Today's PICK UP

NEC、バレーボール・Vリーグで試合観戦の満足度に応じたチケット価格の決定と感情分析の可視化に関する実証実験を実施へ

NECは、新たなバレーボールの観戦価値の創出を目指す一般社団法人日本バレーボールリーグ機構(以下、Vリーグ)と協同し、2021年2月21日に開催されるVリーグ主催のV・ファイナルステージ(3位決定戦)において、試合観戦の満足度に応じたチケット価格の決定と「NEC感情分析ソリューション」を用いた実証実験を実施すると発表した。
実証実験では、約30名の観客が試合観戦の満足度に応じて自身でチケット価格を決定・支払うとともに、ウェアラブルデバイスを着用して観戦中の生体情報を取得し、感情を可視化する。NECは、本実証実験の結果を踏まえ、可視化された感情を元にした満足度の定量化や、それを活用したプライシングなど、新たなサービスビジネスの事業化を目指す。
出典元:プレスリリース

■背景

経済社会のデジタル化の急速な進展に伴い、消費者の行動も大きく変容している。近年はQRコード決済をはじめとする支払方法の多様化に加えて、体験や経験などに基づくコト消費の拡大を受け、個人の満足度が価格決定における重要な要素となってくるものと予想される。そこで、NECはV.LEAGUE DIVISION1 WOMENにおいて、消費者自身が感じた価値の大きさに応じて対価を支払う仕組みの実現に向け、実証実験を行う。本実証に参加する観客約30名はアンケートで回答する満足度に応じてチケット価格を決定し、支払う。併せて、リストバンド型のウェアラブルデバイスを用いて心拍変動データなどから観戦中の感情を可視化し、アンケートとは違う形での満足度の定量化に取り組む。観客・時間帯ごとの満足度など様々なデータを可視化・活用することで、サービスの品質向上、ひいては市場の活性化にも寄与することを目指すとのことだ。

■実証実験の概要

1.日 時:2021年2月21日
2.場 所:大田区総合体育館(東京都大田区)
3.対象試合:2020-21 V.LEAGUE DIVISION1 WOMEN
      V・ファイナルステージ3位決定戦
4.参加者:一般の観戦客約30名
5.検証内容:
・試合満足度に応じたプライシング
・観戦中の感情変化の分析・可視化

人気の記事

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

「ユニコーン企業」ーー企業価値の評価額が10億ドル以上で設立10年以内の非上場企業を、伝説の一角獣になぞらえてそう呼ぶ。該当する企業は、ユニコーンほどに珍しいという意味だ。かつてのfacebookやTwitter、現在ではUberがその代表と言われている。この連載では、そんな海外のユニコーン企業の動向をお届けする。今回は欧米を中心に注目されている「代替肉」を扱う「インポッシブル・フーズ」を紹介する。

全ての日本企業のデジタルシフトを掲げたデジタルホールディングス。「広告事業の売上は追わない」構造改革の真意に田中道昭教授が迫る

全ての日本企業のデジタルシフトを掲げたデジタルホールディングス。「広告事業の売上は追わない」構造改革の真意に田中道昭教授が迫る

社会環境・ビジネス環境が激変する中、全ての産業でデジタルシフト、DX(デジタルトランスフォーメーション)の必要性が叫ばれています。今回は、2020年7月1日に社名変更を行い、広告代理店からデジタルシフト支援事業を中核に構造改革を行うデジタルホールディングス グループCEO 野内 敦氏に、立教大学ビジネススクール田中道昭教授が対談形式でお話を伺います。 前編では、改革後初めての通期決算についての分析と考察、従来の体制から生まれ変わるための企業文化変革と事業戦略についてお話します。