Today's PICK UP

「感情認識AIカオスマップ」が公開

アイスマイリーは、感情認識AIをまとめた「感情認識AIカオスマップ」を2021年2月25日に公開した。掲載数は合計40サービス。

■感情認識AIとは

感情認識(感情分析)とは、人間の感情や気持ちの変化、表情などを読み取ることを指す。つまり「感情認識AI」は、それらを行うことができるAIと言え、分析の対象は顔の表情や声、文章など、多岐に渡る。このようなAIの技術は、接客が必要となるサービス業やマーケティングなどにおいて特に重宝されるものとして、期待が寄せられているという。稀に人間の感情の一部を理解できると考えられている動物も存在するが、まだ研究段階となり、はっきりとは分かっていない状況だ。当然ながら、コンピューターなどの機械も人間の感情は理解できないため、人間がどのような感情で接しても同じレスポンスになっていたという。しかし、近年はAIの技術が発展したことによって、人間の感情をも分析できるようになってきたとのことだ。そのため、機械も人間の感情や気持ちを汲み取った上で、個別の対応を行えるようになってきているという。
出典元:プレスリリース

■「感情認識AIカオスマップ」作成の背景

感情認識AIは、ツールによって機能や実現できる内容に大きな違いがあるので、自社の課題は何か、どんな結果を実現したいのかという観点から、それぞれのツールの違いを充分に比較検討することが重要だ。

感情認識AIは感情や音声など主に下記4種類に分類できる。
・表情の感情認識AI
・音声の感情認識AI
・テキストの感情認識AI
・生体情報の感情認識AI

コールセンターでは音声の感情認識AI、店舗では表情の感情認識AIなど活用シーンによって選択する製品は大きく異なる。SNSなどテキストのネガポジ判定をするAIから、近年では脈拍や脳波から感情を分析するAIまで誕生している。今回のカオスマップは、「感情認識AIを試したい」という人から「感情認識を行う最新のAI・人工知能を探している」という人に向け、AIsmileyが独自の主観で、40の製品サービスを取りまとめ、マッピングしたものだ。

人気記事

Googleスプレッドシートにテキスト・画像を入れるだけでアプリが完成する「ノーコードアプリ制作ツール」が提供開始

Googleスプレッドシートにテキスト・画像を入れるだけでアプリが完成する「ノーコードアプリ制作ツール」が提供開始

株式会社NappsTechnologiesは、Excelのように使える、Googleスプレッドシートに写真やテキストを埋めるだけで、プログラムコードを書かずに全自動でスマホアプリを作成できる、国産ノーコードツール「MagicInstructions」の提供を2021年3月29日に開始したと発表した。