Today's PICK UP

CRMを導入するメリットとは?目的別におすすめツールを紹介

企業の顧客管理業務を円滑にしてくれるCRMにもさまざまな種類があるため、選ぶべきツールを決めるのは簡単ではありません。ここでは、CRMの概要や導入するメリットを説明するとともに、おすすめのCRMツールも紹介します。
企業の顧客管理業務を円滑にしてくれるCRMは、導入することで効率的に成果を出せるようになると期待されています。しかし、CRMにもさまざまなツールがあるため、「どのツールを選べばよいか分からない」や「導入するCRMツールが企業に適しているか判断できない」といった悩みを抱える人は多いかもしれません。

適切なCRMツールを選んで理想とする成果を効率的に出すためには、CRMについての知識を深めておくことが大切です。ここでは、CRMの概要や導入するメリットについて説明するとともに、目的ごとにおすすめのCRMツールを紹介します。

まずはCRMについておさらいしておこう

企業の業務を効率化させるツールはたくさんありますが、それらの中からCRMを選ぶのであれば、そもそもCRMがどのようなものなのかを知っておく必要があります。CRMと似たツールにSFAがありますが、CRMとSFAの違いも知っておけば本当に企業にCRMを導入すべきかどうかを判断しやすくなるでしょう。

まずは、CRMの概要やSFAとの違いについて詳しく説明します。

そもそもCRMとは?

そもそもCRMとは、「Customer Relationship Management」を省略した言葉で、日本語では「顧客関係管理」と呼ばれています。顧客の好みや行動バターンといった情報を分析して企業の戦略を練る手法で、顧客と企業との関連性をスムーズかつ的確に判断できることから、効率的に売上アップが狙えるようになると期待されています。

CRMは、もともとは海外で普及していた手法だったので、日本にCRMが導入されるようになったのは1990年代からといわれています。近年は、時代が進むとともに多様化する顧客のニーズに応える必要性が増していることから、CRMの導入はさらに進んでいくかもしれません。

CRMとSFAの違いを知っておこう

CRMと似たような手法として、SFAが挙げられます。SFAは、「Sales Force Automation」を省略した言葉で、日本語では「営業活動の自動化」と訳されます。顧客の氏名や連絡先などの基本的な情報をはじめ、営業スタッフごとの案件管理や商談の進捗、レポート作成といった営業に関する業務を効率化させられると期待されています。

CRMとSFAは、どちらも顧客を対象としてさまざまな業務を効率化させるものなので、両者の意味が混同してしまうかもしれません。CRMとSFAの大きな違いとして、「実際に情報を活用する場」が挙げられます。CRMでは、顧客の氏名や住所、連絡先や購買意欲、過去の購入履歴といった、顧客に関連する幅広い情報を社内全体で共有します。営業部門だけでなく社内の複数の部門が情報を活用しながら事業戦略を立てるのです一方、SFAでは、これらの情報を営業部門内で蓄積して、営業活動の効率化に役立てます。いわば営業のためのツールということです。ツールを導入する際は、どのような場面において業務を効率化させたいのかを明確にしておくことが大切です。

CRMを導入するメリットとは?

CRMを導入するメリットとして、次の3つが挙げられます。

・顧客情報を可視化して共有できる
・定型業務を自動化できる
・顧客満足度アップにつなげられる

以下では、CRMを導入するメリットについて詳しく説明します。

顧客情報を可視化して共有できる

1つ目は、顧客情報を可視化して共有できることです。

企業の規模や取引件数が多くなるほど、顧客情報は膨大になります。それらの情報を適切に整理するのは簡単ではないため、「必要な顧客情報をスムーズに検索できなくて困ってしまった」という経験をした人は多いかもしれません。CRMを活用すれば、入力された顧客情報を自動的に仕分けして、あとから簡単に検索できるようになります。データの集計や分析も少ない工程で手早くおこなえるので、より効率的に業務を進められるでしょう。

