Today's PICK UP

モビルス、LINEによる学校連絡網サービス「SCHOOL CAST」を提供開始

モビルス株式会社は、自治体向けにLINEを活用した保護者への学校連絡網サービス「SCHOOL CAST(スクールキャスト)」の提供を始めたと発表した。第一弾として大分県別府市に採用され、4月1日より別府市のLINE公式アカウントで運用中だという。
「SCHOOL CAST」は、市町村のLINE公式アカウント(地方公共団体プラン)を利用し、各地域において生徒(児童)の保護者へLINEメッセージが送信できるシステム。配信対象は、学校・学年・クラス・部活などの単位で設定でき、自治体・学校による保護者へのスムーズな連絡を支援する。
出典元:プレスリリース

■開発の背景

モビルスでは、自治体向けに道路の老朽化や公園器具の破損等の不具合通報や、ごみ分類・子育て相談等がLINEで簡単にできる「モビルス×LINE 住民サービス」を提供しているほか、福岡市のLINE公式アカウントでの避難行動支援機能の開発や、市川市のLINEによる住民への情報発信に採用されるなど、自治体と住民のコミュニケーション活性や業務効率化に向けた取り組みを支援してきた。自治体と住民のコミュニケーション手段としてLINE活用が増え、自治体からの情報配信だけでなく、住民からの道路等の不具合通報やチャットでの相談、住民票取得の手続きなど、様々な用途で活用が進んでいる。その中で、学校と保護者の連絡手段として、自治体のLINE公式アカウントを利用できないかと構想が浮かんだという。

従来の学校連絡網は、メールや専用アプリが主流だった。メールは、通知に気づきにくい、情報を一覧で確認しにくいといった点が課題にある。また、専用アプリは、新たにインストールが必要で利用されにくく、アプリの保守も負担になりがちだという。そこで、LINE公式アカウントに対応したセグメント情報配信システム「MOBI CAST(モビキャスト)」のオプション機能として、学校連絡網システム「SCHOOL CAST」を開発。「SCHOOL CAST」は、学校から保護者への情報配信のほか、既読確認やアンケートの実施、資料の配布などができる。

学校連絡網をLINE内で実施することで、保護者の利便性を高め、学校と保護者のより円滑な情報共有、コミュニケーションを図ることができる。また、市町村のLINE公式アカウント活用支援を通じて、自治体のデジタル活用推進にも貢献するとのことだ。

■「SCHOOL CAST」の概要

市町村の保持する一つのLINE公式アカウント(地方公共団体プラン)を利用して、市町村の教育委員会の管轄する学校等教育機関の学校・学年・クラス・部活などの単位で、生徒(児童)の保護者に連絡を行う仕組み。モビルスの提供するLINE公式アカウントのセグメント配信システム「MOBI CAST」のオプション機能となっている。

【搭載機能】
・情報配信(学校→保護者)
・既読確認
・アンケート、意思確認
・資料配布
・配信グループ設定
・登録生徒(児童)管理
・情報送信者権限管理
・欠席・遅刻連絡(保護者→学校)※今後の機能拡張で追加予定

【保護者の事前登録手順】
(1)学校から保護者へLINEの登録用QRコードと認証コードを連絡
(2)QRコードから自治体のLINE公式アカウントを友だち登録
(3)LINE上で生徒(児童)情報を登録する
※登録情報は、学校名、学年、クラス、出席番号など(名前は必須ではない)。学校から連絡された認証コードは必須
(4)認証コードが正しい場合のみ、配信対象として登録完了

【学校の配信手順】
(1)管理画面上で配信メッセージを作成、配信対象を選択
(2)登録したメッセージが配信対象へ自動で送信される
(3)登録した保護者のLINE公式アカウントにメッセージが届く
出典元:プレスリリース

人気記事