Today's PICK UP

胸部CT画像AI解析など医療サービスで提携を本格始動、シーメンスヘルスケアとコニカミノルタジャパン

シーメンスヘルスケア株式会社とコニカミノルタジャパン株式会社は、AI技術を活用した診断や診療を誰もが受けられる世の中の実現を目指し、医療サービス分野における提携を本格的に開始すると発表した。
2020年6月に発表したシーメンスヘルスケアの胸部CT画像AI解析受託サービスをコニカミノルタジャパンの医療機関向けICTサービス「infomity(インフォミティ)」でも新メニューとし2021年4月より提供する。

今回の本格的なサービスの開始により、診療所を中心に多くの施設が使用しているコニカミノルタジャパンの「infomity」と、中規模・大規模病院を中心に導入が進んでいるシーメンスヘルスケアの「teamplay digital health platform(チームプレイ・デジタル・ヘルス・プラットフォーム」の両プラットフォーム上で、シーメンスヘルスケアのAI画像解析ソフトウェアを活用した診断支援サービスを使用できることになる。

■「infomity」と「teamplay digital health platform」のコラボレーションから生まれる価値

出典元:プレスリリース
AI技術を活用し大量の画像解析を行いたい施設にはシーメンスヘルスケアの「teamplay digital health platform」を、必要に応じて手軽にAI技術による診断支援を利用したい施設にはコニカミノルタジャパンの「informity」を使うことができる。両社の医療プラットフォームの特長をつなぐことで、より多くの医療施設で広くAI技術を活用される機会を創出する。また、本サービスは、胸部CT画像から、肺・心臓・大動脈・胸椎の定量的な解析結果を提供するが、これは、スクリーニングが主となる診療所では、主訴以外の胸部解析情報も得られるため、これまで以上に質の高い診断結果を提供することが可能となり、医療全体の質の向上につながると考えているとのことだ。また、中規模・大規模病院においては、定量的なデータによる診断の質の向上に加え、3Dビジュアルデータによるインフォームドコンセントへの活用が期待できるという。これまで以上に質の高いコミュニケーションが生まれることで、人々のクオリティオブライフの向上に貢献できると考えているとのことだ。

■シーメンスヘルスケアのAI画像解析ソフトウェア「AI-Rad Companion Chest CT(エーアイ・ラド・コンパニオン・チェスト・シーティー)」

出典元:プレスリリース
「AI-Rad Companion Chest CT」は、胸部全体のCT画像から肺や心臓、大動脈などの複数部位を一度に解析できるAI画像診断支援ソフトウェアで、ディープラーニング(深層学習)技術を用いて肺結節の検出や測定、大動脈の直径の測定などを自動で行いレポートを生成する。「AI-Rad Companion Chest CT」による主なレポート項目は、肺結節検出、肺実質の計測・表示、心臓容積、冠動脈カルシウム計測、大動脈計測、胸椎骨計測、肺密度計測の7項目だ。

人気記事