また、企業によっては、部署ごとに異なる顧客情報を管理しているところもあるかもしれません。その場合営業部門の人が、顧客からの問い合わせ内容を確認するためにコールセンターから情報を取り寄せなければならないといった手間がかかると、本来の業務に専念できる時間が短くなってしまいます。CRMを導入すれば、部門ごとに入手した顧客情報を社内で一元管理することが可能です。部署に関わらず必要な顧客情報にいつでもアクセスできるので、効率的に仕事を進められるでしょう。

定型業務を自動化できる

2つ目は、定型業務を自動化できることです。

CRMは、顧客情報の管理といっても、ただ集めた情報をデータベース化して共有するだけではありません。顧客の購買行動の分析や顧客への直接的なアプローチ方法の検討など、定型的におこなわなければならなかった業務も自動化できます。場合によっては従来よりも大幅に業務効率を改善させられるでしょう。

日々のルーティン業務を自動化できれば、新規顧客の開拓や新商品の開発など、人間にしかできない業務に注力できると考えられます。従業員1人ひとりの生産性を高められれば、企業としてさらに成長できるでしょう。

顧客満足度アップにつなげられる

3つ目は、顧客満足度アップにつなげられること。

CRMを導入すれば、顧客ごとに適切なマーケティング手法を決めたり、切れ目のないサービスが提供できるような連携体制を整えやすくなったりします。顧客のニーズを汲み取ったアプローチがしやすくなるので、結果的に顧客満足度アップにつながると期待されます。

顧客満足度が高まれば、「この企業の商品を継続して利用しよう」や「新しいサービスが出たら体験してみよう」と思ってもらいやすくなると考えられます。新規顧客の開拓だけでは安定的な収益を維持したり売上をさらに高めるのは難しいですが、リピート率を高めれば、より効率的に成果を出せると期待できます。顧客とのトラブル防止にもつながるでしょう。

無料でCRMを導入したい人におすすめのツール

CRMツールにもさまざまな種類がありますが、効果を感じやすいものを選ぶためには、目的にあったツールを選べるようにしておくことが大切です。

まずは、無料でCRMを導入したい人におすすめのツールを紹介します。

Intercom

Intercomは、企業のWEBサイトを利用しているユーザーを表示させて、ターゲットを絞ってメールやアプリ内メッセージで情報発信できるCRMツールです。パソコンだけでなくスマートフォンなどのモバイル端末から操作できるのも魅力で、どこからでも顧客の動向をチェックできます。

また、WEBサイトを利用するユーザーの中から、購入する見込みが高い顧客に絞って情報を表示させることも可能です。24時間対応のヘルプ機能では、チャットボットなどを利用してユーザーの疑問を早期に解消できるので、顧客満足度アップにもつながるでしょう。多言語にも対応しているため、海外ユーザーを対象とする企業でも活用できます。

Sugar CRM

Sugar CRMは、1,000万人ものユーザーが活用しているCRMツールです。さまざまなソーシャルデータソースとビジネスデータソースをもとに、顧客情報をスムーズに分析してくれるのが魅力となっています。重要なビジネスプロセスをドラッグアンドドロップで簡単に自動化させることもできるので、複雑な業務内容をシンプルにまとめられるでしょう。

CRMとしての機能のほとんどは無料で使用できるので、場合によっては費用を負担することなく業務を効率化させられる企業もあるかもしれません。SFAの機能も搭載していますが、有料版に切り替えなければ使用できない機能があるのが気になるところです。また、システムは英語表記であり、日本語には対応していません。

HubSpot

HubSpotは、世界120か国以上で95,000社の企業が導入した実績を持つCRMツールです。商談スケジュールの設定やEメールのトラッキング、WEBサイトの構築や請求書テンプレートの作成など、企業の幅広い業務をサポートしてくれるのが魅力となっています。

商談に関する重要な情報をメモしなくても、顧客とのメールのやり取りを自動的に保存できるのも良いところです。取引の進捗や納品管理などの業務をリアルタイムで可視化できるので、ミスを抑えながらスムーズに仕事を進められるでしょう。

