Today's PICK UP

キャッシュレス決済の種類とは?賢く利用する方法も教えます!

近年、全国的に普及が進んでいるキャッシュレス決済。キャッシュレス決済にもさまざまな種類があるため、種類ごとの特徴を理解しておくことが大切です。ここでは、キャッシュレス決済の概要や種類、メリットデメリットを詳しく説明します。
現金に代わる決済手段として利用されているキャッシュレスですが、インターネットやスマートフォンが普及したことによって、利用できるキャッシュレス決済の種類が増えました。キャッシュレス決済は、日々の生活をより便利なものにしてくれますが、「キャッシュレス決済にどのような種類があるのか分からない」や「キャッシュレス決済をうまく利用できるかどうかイメージできない」という人は多いようです。

日常生活における決済をスマートにできるよう、ここでは、キャッシュレス決済の種類やメリットデメリット、賢く決済をする方法を詳しく説明します。

そもそもキャッシュレス決済とは?

そもそもキャッシュレス決済とは、「現金を用いることなく支払いを済ませる方法」のことをいいます。企業間の取引である、取引金額の振込や小切手・手形による支払いも該当しますが、一般的には、消費者が現金以外の方法で決済を済ませる方法をキャッシュレス決済と表現することが多いです。

キャッシュレス決済の種類を知っておこう

消費者が現金以外の方法で決済をするキャッシュレス決済には、いくつかの種類があり、具体的には次のような方法が挙げられます。

・クレジットカード
・デビットカード
・QRコード決済
・電子マネー
・キャリア決済
・ネットバンク決済

これらのキャッシュレス決済ごとの特徴や違いを知っておけば、日常生活にうまく取り入れて、スマートな暮らしを送れるようになるでしょう。ここからは、キャッシュレス決済の種類を詳しく説明します。

クレジットカード

クレジットカードは、後払い方式のキャッシュレス決済です。VISAやアメリカンエキスプレス、MasterCardやJCBなどさまざまなブランドがあり、店舗が導入しているカードブランドによってどのクレジットカードを利用できるかが変わります。

カードブランドによっては、海外で多く利用されているものもあるようです。持っているカードブランドによっては、海外出張や海外旅行での支払いをスムーズにできるため、クレジットカードを持っておくメリットは大きいでしょう。

デビットカード

一方、デビットカードは、後払いではなく即時払いできるタイプのカード決済。決済を済ませると同時に銀行口座から料金が引き落とされるので、キャッシュカードをそのまま決済で利用するというイメージをすると理解しやすくなるでしょう。

後払い方式であるクレジットカードとは違い、デビッドカードは口座残高を限度として利用できるのも特徴。「利用しすぎて請求された金額を支払えなかった」などのトラブルを予防できるので、信用情報を傷つける心配がありません。

QRコード決済

QRコード決済は、近年急速に導入が進んでいる支払い方法です。消費者のスマートフォンに表示されたQRコードを店舗側のデバイスで読み取ることによって、支払いを完了させられるのが特徴です。また、QRコード決済のサービスによっては、店舗側が用意したQRコードを消費者が読み取り、支払いを完了させるものもあります。

QRコード決済のよいところは、スムーズに決済を済ませられるだけでなく、クレジットカードのように審査をする必要がないこと。プリペイド方式を採用しているところが多いので、事前にチャージされた金額の範囲内で自由に取引できます。

電子マネー

電子マネーは、カードなどに事前に金額を入金しておいて、入金した金額の範囲内で商品やサービスの購入をする方法。代表的な電子マネーとして、nanacoやWAON、Suicaなどが挙げられます。

クレジットカードのように使いすぎるリスクがないだけでなく、電子マネーを利用し始めるまでに審査が必要ないのが、電子マネーのメリット。QRコード決済と同様にスムーズにサービスを利用し始めることが可能です。ただし、オートチャージ機能が設けられた電子マネーのように、チャージ金額がなくなると銀行口座から自動的にチャージされるタイプの電子マネーを使う場合は、使い過ぎに注意する必要があります。

キャリア決済

キャリア決済は、auやソフトバンク、ドコモなど、大手通信キャリアが提供しているキャッシュレス決済。「auかんたん決済」や「ソフトバンクまとめて支払い」、「ドコモ払い」など、キャッシュレス決済ごとに名称は異なりますが、利用金額が後日携帯電話料金と一緒に引き落とされる「後払い方式」となっているものがほとんどです。

キャリア決済は、後払い方式にはなっているため使いすぎに注意が必要ですが、契約期間や年齢によって利用限度額に上限が設けられています。消費者自身で利用限度額を設定することもできるので、使いすぎのリスクを抑えることが可能です。

ネットバンク決済

ネットバンク決済は、インターネット上に開設した銀行口座のお金で決済する方法です。ECサイトの利用など、ネットショッピングでの決済をスムーズにできることや、クレジットカードのように、カードを作成するための審査をする必要がないのがメリットです。

ただし、ネットバンクを開設していない人は口座開設の手続きをしなければ利用できないので注意が必要です。ネットバンクを開設するために収入や勤務先などの情報を提供して審査されるケースがほとんどなので、人によってはネットバンクを開設できないかもしれません。

キャッシュレス決済を利用するメリットとは?

