Today's PICK UP

平日4泊5日のホテル滞在型リモートワークに特化した「ホテルワーク予約サイト」がリリース

株式会社ガイアックスは、平日4泊5日のホテルワークを提供するサービス「Otell(オーテル )」をリリースすると発表した。Otellはテレワーク環境が整った宿泊施設を、平日4泊5日19,800円(税別)から予約できる。新型コロナウイルスの影響で発生した在宅勤務者のストレスと、宿泊業の売上不振の解決を目指す。

■Otellとは

政府のテレワーカー増加目標や新型コロナウイルスによる就業形態の変化を受け、在宅勤務者が増加している。また一方で、在宅勤務によるメンタルヘルスの問題も増加している。そこでOtellは、泊まる宿も、働く時間も、休み方も選べる「自分最適に働ける場所」として首都圏近郊での平日4泊5日のホテルワークを可能にする。テレワーク環境が整った個室の宿泊施設のみを掲載しており、仕事と休息の両方を豊かにする新しい働き方を提案。現在は5都県12施設を掲載している。

・Otellの3つの特長
① テレワークに集中できる設備を完備した施設のみ掲載
プライバシーが確保保護された個室、Wifi・電源・机/椅子・モニター・デスクライト・テーブルタップは必ず設置されている。また、個室の他にコワーキングスペースも使える施設など各ホテルに特徴的な設備もある。

② 月曜〜金曜日4泊5日を19,800円から提供
ホテルの稼働率が低くなる平日のプランのため、通常料金より低価格で利用できる。価格帯はシンプルな3プライス。税抜¥19,800、¥24,800、¥29,800

③ 都内から2時間以内で移動できる施設が充実(公共交通機関利用の場合)
Otellが行ったヒアリングのなかで、「遠くても都内に1〜2時間で移動できる場所でホテルワークがしたい」という声があったという。理由は「急なオフラインの打合せが入ることもあるから」「仕事時間を確保するから」だった。このようなニーズに応えるために、Otellは都内から2時間以内で移動できる施設だけを掲載している。

・宿泊できる施設一例(価格は4泊5日分)
出典元:プレスリリース

■サービス背景

テレワークの拡大で集中力低下などの課題を抱える在宅勤務者が増加
政府は以前より働き方改革の一環でテレワークを推進してきた。さらに新型コロナウイルス感染拡大によりテレワークを実施する企業が急増した。一方で、テレワークや在宅勤務における課題が2つ存在するという。
① 在宅勤務3割以上が集中力、意欲、生産性の低下を実感
在宅勤務者の3割以上が集中力、意欲、生産性の低下を感じている。このような課題のひとつの解決手段がワーケーションだ。ワーケーションにより仕事のパフォーマンスが20.7%向上、職業性ストレスが37.3%低減することが明らかになっているという。
② 一人で、都会で、仕事に集中できる環境でのワーケーションニーズが多い
ワーケーション利用に関する意識調査によると、「自分のみで」「都会で」ワーケーションがしたい人が多いことがわかる。また宿泊施設を選択する際の重要な項目として、高速Wi-Fiや静かさ、机や椅子などの仕事ができる設備という回答が上位を占めたとのことだ。

宿泊業の倒産が6割増、コロナ関連倒産の割合は業種別最大
東京商工リサーチの調査によると、2020年の宿泊業の倒産は前年比57.3%増の118件となり、このうち新型コロナウイルス感染拡大を要因とする倒産は55件で全体の約半数を占めている。業種別の構成比は飲食業を大きく上回り、最も高くなった。宿泊施設が経営を維持するためには新たなニーズに柔軟に対応することが求められている。しかし同社のヒアリングの結果、宿泊者のホテルワークニーズが増えているにも関わらず、多くの宿泊施設は、仕事利用の需要がどれくらいあるのか、どういう環境を整えればいいのか、などが把握できずに困っているということが分かったという。そこでOtellは空いている客室を有効活用し、売上不振にあえぐ宿泊施設を支えるとのことだ。

人気記事