Zoho CRM

Zoho CRMは、初期費用をかけることなく導入できるCRMツールです。スプレッドシートやほかのCRMからのデータ移行もスムーズにおこなえるので、運用開始までに時間がかかりにくいのが良いところです。また、顧客の基本的な情報や商談の進捗、提案書の管理などを一元化して、誰でも必要な情報を可視化できる状態にしてくれるのも魅力となっています。

また、ツール自体が直感的に操作できるのも、Zoho CRMのメリットです。初めてCRMツールを利用する人や各種ITツールの利用が苦手な人でも、複雑な使用方法を学ば間くても手軽に操作できるようになっています。カスタマイズ性も優れているので、企業の方針にあわせて柔軟にシステムを変更できるでしょう。

顧客管理業務の効率化におすすめのCRMツール

「顧客管理業務に関する業務負担を最小限に抑えたい」と考えているのであれば、顧客管理業務の効率化に特化したCRMツールを選ぶとよいでしょう。

以下では、攻略管理業務の効率化におすすめのCRMツールを紹介します。

楽楽販売

楽楽販売は、幅広い顧客情報管理を効率化させてくれる、クラウド型のCRMツールです。見積管理や受注・発注管理、売上管理や月額・定額請求管理など、さまざまな業務を効率化させられるので、エクセルやスプレッドシートなどのシステムをつかい続けるよりも大幅に業務負担を削減できるでしょう。

また、データ登録や引き継ぎ、締め作業や書類作成にかかるコストを削減できるのも良いところです。それぞれのシステムを楽楽販売に統一させられるのんで、企業の費用負担を抑えつつ生産性の高い仕事ができると期待できます。セミナーの開催や電話やメールによるサポートが充実しているのも魅力です。ツールをうまくつかいこなせるよう、さまざまなバックアップ体制が整っているので、長く活用し続けられるでしょう。

SMILE V

基幹業務システムの「SMILE V」は、約40年の歴史を持つツールです。カスタマイズ性に優れているのが特徴で、項目を選んで画面に配置するだけでオリジナルのシステムを簡単に構築できます。レベルの高いプログラミングの知識を持っていなくても、エクセルの取込やハガキ・宛名シールの作成などが簡単にできるので、企業の業務に適用させやすいでしょう。

また、システムを構築せずに、豊富な無償サンプルから好みのシステムを利用できるのもSMILE Vの魅力です。具体的には、営業顧客管理や社内FAQ管理、イベント参加者管理や備品貸出管理などが挙げられます。導入直後からすぐに運用開始できるので、スムーズに企業内の業務を効率化できるでしょう。

WEBCAS

WEBCASは、6,000社以上の企業に選ばれているCRMツールです。メールやLINE、SMSに対応したメッセージ配信システムや、アンケートフォーム作成システム、問い合わせメール共有システムやメルマガ配信サービスなど、顧客と良好な関係を築けるような機能が充実しています。

また、顧客1人ひとりにあわせて、クラウド上で適切なコミュニケーションをおこなえるのも良いところです。ブロック単位でつくったコンテンツを柔軟に組み合わせでメッセージを送ることもできるので、より効率的に顧客との関係性を築けるでしょう

営業支援と連携させるのにおすすめのCRMツール

CRMツールによっては、営業支援と連携させられるものもあります。

以下では、営業支援と連携させるのにおすすめのCRMツールについて詳しく説明します。

Senses

Sensesは、AIによるリスク分析や類似案件のアドバイスが可能なCRMツールです。案件ボードをつかって営業担当者ごとの進捗を一元管理することもできるので、リモートワークプロジェクトを進めている企業にも向いています。

また、パソコンだけでなく、スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイスから情報を入力できるのも良いところです。OCR機能で名刺や議事録のスキャン、自動文字お越しもできるので、入力の手間を大幅に削減できるでしょう。

Salesforce Essentials

Salesforce Essentialsは、あらゆる営業情報をわかりやすくカスタマイズして表示させられるのCRMツールです。必要な情報を1つの画面で確認できるので、複数の場所からデータを取り出す手間を抑えられます。