このように、さまざまな種類があるキャッシュレス決済ですが、「現金を使っていたほうが安心できる」や「キャッシュレス決済を使ってもうまく使いこなせるか分からない」と心配する人もいるようです。キャッシュレス決済の利用には、次の5つのメリットがあります。

・スムーズに会計を終えられる
・支払いの状況を把握しやすくなる
・ポイント還元が受けられる
・衛生的に支払いができる
・盗難や紛失時に補償してもらえる

以下では、キャッシュレス決済を利用するメリットを詳しく説明します。

スムーズに会計を終えられる

1つ目のメリットは、スムーズに会計を終えられること。

キャッシュレス決済を利用すれば、現金を鞄から取り出して、財布からお札や小銭を数えながら出す必要がなくなります。また、おつりが発生した場合にも現金を計算して財布に入れるといった動作をしなくてよくなります。

これらの行動を省略できるだけでも、決済手続きでかかる手間やストレスを大幅に軽減することが可能。現金が少なくなったからといってATMに現金を引き出しに行ったり、休日や時間外にATMを利用した場合に支払う手数料も負担しなくてよくなるので、時間を有効活用できるとともに、余計な支出を減らすこともできるでしょう。

支払いの状況を把握しやすくなる

2つ目は、支払の状況を把握しやすくなること。

現金を利用した決済でも、レシートを受け取ることで支払いの状況を把握することは可能です。しかし、レシートを紛失してしまったり、レシートの集計に時間がかかってしまったりすることから、リアルタイムに現金の支払い状況を把握するのは簡単ではありません。

キャッシュレス決済を利用していれば、クレジットカード会社が開設しているWEBページで支払い状況を確認したり、QRコード決済のアプリ内で支払い状況をチェックすることが可能。キャッシュレス決済によってはリアルタイムで支払い状況が反映されるため、より手軽な金銭管理ができるでしょう。

ポイント還元が受けられる

3つ目は、ポイント還元が受けられること。

クレジットカードなど、キャッシュレス決済によっては、支払い金額に応じて所定の割合のポイントが付与されます。一定のポイントが貯まれば得点と交換できたり、ポイントを決済に利用できるため、現金で支払うよりもお得に商品やサービスを購入できます。

一回の支払いで獲得できるポイントはわずかであっても、長期的に利用すると多くのポイントが貯まることもあります。

衛生的に支払いができる

4つ目は、衛生的に支払いができること。

キャッシュレス決済を利用していれば、現金の受け渡しをすることなく決済を完了させられるため、場合によっては非接触で取引を終えられます。QRコード決済で端末をスマートフォンにかざす支払い方法や、クレジットカードを消費者自身が端末に挿入して決済する方法などが代表例です。

感染症予防の重要性が増している状況下で、衛生的な支払いができるような取り組みをする事業者は増えてきています。消費者の感染予防に対する意識も高まっていることから、衛生的な支払いができるキャッシュレス決済は、今後さらに普及していくでしょう。

盗難や紛失時に補償してもらえる

5つ目は、盗難や紛失時に補償してもらえること。

日本では、盗難やスリなどの被害は海外と比べて少ないといわれていますが、財布を紛失して現金を失ってしまったり、荷物ごと財布を持ち去られてしまうリスクはゼロではありません。しかし、もしものときの被害額を抑えようと持ち運び現金を少なくしてしまうと、決済のときに「現金が足りない」といった事態が起こるかもしれません。

クレジットカードを利用していれば、盗難や紛失などで第三者に不正利用されても、損害額を補償してもらえる場合があります。現金では被害に遭っても補償してもらいにくいですが、クレジットカードであれば、万が一のときの損失を抑えられる可能性があります。

キャッシュレス決済のデメリットとは?

