Today's PICK UP

NEC、バレーボール・Vリーグで試合観戦の満足度に応じたチケット価格の決定と感情分析の可視化に関する実証実験を実施へ

NECは、新たなバレーボールの観戦価値の創出を目指す一般社団法人日本バレーボールリーグ機構(以下、Vリーグ)と協同し、2021年2月21日に開催されるVリーグ主催のV・ファイナルステージ(3位決定戦)において、試合観戦の満足度に応じたチケット価格の決定と「NEC感情分析ソリューション」を用いた実証実験を実施すると発表した。
実証実験では、約30名の観客が試合観戦の満足度に応じて自身でチケット価格を決定・支払うとともに、ウェアラブルデバイスを着用して観戦中の生体情報を取得し、感情を可視化する。NECは、本実証実験の結果を踏まえ、可視化された感情を元にした満足度の定量化や、それを活用したプライシングなど、新たなサービスビジネスの事業化を目指す。
出典元:プレスリリース

■背景

経済社会のデジタル化の急速な進展に伴い、消費者の行動も大きく変容している。近年はQRコード決済をはじめとする支払方法の多様化に加えて、体験や経験などに基づくコト消費の拡大を受け、個人の満足度が価格決定における重要な要素となってくるものと予想される。そこで、NECはV.LEAGUE DIVISION1 WOMENにおいて、消費者自身が感じた価値の大きさに応じて対価を支払う仕組みの実現に向け、実証実験を行う。本実証に参加する観客約30名はアンケートで回答する満足度に応じてチケット価格を決定し、支払う。併せて、リストバンド型のウェアラブルデバイスを用いて心拍変動データなどから観戦中の感情を可視化し、アンケートとは違う形での満足度の定量化に取り組む。観客・時間帯ごとの満足度など様々なデータを可視化・活用することで、サービスの品質向上、ひいては市場の活性化にも寄与することを目指すとのことだ。

■実証実験の概要

1.日 時:2021年2月21日
2.場 所:大田区総合体育館(東京都大田区)
3.対象試合:2020-21 V.LEAGUE DIVISION1 WOMEN
      V・ファイナルステージ3位決定戦
4.参加者:一般の観戦客約30名
5.検証内容:
・試合満足度に応じたプライシング
・観戦中の感情変化の分析・可視化

人気記事

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?

100年に一度の大変革期を迎えている自動車業界。そのなかで日本の自動車メーカーの行く末に「猛烈な危機感がある」と明かすのは、かねてよりマツダの天才エンジニアとして知られ、現在はシニアイノベーションフェローを務める人見 光夫氏だ。Appleをはじめとした巨大テック企業たちが自動車業界への参入をこぞって表明する今、既存の自動車メーカーが生き残りをかけて望むデジタルシフト戦略とは。ここでしか聞けない、本音が満載のインタビューです。