また、オフィスだけでなく外出先からでもツールを使用可能です。メールや電話、チャットやソーシャルチャネルなどの幅広い機能を1つのツールで利用できるので、より営業活動を効率化させられるでしょう。

マーケティングに活かしたい場合におすすめのCRMツール

CRMツールによっては、マーケティング活動に活かしやすいものもあります。

以下では、マーケティングに活かしたい場合におすすめのCRMツールについて詳しく説明します。

Ambassador Relations Tool

Ambassador Relations Toolは、顧客情報の管理や商談・対応履歴の管理といった業務を効率化させられるだけでなく、マーケティングに関する業務も自動化してくれるツールです。サイト上でポップアップによるアンケートを表示させたり、任意のキャンペーンへの誘導したりするなどのマーケティング業務も同時に効率化させられます。

また、充実した機能を初期費用や月額費用をかけずに使用できるのも良いところです。必要に応じて有料プランに変更すればよいので、「初めてCRMツールを導入する」という企業でも利用しやすいでしょう。

グロースハックLTV

グロースハックLTVは、CRMによって顧客が生涯で企業に与える利益である「LTV」を高めることを目的としているツールです。CRMの基本的な機能はもちろんのこと、現状分析や課題発見、施策実施や効果検証といった企業のPDCAサイクルをワンストップで回せるのが魅力となっています。

また、CRMのスペシャリストがコンサルティングしてくれるのも、グロースハックLTVの良いところです。ツールの提供だけでなく、マーケティングに必要なノウハウやリソースも提供してくれるので、高い成果を出せる企業へと成長しやすくなるでしょう。

まとめ

ここでは、CRMの概要やSFAとの違いを説明するとともに、目的ごとにおすすめのCRMツールを紹介しました。

多くのツールから企業に適したものを選ぶのは簡単ではありません。CRMツールを導入してどのような課題を解消させたいのかを明確にさせておくと、選ぶべきツールを決めやすくなるでしょう。

人気記事

日本5社目のユニコーンと報じられた「Opn」。世界を舞台に急成長を遂げるフィンテック企業の展望とは

日本5社目のユニコーンと報じられた「Opn」。世界を舞台に急成長を遂げるフィンテック企業の展望とは

伝説の幻獣である「ユニコーン」になぞらえて、企業価値評価額の高いスタートアップを評する言葉、「ユニコーン企業」。アメリカや中国でその数が増え続けている一方で、日本では未だ、少ない状況にあります。そんななか、2022年5月にシリーズC+ラウンドで1億2,000万ドルを調達し、日本5社目のユニコーンと報じられた企業があります。それが創業からグローバルを視野に事業を営み、東京やバンコクなどアジア6カ国を拠点とするフィンテック企業、Opn株式会社です。 さらに資金調達と同時に、ビジョンと戦略を刷新。無駄を削ぎ落し、鋭さの増した同社の成功を支える組織とプロダクトの強み、次に目指す世界について、創業者であり、代表取締役CEOを務める長谷川 潤氏にお話を伺いました。

新社長はベイシアをどう「尖らせる」のか。ベイシア社長 相木孝仁氏に立教大学ビジネススクール田中道昭教授が迫る【前編】

新社長はベイシアをどう「尖らせる」のか。ベイシア社長 相木孝仁氏に立教大学ビジネススクール田中道昭教授が迫る【前編】

ホームセンターのカインズにワークマン、東急ハンズなどをグループ会社に持つベイシアグループ。その中核をなすのが東日本をメインに展開する食品スーパー大手のベイシアです。広大なワンフロアの店舗で地域住民のニーズに応える圧倒的品揃えと価格を実現し、その動向は常に業界内での注目を集めています。今回の対談では、立教大学ビジネススクールの田中道昭教授と、今年7月にベイシアの新社長に就任された相木孝仁氏の二人が、新体制となったベイシアの独自戦略について意見を交わします。 前編は相木社長の経歴と社長就任までの経緯、ベイシアグループが標榜する「ハリネズミ経営」、高品質なプライベートブランド(PB)の開発および販売戦略、今後の出店戦略などについてお話をうかがいます。