上記のように、利用することでさまざまなメリットが生じるキャッシュレス決済ですが、一方でデメリットもあります。キャッシュレス決済のデメリットとして、次の3つが挙げられます。

・金銭感覚が薄れやすい
・トラブルに遭う危険性がある
・店舗によっては利用できない

以下では、キャッシュレス決済のデメリットを詳しく説明します。

金銭感覚が薄れやすい

キャッシュレス決済は、現金を受け渡しすることなく支払いを済ませるため、金銭感覚が薄れる危険性があります。計画的に利用しなければ、後になって想像以上の金額を請求されたり、お金を使いすぎて生活費がまかなえなくなったりするかもしれないので、注意が必要です。

多くのキャッシュレス決済では、利用履歴をタイムリーに把握できるようになっています。こまめに利用状況を確認し、お金を使いすぎていないかを確認しながら生活する習慣を身につけておきましょう。

トラブルに遭う危険性がある

キャッシュレス決済の多くは、通信機器などの端末を利用します。そのため、地震や停電、機器の故障などの災害やトラブルが発生した場合は利用できません。

また、QRコード決済などスマートフォンを利用した決済をおこなう場合、端末の充電が切れてしまうと決済できなくなります。これらのトラブルが起こりうることを想定して、普段からいくらかの現金を持ち歩いておくのがおすすめです。

店舗によっては利用できない

全国的にキャッシュレス化の動きが進みつつありますが、まだすべての店舗でキャッシュレス決済が利用できるわけではありません。店舗によっては利用できるサービスの種類が限られていたり、そもそも現金での支払いにしか対応していない場合もあります。

キャッシュレス決済を利用する場合は、あらかじめ店舗で利用できるかを確認しておいたり、サービスが利用できなかったりすることを想定して、ある程度の現金を持ち歩いておくといった対策が必要です。

賢くキャッシュレス決済を利用する方法を紹介

キャッシュレス決済のメリットデメリットが理解できたら、それらを踏まえてうまくサービスを利用できるようにしておきましょう。賢くキャッシュレス決済を利用する方法として、以下の3つが挙げられます。

・複数のキャッシュレス決済を使い分ける
・ポイント還元率の高いキャッシュレス決済を選ぶ
・使いやすいキャッシュレス決済の種類を選ぶ

以下では、賢くキャッシュレス決済を利用する方法を詳しく説明します。

複数のキャッシュレス決済を使い分ける

キャッシュレス決済にもさまざまな種類があるため、ポイント付与や補償の有無、完全非接触で決済できるのかどうかなど、特徴に違いがあります。

利用できるキャッシュレス決済が限定されていると、場面によってはサービスのメリットを受けられなくなるかもしれません。複数のキャッシュレス決済を用意しておいて、状況に応じて適切な支払方法を選択すれば、よりお得にショッピングできるでしょう。

ポイント還元率の高いキャッシュレス決済を選ぶ

利用額に応じて一定の割合でポイント還元をしているキャッシュレス決済事業者は多いですが、事業者ごとに設定しているポイント還元率はさまざまです。

多くのキャッシュレス決済では、ポイント還元率を0.5%や1%に設定しています。しかし、決済業者によっては、ポイント還元率を2%にしていたり、条件を満たすことで効率的にポイントを貯められる仕組みを設けているところもあります。ポイントが貯まりやすいキャッシュレス決済を選べば、それだけ魅力的な特典と交換できたり、決済で支払う現金を少なくできたりするでしょう。

使いやすいキャッシュレス決済の種類を選ぶ

キャッシュレス決済によって、カードを端末にかざすものや端末にカードを挿入するもの、スマートフォンを端末に読み込ませるなど、決済時の手順が異なります。

よく利用する店舗でどのような決済方法をすればスムーズに支払いができるかを考えると、利用すべきキャッシュレス決済サービスを選びやすくなるでしょう。

まとめ

ここでは、キャッシュレス決済の概要や種類、利用するメリットデメリットや賢く決済する方法を説明しました。

時代の変化とともに、キャッシュレス決済の方法やサービスの内容、得られる特典が変化する可能性があるため、必要に応じてサービスを使い分けることが大切です。ここで説明した内容を参考にして、キャッシュレス決済を利用して便利な生活ができるようにしておきましょう。

人気記事

Facebookも注目の「メタバース」とは何か? スマホ向けメタバース「REALITY」のDJ RIO氏に聞く

Facebookも注目の「メタバース」とは何か? スマホ向けメタバース「REALITY」のDJ RIO氏に聞く

Facebookが社名を変更し、中核事業に据えるほど力を入れる「メタバース」。2021年8月にはグリー株式会社が、今後2~3年で100億円規模の事業投資を行い、グローバルで数億ユーザーを目指すと発表しましたが、その中核を担うのが、グリー株式会社の子会社であり、これまでバーチャルライブ配信アプリを手がけてきたREALITY株式会社です。今回は、そんな同社の代表を務めるDJ RIO氏にインタビュー。そもそもメタバースとは何なのか。なぜこんなにも注目が集まっているのか。メタバースは、世界のあり方をどのように変えるのか。メタバース初心者のビジネスパーソンには必読のインタビューです。

