Today's PICK UP

凸版印刷、デジタルピッキングシステムのアイオイ・システムを子会社化し物流DX市場に本格参入へ

凸版印刷株式会社は、デジタルピッキングシステム国内最大手であり、グローバル市場でもトップクラスのシェアを持つ株式会社アイオイ・システムの発行済み株式の75.8%を取得し、2021年6月に子会社化の手続きを完了する予定だと発表した。
アイオイ・システムは、国内および海外72カ国でEC倉庫や3PLの配送センター、組立工場などにデジタルピッキングシステムを納入し、物流業界や製造工場の課題を解決するシステムを構築する技術力とノウハウを保有している。一方、凸版印刷はサプライチェーン全体のデジタル化を推進し、2万社を超える多様な企業との取引実績を強みに、DXソリューションを開発・運用するビジネスを展開している。物流市場は現在、EC需要の増加などで拡大する一方、人手不足などの問題が深刻化し、デジタル技術を駆使した課題解決が求められている。凸版印刷とアイオイ・システムは、これらの課題を新たなビジネスの機会と捉え、両者の持つ技術・ノウハウを組み合わせ、物流業界におけるDX市場に本格参入するとのことだ。

■背景と概要

現在、物流市場は社会のデジタル変革やコロナ禍の影響により、ECやDirect to Consumerなどで順調に拡大する一方、人手不足が拡大し、サービス競争も激化しており、デジタル技術を活用して課題解決しようとする取り組みが活発化している。中核となる物流センターは、自動化が進みロボット技術を駆使した郊外型大規模拠点が整備される一方、人作業をデジタル技術でサポートするなど中小規模でアセットライトな拠点を生活者居住区域に比較的近いエリアに整備する動きもあり、物流センターのDXトレンドは二極化が進んでいる。また物流センターを含め、サービス全体の品質向上に向けた物流工程全体の「見える化」や、デジタル技術を活用したラストワンマイルの合理化やロボット配送などへの期待も高まっている。

アイオイ・システムは、主力のデジタルピッキングシステム(DPS)をはじめ、プロジェクターで様々な形状の棚やラックに光をあてピッキングを指示するプロジェクションピッキングシステム(PPS)、ピッキングミスや誤投入防止に向けて棚の前面に開閉式シャッターを設置したシャッターアソートシステム(SAS)、主に通い箱の表示用として繰り返し書き換え可能な電子ペーパー付IDカード(スマートカード)など、物流工程におけるピッキング・仕分けや、組立工程の効率化、品質向上に資する競争力の高いシステム製品あるいは商材を持ち、それらを必要に応じて自動搬送ロボット(AGV)などの技術と組み合わせながら、現場の課題に即した最適なシステムとして構築・提供している。一方、凸版印刷は、ものづくりから卸、小売り、生活者に至るサプライチェーン全体のデジタル化を推進し、物流関連ではRFIDを活用したトレーサビリティシステムや製造工程のデジタル化を支援するDXソリューション「NAVINECT」などを拡充するとともに、5G、IoT時代のセンシングやAI、ロボット技術の研究などにも取り組んでいる。

両者は物流市場の変革を新たなビジネスの機会と捉え、両者の技術・ノウハウを組み合わせた最適なデジタルソリューションの提供により、流通や小売、食品、製薬、家電関連企業などの業界の物流効率化に貢献するとともに、更に多くのパートナー企業とも連携し、物流工程全体の合理化による業界の健全な発展と社会的コスト低減への寄与を目指すとのことだ。

■具体的な取り組み内容

(1)ピッキング・仕分けの合理化需要への対応
機械化が進む大規模倉庫においては、ピッキングとロボティクス技術などを組み合わせたマンマシンシステムを構築するとともに、中小規模のアセットライトなピッキング・仕分け需要に対しては、各種システム製品を組み合わせ、作業者の能力やスキルを補完する合理的な作業環境を提供する。またシステムの提供に加えて現場作業自体を受託する事業も検討するという。
出典元:プレスリリース
(2)各種データの取得と利活用の検討
物流の作業現場や、商品の物流工程上の各種データを効率的に取得する方法の検討を進め、現場改善や作業効率の更なる向上を図るとともに、商品の品質保持やトレーサビリティによる事故防止など、新たな価値提供に繋がるデータの取得方法と利活用の行い方などを研究する。

(3)新規ビジネスの創出
物流工程全体の「見える化」に資する新たなサービスの設計や、ラストワンマイルの配送工程における自律型の搬送ロボットを活用するビジネスの立ち上げなど、ピッキング・仕分けに留まらず、後工程である検品や梱包、配送など一連の物流工程に関わる次世代DXビジネスを創出する。

人気記事

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?

100年に一度の大変革期を迎えている自動車業界。そのなかで日本の自動車メーカーの行く末に「猛烈な危機感がある」と明かすのは、かねてよりマツダの天才エンジニアとして知られ、現在はシニアイノベーションフェローを務める人見 光夫氏だ。Appleをはじめとした巨大テック企業たちが自動車業界への参入をこぞって表明する今、既存の自動車メーカーが生き残りをかけて望むデジタルシフト戦略とは。ここでしか聞けない、本音が満載のインタビューです。