【徹底解説】「X to Earn」とは何か。誰もがゲームや遊びで稼げる時代は来る!? DEA創業者に聞く<前編>

【徹底解説】「X to Earn」とは何か。誰もがゲームや遊びで稼げる時代は来る!? DEA創業者に聞く<前編>

YouTubeに代表される動画投稿サイトなど、個人が発信することのできるツールの出現により、好きなことをして稼ぐための選択肢は増えています。そして現在、ゲームや徒歩、勉強さらには睡眠をするだけで稼ぐことのできる「X to Earn」というムーブメントが生まれつつあります。「ゲームで遊んで稼ぐ」なんてことが本当に可能なのか? 多くの人が抱える疑問について今回お答えいただくのは、Digital Entertainment Asset Pte.Ltd.(以下、DEA)のFounder & Co-CEOの山田 耕三氏。インタビュー前編では「X to Earn」の仕組みと種類、今後の可能性など、未だ発展途上の新しい経済圏について根ほり葉ほりお話を伺いました。

変革を求められる小売業界。「スーパーを超えていく」ベイシアの小売DX戦略とは。ベイシア新社長 相木孝仁氏×立教大学ビジネススクール田中道昭教授【後編】

変革を求められる小売業界。「スーパーを超えていく」ベイシアの小売DX戦略とは。ベイシア新社長 相木孝仁氏×立教大学ビジネススクール田中道昭教授【後編】

ホームセンターのカインズにワークマン、東急ハンズなどをグループ会社に持つベイシアグループ。その中核をなすのが東日本をメインに展開する食品スーパー大手のベイシアです。広大なワンフロアの店舗で地域住民のニーズに応える圧倒的品揃えと価格を実現し、その動向は常に業界内での注目を集めています。今回の対談では、立教大学ビジネススクールの田中道昭教授と、今年7月にベイシアの新社長に就任された相木孝仁氏の二人が、新体制となったベイシアの独自戦略について意見を交わします。 後編は相木社長が抱く野望と「メガSPA & DX小売」の概要、ベイシアが従業員に求めるオーナーシップのあり方、そして小売DXの中核を占めるネットスーパーとeコマース戦略についてお話をうかがいます。

「8割以上の精度で、赤ちゃんが泣く理由が判明」CES2021イノベーションアワード受賞。注目の日本発ベビーテック企業とは

「8割以上の精度で、赤ちゃんが泣く理由が判明」CES2021イノベーションアワード受賞。注目の日本発ベビーテック企業とは

テクノロジーの力で子育てを変えていく。そんなミッションを掲げ、泣き声診断アプリや赤ちゃん向けスマートベッドライトなど、画期的なプロダクトを世に送り出してきたファーストアセント社。「CES2021 Innovation Awards」を受賞するなど、世界的に注目を集めるベビーテック企業である同社の強さの秘密とは。服部 伴之代表にお話を伺いました。

中国EV市場を席巻する、三大新興メーカーを徹底分析。脅威の中国EVメーカー最新事情・後編【中国デジタル企業最前線】

中国EV市場を席巻する、三大新興メーカーを徹底分析。脅威の中国EVメーカー最新事情・後編【中国デジタル企業最前線】

中国企業の最新動向から、DXのヒントを探っていく本連載。今回は、ガソリン車に代わるモビリティとして期待が高まるEV(Electric Vehicle=電気自動車)と、その核とも言える自動運転技術で世界をリードする中国の強さに迫ります。前編では「EV先進国」の名を欲しいままにしているその理由を、国の政策や技術の面から探ってきました。後編となる今回は、自動車産業に参入してきた新興メーカー3社を紹介するとともに、日本の立ち位置の考察、中国が抱える課題を話題に進めていきます。

世界のMaaS先進事例7選。鉄道・バス・タクシーなど交通手段を統合したサブスクモデルも!

