Today's PICK UP

D2Cブランドとは?日本のD2Cブランドの成功例と成功要因を読み解く

近年、SNSの発達によって店舗を持たない販売方法で業績を伸ばすとD2Cブランドが増えています。店舗を出店するコストがいらないため、自社の商品やサービスをダイレクトに消費者に届けることができます。D2Cブランドの定義や成功例から成功の要因を読み解きます。
2010年代になり、InstagramやTikTok、TwitterといったSNSが普及したことを背景に、自社で企画し、生産した商品やサービスを流通業者や実店舗を介さずに、自社が運営するECなどで直接、消費者に販売する手法が生まれました。自社のECサイトで販売するという手法自体は従来からあるもので、とくに新しいものではありませんが、ファッションアイテムや生活用品、美容関連商品の領域では、ほとんど採用されていませんでした。こうした分野の商品は卸売業者や販売店を通じて、店頭に並ぶケースが多く、また企画や生産自体も外部に委託するケースが大半でした。そのためアパレル業界を中心に、新しいビジネスモデルとして注目を集めることになりました。D2Cと呼ばれる、このビジネス手法について、詳しく解説していきます。

D2Cとは

D2Cは「Direct to Consumer」の略で、直接、消費者に販売するビジネスモデルを指しています。従来は、製品を販売するメーカーやブランドは実店舗を持ち、そこに来店されたお客様に向けて販売するか、製品を販売してくれる店舗を獲得し、流通業者を通じて、その店舗に製品を卸すことで自社以外のチャネルを使って販売を行っていました。対して、D2Cでは自社で企画・生産した商品を、自社ECサイトなどのチャネルを使って直接、消費者に販売します。そのため従来のビジネスモデルと異なると言われるわけです。

SPAとの違い

D2Cは直接、自社のECサイトを通じて消費者に販売します。同様にメーカーやブランドが自社の運営する店舗で消費者に直接、販売するビジネスモデルがあります。それがSPA(Specialty store retailer of Private label Apparel)です。ECサイトで直接販売するD2Cと、店舗で直接販売するSPAという違いがあるわけです。

SPAとは

SPAは「Specialty store retailer of Private label Apparel」の略です。リアルな店舗を持ち、そこに常駐する店員が一般消費者に対して直接販売をする製造小売業のことを指します。たとえば代表的なSPAブランドといえばユニクロです。同ブランドはECサイトも持っていますが、自社の店舗での販売を中心としたSPAだと言えます。ユニクロの商品は他のアパレルショップには卸しておらず、自社で運営する店舗でのみ販売されています。こうした自社で開発した製品を、自分たちの店舗で消費者に販売するビジネスモデルがSPAです。

SPAとD2Cの大きな違い

では、SPAとD2Cではどんな違いがあるのでしょうか? 自社が運営する店舗に、自社で企画・生産した製品を並べ、そこを中心に販売を行うビジネスモデルがSPAです。D2Cも自社で企画・生産した製品を取り扱うという点ではSPAと変わらないのですが、販売するチャネルが自社のECサイトになります。D2Cではリアル店舗を持たないことによるコスト削減も可能になります。またリアル店舗がないことで常に在庫を抱える必要もなければ、それを売りさばいて、利益を確保する必要がなくなるため、その分の資金やスタッフをブランディングに注ぐことができます。

D2Cのメリット

2010年代に入り、アパレル業界を中心にD2Cを採用したブランドが続々と登場しますが、なぜD2Cがもてはやされるようになったのでしょうか?D2Cでビジネスを行うメリットについて解説します。

D2C企業の特徴① 販売チャネル

D2Cの特徴のひとつが販売チャネルです。商品を取り扱ってくれる店舗を探し、そこに卸すのではなく、実店舗も持っていません。主な販売チャネルは自社のECサイトです。したがって、店舗を持ち、販売スタッフを雇用するコストが不要になります。実店舗を中心に広くビジネス展開するためには、多くの店舗を保有する必要があり、そのコストは肥大していきます。D2Cブランドのなかにも、実店舗を持っているところもあるのですが、そのようなケースではブランド体験の場や、顧客とのコミュニケーションの場として機能しており、販売を主な目的としていません。ECサイトでは試着したり、サイズや素材を確かめたり、直接、製品に触れることができないというデメリットもありますが、その分、低いコストで全国の消費者に販売することができます。

