Today's PICK UP

三菱商事と日本郵船、低・脱炭素に取り組むスタートアップ企業の支援・育成プログラムを開始

三菱商事株式会社と日本郵船株式会社は共同で、スタートアップ企業を世界中から発掘・支援するアクセラレーターを起用して、低・脱炭素社会の実現に資するスタートアップ企業の支援・育成プログラムを開始すると発表した。
今回起用するのは欧州最大規模のアクセラレーターの豪州拠点Startupbootcamp Australia社(スタートアップブートキャンプ オーストラリア社)であり、エネルギー分野に特化したプログラムの運営経験および支援実績が豊富だという。同社とともに、低・脱炭素関連の新技術やビジネスアイディアを持つ、将来有望なスタートアップ企業の発掘を行う。

三菱商事と日本郵船は、これまでも低・脱炭素の取組みを進めており、各種スタートアップ企業との協業もそれぞれ行っている。両社は、今回のプログラムを通じて、低・脱炭素関連の最新動向を効率的に把握し、各社の低・脱炭素の取組みを加速することを目指している。また、将来的には有望な企業との協業も視野に、複数回にわたってスタートアップ企業の支援・育成プログラムを実施する予定だという。

低・脱炭素化に向けた動きが世界中に拡大する中、三菱商事と日本郵船は、資源エネルギーの業界知見および事業開発ノウハウの共有を通じてスタートアップ企業の成長を支援し、これまでの枠組みに捕らわれない有望な企業を早期に発掘・支援し、持続可能な社会の実現に貢献するとのことだ。

2021年プログラムの全体スケジュール
6月1日    スタートアップ企業の募集開始
8月2日    募集締め切り
8月中      Startupbootcamp Australia社による応募企業の初期選考・評価
9月       三菱商事・日本郵船による初期選考通過企業の評価・選定結果発表
9~12月  スタートアップ企業10社を対象にした事業化支援プログラムの開始
12月     事業化支援化プログラムの成果発表会

人気記事

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?

100年に一度の大変革期を迎えている自動車業界。そのなかで日本の自動車メーカーの行く末に「猛烈な危機感がある」と明かすのは、かねてよりマツダの天才エンジニアとして知られ、現在はシニアイノベーションフェローを務める人見 光夫氏だ。Appleをはじめとした巨大テック企業たちが自動車業界への参入をこぞって表明する今、既存の自動車メーカーが生き残りをかけて望むデジタルシフト戦略とは。ここでしか聞けない、本音が満載のインタビューです。