は追わない」構造改革の真意に田中道昭教授が迫る

全ての日本企業のデジタルシフトを掲げたデジタルホールディングス。「広告事業の売上は追わない」構造改革の真意に田中道昭教授が迫る

社会環境・ビジネス環境が激変する中、全ての産業でデジタルシフト、DX(デジタルトランスフォーメーション)の必要性が叫ばれています。今回は、2020年7月1日に社名変更を行い、広告代理店からデジタルシフト支援事業を中核に構造改革を行うデジタルホールディングス グループCEO 野内 敦氏に、立教大学ビジネススクール田中道昭教授が対談形式でお話を伺います。 前編では、改革後初めての通期決算についての分析と考察、従来の体制から生まれ変わるための企業文化変革と事業戦略についてお話します。