D2C企業の特徴② 商品数と在庫のコントロール

店舗を持たないD2Cでは、店内に多数の商品を陳列する必要性がないため、商品点数を絞ることも可能です。むしろ、点数を少なくしながら、ブランドストーリーの構築に力を注ぎ、競争力の高いヒーローアイテムに磨き上げた上で勝負しているD2Cブランドが多数を占めています。こうした商品点数の絞り込みもD2Cビジネスならではの特徴だと言えます。また、同時にそれぞれの店舗に在庫を抱えておく必要もなくなるため、最小限の在庫を持つだけで十分、ビジネスができます。

D2C企業の特徴③ 顧客データがファーストパーティーデータに保管

ECサイトを通じて、顧客の属性や購買履歴などさまざまなデータを取得することができますが、他のECサイトに商品を卸している場合には、データを集めるのにコストがかかるケースがあります。また、サイトによっては、ほしいデータが取得できないこともあります。その点、D2Cなら自社サイトでの販売になるため、ファーストパーティーデータ(自社データ)に保管が可能です。そのデータを活用して、商品開発に生かしたり、より精度の高いウェブマーケティングへの材料にすることができます。

D2C企業の特徴④ 顧客との1on1コミュニケーション

SNS時代の顧客とのコミュニケーションは1on1が理想です。多くの販売チャネルを使って、顔の見えない顧客を相手にするのではなく、一人ひとりの顧客と向き合い、それぞれの嗜好や要望に寄り添ったコミュニケーションをすることが大切になります。魅力ある商品を生み出していくことはもちろん重要ですが、ファンになってもらうための接点づくりもクチコミが力を持つSNS時代だけに、力を入れていく必要があります。こうした顧客との1on1コミュニケーションもD2Cの得意とするところです。

仲介手数料を最小限に抑えられる

商品を卸さずに自社サイトでのみ販売するということは、仲介業者が介在しないということになります。そのため仲介手数料といった中間コストが削減できることになります。浮いた分の費用は商品開発や価格、マーケティング投資に還元することによって、より良い商品を多くのユーザーに届けることが可能になります。

D2Cのデメリット

D2Cは時代にあったビジネスモデルということができますが、デメリットも当然あります。マイナス点を理解した上で、D2Cにチャレンジしてみるか、判断してみてはいかがでしょうか?

インフラの設備投資

D2Cでは自社のECサイトで販売を行なったり、商品のPRやブランドストーリーの構築のため、SNSやオウンドメディアを主に活用することになります。仲介手数料や店舗展開のためのコストがかからない一方で、自社サイトの構築やサイトの運営、あるいは物流の整備にはコストが必要です。そのためのリソースや初期投資の余裕がない企業の場合、D2Cの環境を整備するよりも、大手のECサイトやDSPを活用した方がコストが安くなる可能性もあります。

自社の認知度を高める宣伝活動が必要

独立性の高いD2Cブランドの場合、認知してもらうまでに宣伝活動に力を入れる必要があります。大型商業施設にテナント出店したり、繁華街に店舗を構えるといった手法を取らない以上、インターネットやSNSを活用した宣伝活動の結果が、認知度を左右します。自社ブランドに関心を持つターゲットはどんなペルソナなのか?そして彼らに響くブランドストーリーはどんなものなのか?戦略を立てながら、ブランディングしていくことが重要になります。

顧客が購入前に直接商品を確認できない

D2Cの最大のデメリットは、顧客が購入するまで、商品を確認する機会がないという点です。とくに洋服や靴などアパレル商品では、思っていた素材やカラーではなかったといったイメージの相違や、着てみたらサイズが合わなかったといったトラブルが必ず起こります。あらかじめそのような事態を織り込んで、お客さまが安心して購入できるような返品保証制度などを設計しておくと良いでしょう。

D2Cブランドの成功事例

最後にD2Cブランドの成功例として代表的なブランドを紹介します。

株式会社Sparty MEDULLA メデュラ

メデュラはサイト内に設けられた簡単なカウンセリングに答えるだけで自分だけのシャンプーを作ることができるサービスです。配送されたBOXに顧客の名前が印刷されているなど、1on1コミュニケーションを大切にしていることがうかがえます。一度処方すればサブスクリプション(定期配送)されるので、面倒な更新手続きやなくなったら追加購入するといった作業が不要な点も好印象です。