【注目テーマ5選】今さら聞けない「メタバース」「NFT」「カーボンニュートラル」最新事情

【注目テーマ5選】今さら聞けない「メタバース」「NFT」「カーボンニュートラル」最新事情

「その変革に勇気と希望を」というコンセプトを掲げ、さまざまな企業のデジタルシフトに関する取り組みやサービスの背景をお届けするデジタルシフトタイムズ。その数ある記事の中から、編集部独自の観点で「まず読んでほしい!」記事を厳選する特集企画。今回は、デジタルシフトに纏わる注目テーマ別に、新たなビジネスを最前線で仕掛けている「スタートアップ」に関する記事を五つご紹介します。メタバースやNFT(非代替性トークン)、空飛ぶクルマ、カーボンニュートラル、キャッシュレスといった分野の実態はどうなっているのか? そして、どんな視点で市場を捉え、新しいビジネスが展開されているのか? スタートアップが見据える未来をお届けします。

「8割以上の精度で、赤ちゃんが泣く理由が判明」CES2021イノベーションアワード受賞。注目の日本発ベビーテック企業とは

「8割以上の精度で、赤ちゃんが泣く理由が判明」CES2021イノベーションアワード受賞。注目の日本発ベビーテック企業とは

テクノロジーの力で子育てを変えていく。そんなミッションを掲げ、泣き声診断アプリや赤ちゃん向けスマートベッドライトなど、画期的なプロダクトを世に送り出してきたファーストアセント社。「CES2021 Innovation Awards」を受賞するなど、世界的に注目を集めるベビーテック企業である同社の強さの秘密とは。服部 伴之代表にお話を伺いました。

世界のMaaS先進事例7選。鉄道・バス・タクシーなど交通手段を統合したサブスクモデルも!

世界のMaaS先進事例7選。鉄道・バス・タクシーなど交通手段を統合したサブスクモデルも!

国内でMaaS(Mobility as a Service)実証が活発化している。新たな交通社会を見据え、既存の交通サービスの在り方を見直す変革の時期を迎えているのだ。 交通社会は今後どのように変わっていくのか。MaaSの基礎知識について解説した上で、海外のMaaSに関する事例を参照し、その変化の方向性を探っていこう。

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

「ユニコーン企業」ーー企業価値の評価額が10億ドル以上で設立10年以内の非上場企業を、伝説の一角獣になぞらえてそう呼ぶ。該当する企業は、ユニコーンほどに珍しいという意味だ。かつてのfacebookやTwitter、現在ではUberがその代表と言われている。この連載では、そんな海外のユニコーン企業の動向をお届けする。今回は欧米を中心に注目されている「代替肉」を扱う「インポッシブル・フーズ」を紹介する。

大手ゲーム会社も注目!今後のNFT市場をゲームが牽引する理由。

大手ゲーム会社も注目!今後のNFT市場をゲームが牽引する理由。

今年に入り、突如として注目度の高まった「NFT(非代替性トークン)」というキーワード。アート業界のバズワードとして認識している人も多いかもしれません。ところが実は、NFTはゲーム業界の未来、IP(知財)コンテンツの未来を考える上でも欠かせないキーワードであることをご存知でしょうか。そこで今回お話を伺ったのが、世界No.1を記録したNFTを活用しているブロックチェーンゲーム『My Crypto Heroes』(現在の運営はMCH社)を開発したdouble jump.tokyo株式会社の代表取締役 上野 広伸氏です。この新たなテクノロジーは、ゲームの世界にどのような変化をもたらすのでしょうか。そのポテンシャルに迫ります。

マイクロソフトからの買収固辞、新規株式公開も!? コミュニケーションツール「Discord」とは何か 〜海外ユニコーンウォッチ #5〜

マイクロソフトからの買収固辞、新規株式公開も!? コミュニケーションツール「Discord」とは何か 〜海外ユニコーンウォッチ #5〜

「ユニコーン企業」ーー企業価値の評価額が10億ドル以上で設立10年以内の非上場企業を、伝説の一角獣になぞらえてそう呼ぶ。該当する企業は、ユニコーンほどに珍しいという意味だ。かつてはFacebookやTwitterも、そう称されていた。この連載では、そんな海外のユニコーン企業の動向をお届けする。今回はコミュニケーションツール「Discord(ディスコード)」を紹介する。

ナイキ、ディズニー、グッチも注目。大人気のゲーム版YouTube「Roblox」とは?

