Today's PICK UP

ナビタイムジャパン、「バスNAVITIME」でバス停チェックイン機能を提供開始

株式会社ナビタイムジャパンは、2021年3月29日より、バス専用ナビゲーションアプリ『バスNAVITIME』にて、「バス停チェックイン」機能を提供開始すると発表した。
本機能は、地図の選択メニューから「チェックイン」に切り替え、GPSをオンにした状態で現在地周辺のバス停にチェックインすると、そのバス停を記録できる機能だ。ナビタイムジャパンのバスデータはすべての路線バス・コミュニティバスを100%網羅しており、日本全国のバス停にチェックインできる。訪れたバス停やそのバス停にチェックインした回数を地図上で確認できたり、チェックインした回数に応じてバッジを獲得できる。

ユーザーは、通勤・通学などのバス移動で本機能を利用し、バッジの獲得を目指したり、これまでに訪れたバス停の振り返りを楽しむことができる。特にバス移動が好きな人やバス停を記録して達成感を感じたい人におすすめだという。また、本機能を通してバスの利用促進をサポートできればと考えているとのことだ。

今後はバス事業者と連携し、チェックインしたバス停の回数等に応じたプレゼントキャンペーンの実施を予定している。

なお、『バスNAVITIME』では、4月上旬からバスの一日乗車券などのデジタルチケット販売を開始する予定だ。
出典元:プレスリリース

人気記事