株式会社Next Branders Foo Tokyo フートーキョー

肌へのストレスを徹底的に排除したリラックスできるルームウェアを提供しているのが、フートーキョーです。「日本のいいものを日本のブランドが使って世界に発信する」というブランドコンセプトを持っており、メインターゲットである日本人が心惹かれるMade in Japan品質を効果的に訴求しています。また、ブランドに使用されているフォントもいかにも日本人らしい明朝フォントを採用するなど、日本ブランドにこだわってストーリーを構築していることがうかがえます。

株式会社クラシコム 北欧、暮らしの道具店

インテリア雑貨や飾らないミニマルな文化が浸透している「北欧」をイメージとしたブランディングを行っているのが、「北欧、暮らしの道具店」です。主にInstagramアカウントでブランド発信を継続して行っており、商品の価値を上手く伝えながらファンを獲得しています。ECサイトへの導線はInstagramですが、Instagramの購買機能が導入される以前から多くのフォロワーを獲得していました。そのため購買機能の実装は、コンテンツマーケティングを強みとする「北欧、暮らしの道具店」にとって追い風となっています。

D2Cブランドの成功例に見られる共通点とは

売り上げを伸ばしているD2Cブランドは、「認知を広げる活動」とファンづくりのための「ブランドエンゲージメントを高める活動」の両方に注力していることがわかります。新規顧客を獲得するためにSNSやオウンドメディア、そしてペイドメディアをバランスよく活用することで費用を抑えながら認知を拡大させている点が特徴になっています。一方で一度、獲得した顧客に商品を継続して使用してもらうために、離脱防止策になる1on1コミュニケーションを、自社データを活用することで構築しています。

従来の販売法と比べ、メリットも多いD2Cブランド

D2Cは店舗を中心とした従来の販売方法と比べ、コストも抑えられ、在庫を抱えるリスクも低いため、メリットの多い手法だと言えます。さらに広告媒体もマスメディアからSNSなどのメディアに移行しているため、時代にあったビジネスだと考えられます。他方でデメリットもあるため、D2Cで展開するのが良いのか、事前にしっかりと検討しておくことが大切です。

人気記事

日本5社目のユニコーンと報じられた「Opn」。世界を舞台に急成長を遂げるフィンテック企業の展望とは

日本5社目のユニコーンと報じられた「Opn」。世界を舞台に急成長を遂げるフィンテック企業の展望とは

伝説の幻獣である「ユニコーン」になぞらえて、企業価値評価額の高いスタートアップを評する言葉、「ユニコーン企業」。アメリカや中国でその数が増え続けている一方で、日本では未だ、少ない状況にあります。そんななか、2022年5月にシリーズC+ラウンドで1億2,000万ドルを調達し、日本5社目のユニコーンと報じられた企業があります。それが創業からグローバルを視野に事業を営み、東京やバンコクなどアジア6カ国を拠点とするフィンテック企業、Opn株式会社です。 さらに資金調達と同時に、ビジョンと戦略を刷新。無駄を削ぎ落し、鋭さの増した同社の成功を支える組織とプロダクトの強み、次に目指す世界について、創業者であり、代表取締役CEOを務める長谷川 潤氏にお話を伺いました。

新社長はベイシアをどう「尖らせる」のか。ベイシア社長 相木孝仁氏に立教大学ビジネススクール田中道昭教授が迫る【前編】

新社長はベイシアをどう「尖らせる」のか。ベイシア社長 相木孝仁氏に立教大学ビジネススクール田中道昭教授が迫る【前編】

ホームセンターのカインズにワークマン、東急ハンズなどをグループ会社に持つベイシアグループ。その中核をなすのが東日本をメインに展開する食品スーパー大手のベイシアです。広大なワンフロアの店舗で地域住民のニーズに応える圧倒的品揃えと価格を実現し、その動向は常に業界内での注目を集めています。今回の対談では、立教大学ビジネススクールの田中道昭教授と、今年7月にベイシアの新社長に就任された相木孝仁氏の二人が、新体制となったベイシアの独自戦略について意見を交わします。 前編は相木社長の経歴と社長就任までの経緯、ベイシアグループが標榜する「ハリネズミ経営」、高品質なプライベートブランド(PB)の開発および販売戦略、今後の出店戦略などについてお話をうかがいます。