世界のMaaS先進事例7選。鉄道・バス・タクシーなど交通手段を統合したサブスクモデルも!

国内でMaaS(Mobility as a Service)実証が活発化している。新たな交通社会を見据え、既存の交通サービスの在り方を見直す変革の時期を迎えているのだ。 交通社会は今後どのように変わっていくのか。MaaSの基礎知識について解説した上で、海外のMaaSに関する事例を参照し、その変化の方向性を探っていこう。

大手各社が黒字化に苦悩するネットスーパーとイトーヨーカ堂のコミュニティ戦略に迫る。イトーヨーカ堂 山本哲也社長×立教大学ビジネススクール田中道昭教授【後編】

大手各社が黒字化に苦悩するネットスーパーとイトーヨーカ堂のコミュニティ戦略に迫る。イトーヨーカ堂 山本哲也社長×立教大学ビジネススクール田中道昭教授【後編】

2020年、創業100周年を迎えた株式会社イトーヨーカ堂。ロシアのウクライナ侵攻に、進む円高と物価高など厳しい経済状況の中、今年3月に社長に就任した山本哲也氏は「信頼と誠実」を掲げ、商売の原点に立ち返ることを標榜しています。イトーヨーカドーはどのように変わるのか? これからの時代のスーパーに求められる形とは? 立教大学ビジネススクールの田中道昭教授との対談をお届けします。 後編は総合スーパーならではの売り場づくりの工夫、各社が黒字化に苦悩するネットスーパー戦略、イトーヨーカドーが目指す地域インフラの姿、社会課題の解決についてお話をうかがいます。

イトーヨーカドーの未来を左右する、新社長の店舗・組織変革の勝算。イトーヨーカ堂社長 山本哲也氏に立教大学ビジネススクール田中道昭教授が迫る【前編】

イトーヨーカドーの未来を左右する、新社長の店舗・組織変革の勝算。イトーヨーカ堂社長 山本哲也氏に立教大学ビジネススクール田中道昭教授が迫る【前編】

2020年、創業100周年を迎えた株式会社イトーヨーカ堂。ロシアのウクライナ侵攻に、進む円高と物価高など厳しい経済状況の中、今年3月に社長に就任した山本哲也氏は「信頼と誠実」を掲げ、商売の原点に立ち返ることを標榜しています。イトーヨーカドーはどのように変わるのか? これからの時代のスーパーに求められる形とは? 立教大学ビジネススクールの田中道昭教授との対談をお届けします。 前編は山本社長が社長に就任した経緯、2000年以降業績が落ち込んだ原因の分析、そして現在進行中の新しい売り場づくりの施策などについてお話をうかがいます。

マンガアプリ世界NO.1。急成長市場の覇権を握る「ピッコマ」の戦略

マンガアプリ世界NO.1。急成長市場の覇権を握る「ピッコマ」の戦略

8万以上タイトルの人気マンガやノベルを取り扱い、累計ダウンロード数は3,000万を超える電子マンガ・ノベルサービスの「ピッコマ」。サービス開始は2016年4月という後発ながら、23時間待てば一話を無料で読める「待てば¥0」サービスを他社に先駆けて導入するなど、新しい試みを積極的に取り入れ業界トップに君臨しています。短期間でピッコマが躍進を遂げた理由から、従来のマンガに代わる新しい表現形式である「SMARTOON」の魅力、今後のグローバル展開について、株式会社カカオピッコマ常務執行役員の熊澤 森郎氏にお話を伺いました。

「8割以上の精度で、赤ちゃんが泣く理由が判明」CES2021イノベーションアワード受賞。注目の日本発ベビーテック企業とは

「8割以上の精度で、赤ちゃんが泣く理由が判明」CES2021イノベーションアワード受賞。注目の日本発ベビーテック企業とは

テクノロジーの力で子育てを変えていく。そんなミッションを掲げ、泣き声診断アプリや赤ちゃん向けスマートベッドライトなど、画期的なプロダクトを世に送り出してきたファーストアセント社。「CES2021 Innovation Awards」を受賞するなど、世界的に注目を集めるベビーテック企業である同社の強さの秘密とは。服部 伴之代表にお話を伺いました。

世界のMaaS先進事例7選。鉄道・バス・タクシーなど交通手段を統合したサブスクモデルも!

