Today's PICK UP

エイベックス・デジタル、オンライン中心でのマネタイズ手法として「あと値決め」を導入へ

株式会社ネットプロテクションズは、同社が運営するポストプライシングサービス「あと値決め」を、実証実験を行っていたエイベックス・デジタル株式会社にて正式導入されることが決定したと発表した。
エイベックス・デジタルでは、コロナ禍でのエンタメサービスの新しいマネタイズ方法として、「あと値決め」の導入に際して実証実験を行っており、その結果投げ銭の一般水準に対して4倍にあたる80%以上の入金率を達成。本結果を踏まえて、正式導入が決定したとのことだ。

■導入内容・利用形式に関して

今回の「あと値決め」導入によりポストプライシングと呼ばれる「あと値決め形式」でのイベント開催が可能になる。参加顧客はあと値決め形式のチケットを決済するのみで本形式でのイベントへの参加が可能だ。また、エイベックス・デジタルではチケット決済時にあと値決め決済を用いる同意と共にチケット受付を行うのみで本形式でのイベント開催が実現できる。フィンテックインフラを持つ同社がチケットの決済から価格受付・請求・入金等のオペレーションを全て代行するほか、基本機能として、未回収リスクは100%保証され、顧客の未払いや入金遅延に伴う諸対応まで含め全て代行する。一般的な「投げ銭サービス」においては、売上の10-20%の手数料が発生する形式が主流だが、あと値決めで発生する手数料はチケット売上から数%のみとなるという。
出典元:プレスリリース

■実証実験成果と今後の活用に関して

エイベックス・デジタルでは、あと値決めの導入に向けてエイベックス・デジタルの抱えるファンクラブアーティストの開催するファン向けイベント等にて実証実験を行った。その結果として、投げ銭の一般水準に対して4倍以上となる80%の入金率、設定した最低価格からの平均上乗せ金額としては2470円という結果になり、コロナ禍におけるオンライン中心でのマネタイズ手法の1つ、新しい応援の形として十分な実績が出ることが確認できたという。その結果を踏まえ、エイベックス・デジタルとネットプロテクションズにて、今後のファンミーティングやライブ等のエンターテイメントイベントにてあと値決めを正式導入していくことについて合意したとのことだ。
出典元:プレスリリース

人気記事

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?

100年に一度の大変革期を迎えている自動車業界。そのなかで日本の自動車メーカーの行く末に「猛烈な危機感がある」と明かすのは、かねてよりマツダの天才エンジニアとして知られ、現在はシニアイノベーションフェローを務める人見 光夫氏だ。Appleをはじめとした巨大テック企業たちが自動車業界への参入をこぞって表明する今、既存の自動車メーカーが生き残りをかけて望むデジタルシフト戦略とは。ここでしか聞けない、本音が満載のインタビューです。