【徹底解説】「X to Earn」とは何か。誰もがゲームや遊びで稼げる時代は来る!? DEA創業者に聞く<前編>

【徹底解説】「X to Earn」とは何か。誰もがゲームや遊びで稼げる時代は来る!? DEA創業者に聞く<前編>

YouTubeに代表される動画投稿サイトなど、個人が発信することのできるツールの出現により、好きなことをして稼ぐための選択肢は増えています。そして現在、ゲームや徒歩、勉強さらには睡眠をするだけで稼ぐことのできる「X to Earn」というムーブメントが生まれつつあります。「ゲームで遊んで稼ぐ」なんてことが本当に可能なのか? 多くの人が抱える疑問について今回お答えいただくのは、Digital Entertainment Asset Pte.Ltd.(以下、DEA)のFounder & Co-CEOの山田 耕三氏。インタビュー前編では「X to Earn」の仕組みと種類、今後の可能性など、未だ発展途上の新しい経済圏について根ほり葉ほりお話を伺いました。

変革を求められる小売業界。「スーパーを超えていく」ベイシアの小売DX戦略とは。ベイシア新社長 相木孝仁氏×立教大学ビジネススクール田中道昭教授【後編】

変革を求められる小売業界。「スーパーを超えていく」ベイシアの小売DX戦略とは。ベイシア新社長 相木孝仁氏×立教大学ビジネススクール田中道昭教授【後編】

ホームセンターのカインズにワークマン、東急ハンズなどをグループ会社に持つベイシアグループ。その中核をなすのが東日本をメインに展開する食品スーパー大手のベイシアです。広大なワンフロアの店舗で地域住民のニーズに応える圧倒的品揃えと価格を実現し、その動向は常に業界内での注目を集めています。今回の対談では、立教大学ビジネススクールの田中道昭教授と、今年7月にベイシアの新社長に就任された相木孝仁氏の二人が、新体制となったベイシアの独自戦略について意見を交わします。 後編は相木社長が抱く野望と「メガSPA & DX小売」の概要、ベイシアが従業員に求めるオーナーシップのあり方、そして小売DXの中核を占めるネットスーパーとeコマース戦略についてお話をうかがいます。

「8割以上の精度で、赤ちゃんが泣く理由が判明」CES2021イノベーションアワード受賞。注目の日本発ベビーテック企業とは

「8割以上の精度で、赤ちゃんが泣く理由が判明」CES2021イノベーションアワード受賞。注目の日本発ベビーテック企業とは

テクノロジーの力で子育てを変えていく。そんなミッションを掲げ、泣き声診断アプリや赤ちゃん向けスマートベッドライトなど、画期的なプロダクトを世に送り出してきたファーストアセント社。「CES2021 Innovation Awards」を受賞するなど、世界的に注目を集めるベビーテック企業である同社の強さの秘密とは。服部 伴之代表にお話を伺いました。

中国EV市場を席巻する、三大新興メーカーを徹底分析。脅威の中国EVメーカー最新事情・後編【中国デジタル企業最前線】

中国EV市場を席巻する、三大新興メーカーを徹底分析。脅威の中国EVメーカー最新事情・後編【中国デジタル企業最前線】

中国企業の最新動向から、DXのヒントを探っていく本連載。今回は、ガソリン車に代わるモビリティとして期待が高まるEV(Electric Vehicle=電気自動車)と、その核とも言える自動運転技術で世界をリードする中国の強さに迫ります。前編では「EV先進国」の名を欲しいままにしているその理由を、国の政策や技術の面から探ってきました。後編となる今回は、自動車産業に参入してきた新興メーカー3社を紹介するとともに、日本の立ち位置の考察、中国が抱える課題を話題に進めていきます。

世界のMaaS先進事例7選。鉄道・バス・タクシーなど交通手段を統合したサブスクモデルも!

世界のMaaS先進事例7選。鉄道・バス・タクシーなど交通手段を統合したサブスクモデルも!

