Today's PICK UP

スクラムベンチャーズ、グローバル・オープンイノベーション・プログラム「Food Tech Studio - Bites!」に世界18ヵ国85社のスタートアップを採択

スクラムベンチャーズは、グローバル・オープンイノベーション・プログラム『Food Tech Studio - Bites!』の事業開発プログラムに参加する「パーティシパント」を世界18カ国85社のスタートアップを採択したと発表した。また、新たに企業や自治体パートナーとして三菱ケミカル、加賀市、神戸市、新潟市の参画が決定した。
出典元:プレスリリース
昨年9月に開始した『Food Tech Studio - Bites!』は、日本の食産業を代表するパートナー企業と世界中のスタートアップと共に、「新 “食” 産業」の創出を目指した議論を進めてきた。今回の新規パートナーを加え、総勢18社3自治体のパートナーとともに、プログラムの運営をさらに加速し、事業共創を推進するという。

世界18ヵ国より85社のパーティシパントが決定
3ヶ月という短期間でありながら、世界30ヵ国から218社が応募し、その中から85社のパーティシパント(世界18ヵ国)を決定。これらのスタートアップ(パーティシパント)は『Food Tech Studio - Bites!』のパートナー企業と事業開発の話し合いを開始しているという。
出典元:プレスリリース
新たに三菱ケミカル、加賀市、神戸市、新潟市がパートナーとして参画
また、新たに三菱ケミカル株式会社が『Food Tech Studio - Bites!』の戦略パートナー企業として参画することが決定。これにより、サステナビリティを考慮したパッケージングなどの面から本プログラムの成果の価値向上が期待されているという。加えて、地域課題に取り組む先進自治体である加賀市、神戸市、新潟市の3つの自治体が新たに参画する。『Food Tech Studio - Bites!』は、今後より多様な地域課題を具体的に理解し、実証実験や社会実装による”食”を通じた課題解決に向けて共に取り組むとのことだ。

人気記事