Today's PICK UP

クラウド型POSシステム「ユビレジ」、東芝グループの電子レシート『スマートレシート』との連携で顧客購買情報に基づいたデジタルマーケティングが可能に

iPadを活用したクラウド型POSシステム『ユビレジ』を提供している株式会社ユビレジは、株式会社東芝の100%子会社である東芝データ株式会社が提供支援している電子レシート『スマートレシート』とのサービス連携を、開始したと発表した。これより、飲食・小売など30,000以上の『ユビレジ』導入店舗で『スマートレシート』の利用が可能となる。

■『スマートレシート』とは

会計をする際に、レジでレシート印字データそのものを電子化して提供することができるシステム。利用者は『スマートレシート』アプリをダウンロードし、アプリに表示されたバーコードをレジで読み取るだけで、電子化されたレシートデータを受け取ることができる。これにより、従来の紙レシートのようにかさばる事なく購買記録を残す事ができ、店舗側はレシート用紙の利用が減る事でコスト削減にも繋がるなど、双方にメリットのあるサービスだ。
出典元:プレスリリース

■本連携の背景と今後の展開

『スマートレシート』はレシートを電子化するだけではなく、アプリにデジタルクーポンやキャンペーン応募フォームといった販促情報を提供する機能もある。つまり『ユビレジ』のPOSデータ(いつ・何を・どんな人に販売したのか)に基づいたデジタルマーケティングが、『スマートレシート』のインフラを最大限活用する事で、他のツールの導入や開発工数の必要なく実現できるという。例えば「XX県の店舗を利用した人にだけキャンペーン応募フォームを送る」「先月・1,000円以上商品購入した人にだけ割引クーポンを配布する」など、セグメント分けも可能だ。今後同社は、店舗の集客・売上アップ・商品開発などあらゆるマーケティング活動に役立てるサービスとして、ユビレジユーザーへ案内していく予定とのことだ。また、レシートの電子化はキャッシュレス化の次に官⺠一体となった普及活動がされており、実際に東芝グループは2018年より経済産業省と共に電子レシートの社会インフラ化実証実験を開始している。

人気記事

Googleスプレッドシートにテキスト・画像を入れるだけでアプリが完成する「ノーコードアプリ制作ツール」が提供開始

Googleスプレッドシートにテキスト・画像を入れるだけでアプリが完成する「ノーコードアプリ制作ツール」が提供開始

株式会社NappsTechnologiesは、Excelのように使える、Googleスプレッドシートに写真やテキストを埋めるだけで、プログラムコードを書かずに全自動でスマホアプリを作成できる、国産ノーコードツール「MagicInstructions」の提供を2021年3月29日に開始したと発表した。