Today's PICK UP

ナレッジ共有ツール「NotePM」、WordファイルをMarkdown形式に自動変換する機能をリリース

株式会社プロジェクト・モードが提供する、テレワーク時代のクラウド型ナレッジ共有ツール「NotePM」は、Wordファイルインポートに対応したと発表した。

■Wordファイルのインポート機能

Wordファイルで作成した「業務マニュアル」や「社内文書」を、wiki形式(Markdonwテキスト記法)に書き直すのは面倒だ。そこでNotePMは、WordファイルをMarkdown形式に自動変換し、かんたんに取り込める機能を提供開始したとのことだ。見出しや太文字、画像もアップロードできる。
出典元:プレスリリース

■NotePMとは

NotePMは、ウィキペディアのように、社員がさまざまな情報を書き込み蓄積し、編集・検索・閲覧することで、社内の知りたいことが簡単に確認できる。
出典元:プレスリリース

人気記事

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?

100年に一度の大変革期を迎えている自動車業界。そのなかで日本の自動車メーカーの行く末に「猛烈な危機感がある」と明かすのは、かねてよりマツダの天才エンジニアとして知られ、現在はシニアイノベーションフェローを務める人見 光夫氏だ。Appleをはじめとした巨大テック企業たちが自動車業界への参入をこぞって表明する今、既存の自動車メーカーが生き残りをかけて望むデジタルシフト戦略とは。ここでしか聞けない、本音が満載のインタビューです。