世界のMaaS先進事例7選。鉄道・バス・タクシーなど交通手段を統合したサブスクモデルも!

国内でMaaS(Mobility as a Service)実証が活発化している。新たな交通社会を見据え、既存の交通サービスの在り方を見直す変革の時期を迎えているのだ。 交通社会は今後どのように変わっていくのか。MaaSの基礎知識について解説した上で、海外のMaaSに関する事例を参照し、その変化の方向性を探っていこう。

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

「ユニコーン企業」ーー企業価値の評価額が10億ドル以上で設立10年以内の非上場企業を、伝説の一角獣になぞらえてそう呼ぶ。該当する企業は、ユニコーンほどに珍しいという意味だ。かつてのfacebookやTwitter、現在ではUberがその代表と言われている。この連載では、そんな海外のユニコーン企業の動向をお届けする。今回は欧米を中心に注目されている「代替肉」を扱う「インポッシブル・フーズ」を紹介する。

中国EV市場を席巻する、三大新興メーカーを徹底分析。脅威の中国EVメーカー最新事情・後編【中国デジタル企業最前線】

中国EV市場を席巻する、三大新興メーカーを徹底分析。脅威の中国EVメーカー最新事情・後編【中国デジタル企業最前線】

中国企業の最新動向から、DXのヒントを探っていく本連載。今回は、ガソリン車に代わるモビリティとして期待が高まるEV(Electric Vehicle=電気自動車)と、その核とも言える自動運転技術で世界をリードする中国の強さに迫ります。前編では「EV先進国」の名を欲しいままにしているその理由を、国の政策や技術の面から探ってきました。後編となる今回は、自動車産業に参入してきた新興メーカー3社を紹介するとともに、日本の立ち位置の考察、中国が抱える課題を話題に進めていきます。

Facebookも注目の「メタバース」とは何か? スマホ向けメタバース「REALITY」のDJ RIO氏に聞く

Facebookも注目の「メタバース」とは何か? スマホ向けメタバース「REALITY」のDJ RIO氏に聞く

Facebookが社名を変更し、中核事業に据えるほど力を入れる「メタバース」。2021年8月にはグリー株式会社が、今後2~3年で100億円規模の事業投資を行い、グローバルで数億ユーザーを目指すと発表しましたが、その中核を担うのが、グリー株式会社の子会社であり、これまでバーチャルライブ配信アプリを手がけてきたREALITY株式会社です。今回は、そんな同社の代表を務めるDJ RIO氏にインタビュー。そもそもメタバースとは何なのか。なぜこんなにも注目が集まっているのか。メタバースは、世界のあり方をどのように変えるのか。メタバース初心者のビジネスパーソンには必読のインタビューです。

デジタル戦略で生まれ変わるカインズ。ホームセンターからIT小売企業への変遷の軌跡【前編】

デジタル戦略で生まれ変わるカインズ。ホームセンターからIT小売企業への変遷の軌跡【前編】

生産労働人口の減少を受け、日本企業はいよいよ生き残りをかけたデジタル化に取り組まなければいけないと言われるフェーズに入ってきました。とはいえ、それができている企業とそうでない企業との差が激しくなっているのも現状です。 そんななか、ホームセンター大手カインズでは、40年かけて積み重ねてきたホームセンターとしてのあり方を見直し、IT小売企業として生まれ変わろうとしています。カインズでデジタル戦略本部長を務め、戦略の指揮をとる池照 直樹氏に、同社のデジタル戦略についてお話を伺いました。 前編は、カインズがどのようにしてデジタル化を実現させていったのか、具体的な取り組みを交えてお届けします。