ナイキ、ディズニー、グッチも注目。大人気のゲーム版YouTube「Roblox」とは?

2021年3月10日に時価総額、約4兆円でニューヨーク証券取引所に上場したゲームプラットフォーム「Roblox(ロブロックス)」を知っているだろうか。月間ユーザーは1.6億人を超え、世界で大流行中のゲームプラットフォームだ。特に子どもたちに絶大な人気を誇り、アメリカでは16歳未満の子どもの約半数がプレイしていると言われている。 Robloxとは、なぜそれほどまでの人気を誇り、なにが魅力なのか。 Robloxの人気の秘密と、企業が今Robloxに注目すべき理由について、EntertainmentxFinancialをコンセプトに、投資を通じたエンタテインメント事業開発を支援する、EnFi株式会社の代表取締役 垣屋美智子氏にご説明いただいた。

コロナ禍でラジオが復権!? 民放ラジオ業界70年の歴史を塗り替えたradiko(ラジコ)の「共存共栄型 DX」とは

コロナ禍でラジオが復権!? 民放ラジオ業界70年の歴史を塗り替えたradiko(ラジコ)の「共存共栄型 DX」とは

Clubhouseをはじめ、新勢力が次々と参入し、拡大を見せる音声コンテンツ市場。その中で、民放開始から70年の歴史に「大変革」を巻き起こしているのが“ラジオ”です。放送エリアの壁を取り払う、リアルタイムでなくても番組を聴けるようにするといった機能で、ラジオをデジタル時代に即したサービスに生まれ変わらせたのは、PCやスマートフォンなどで番組を配信する『radiko(ラジコ)』。今回は、株式会社radiko 代表取締役社長の青木 貴博氏に、現在までのデジタルシフトの歩みと将来の展望について、お話を伺いました。

デジタル戦略で生まれ変わるカインズ。ホームセンターからIT小売企業への変遷の軌跡【前編】

デジタル戦略で生まれ変わるカインズ。ホームセンターからIT小売企業への変遷の軌跡【前編】

生産労働人口の減少を受け、日本企業はいよいよ生き残りをかけたデジタル化に取り組まなければいけないと言われるフェーズに入ってきました。とはいえ、それができている企業とそうでない企業との差が激しくなっているのも現状です。 そんななか、ホームセンター大手カインズでは、40年かけて積み重ねてきたホームセンターとしてのあり方を見直し、IT小売企業として生まれ変わろうとしています。カインズでデジタル戦略本部長を務め、戦略の指揮をとる池照 直樹氏に、同社のデジタル戦略についてお話を伺いました。 前編は、カインズがどのようにしてデジタル化を実現させていったのか、具体的な取り組みを交えてお届けします。

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

「ユニコーン企業」ーー企業価値の評価額が10億ドル以上で設立10年以内の非上場企業を、伝説の一角獣になぞらえてそう呼ぶ。該当する企業は、ユニコーンほどに珍しいという意味だ。かつてのfacebookやTwitter、現在ではUberがその代表と言われている。この連載では、そんな海外のユニコーン企業の動向をお届けする。今回は欧米を中心に注目されている「代替肉」を扱う「インポッシブル・フーズ」を紹介する。

「8割以上の精度で、赤ちゃんが泣く理由が判明」CES2021イノベーションアワード受賞。注目の日本発ベビーテック企業とは

「8割以上の精度で、赤ちゃんが泣く理由が判明」CES2021イノベーションアワード受賞。注目の日本発ベビーテック企業とは

テクノロジーの力で子育てを変えていく。そんなミッションを掲げ、泣き声診断アプリや赤ちゃん向けスマートベッドライトなど、画期的なプロダクトを世に送り出してきたファーストアセント社。「CES2021 Innovation Awards」を受賞するなど、世界的に注目を集めるベビーテック企業である同社の強さの秘密とは。服部 伴之代表にお話を伺いました。

世界のMaaS先進事例7選。鉄道・バス・タクシーなど交通手段を統合したサブスクモデルも!

世界のMaaS先進事例7選。鉄道・バス・タクシーなど交通手段を統合したサブスクモデルも!

国内でMaaS(Mobility as a Service)実証が活発化している。新たな交通社会を見据え、既存の交通サービスの在り方を見直す変革の時期を迎えているのだ。 交通社会は今後どのように変わっていくのか。MaaSの基礎知識について解説した上で、海外のMaaSに関する事例を参照し、その変化の方向性を探っていこう。