国内でMaaS(Mobility as a Service)実証が活発化している。新たな交通社会を見据え、既存の交通サービスの在り方を見直す変革の時期を迎えているのだ。 交通社会は今後どのように変わっていくのか。MaaSの基礎知識について解説した上で、海外のMaaSに関する事例を参照し、その変化の方向性を探っていこう。

大手各社が黒字化に苦悩するネットスーパーとイトーヨーカ堂のコミュニティ戦略に迫る。イトーヨーカ堂 山本哲也社長×立教大学ビジネススクール田中道昭教授【後編】

大手各社が黒字化に苦悩するネットスーパーとイトーヨーカ堂のコミュニティ戦略に迫る。イトーヨーカ堂 山本哲也社長×立教大学ビジネススクール田中道昭教授【後編】

2020年、創業100周年を迎えた株式会社イトーヨーカ堂。ロシアのウクライナ侵攻に、進む円高と物価高など厳しい経済状況の中、今年3月に社長に就任した山本哲也氏は「信頼と誠実」を掲げ、商売の原点に立ち返ることを標榜しています。イトーヨーカドーはどのように変わるのか? これからの時代のスーパーに求められる形とは? 立教大学ビジネススクールの田中道昭教授との対談をお届けします。 後編は総合スーパーならではの売り場づくりの工夫、各社が黒字化に苦悩するネットスーパー戦略、イトーヨーカドーが目指す地域インフラの姿、社会課題の解決についてお話をうかがいます。

イトーヨーカドーの未来を左右する、新社長の店舗・組織変革の勝算。イトーヨーカ堂社長 山本哲也氏に立教大学ビジネススクール田中道昭教授が迫る【前編】

イトーヨーカドーの未来を左右する、新社長の店舗・組織変革の勝算。イトーヨーカ堂社長 山本哲也氏に立教大学ビジネススクール田中道昭教授が迫る【前編】

2020年、創業100周年を迎えた株式会社イトーヨーカ堂。ロシアのウクライナ侵攻に、進む円高と物価高など厳しい経済状況の中、今年3月に社長に就任した山本哲也氏は「信頼と誠実」を掲げ、商売の原点に立ち返ることを標榜しています。イトーヨーカドーはどのように変わるのか? これからの時代のスーパーに求められる形とは? 立教大学ビジネススクールの田中道昭教授との対談をお届けします。 前編は山本社長が社長に就任した経緯、2000年以降業績が落ち込んだ原因の分析、そして現在進行中の新しい売り場づくりの施策などについてお話をうかがいます。

マンガアプリ世界NO.1。急成長市場の覇権を握る「ピッコマ」の戦略

マンガアプリ世界NO.1。急成長市場の覇権を握る「ピッコマ」の戦略

8万以上タイトルの人気マンガやノベルを取り扱い、累計ダウンロード数は3,000万を超える電子マンガ・ノベルサービスの「ピッコマ」。サービス開始は2016年4月という後発ながら、23時間待てば一話を無料で読める「待てば¥0」サービスを他社に先駆けて導入するなど、新しい試みを積極的に取り入れ業界トップに君臨しています。短期間でピッコマが躍進を遂げた理由から、従来のマンガに代わる新しい表現形式である「SMARTOON」の魅力、今後のグローバル展開について、株式会社カカオピッコマ常務執行役員の熊澤 森郎氏にお話を伺いました。

「8割以上の精度で、赤ちゃんが泣く理由が判明」CES2021イノベーションアワード受賞。注目の日本発ベビーテック企業とは

「8割以上の精度で、赤ちゃんが泣く理由が判明」CES2021イノベーションアワード受賞。注目の日本発ベビーテック企業とは

テクノロジーの力で子育てを変えていく。そんなミッションを掲げ、泣き声診断アプリや赤ちゃん向けスマートベッドライトなど、画期的なプロダクトを世に送り出してきたファーストアセント社。「CES2021 Innovation Awards」を受賞するなど、世界的に注目を集めるベビーテック企業である同社の強さの秘密とは。服部 伴之代表にお話を伺いました。

世界のMaaS先進事例7選。鉄道・バス・タクシーなど交通手段を統合したサブスクモデルも!

世界のMaaS先進事例7選。鉄道・バス・タクシーなど交通手段を統合したサブスクモデルも!

国内でMaaS(Mobility as a Service)実証が活発化している。新たな交通社会を見据え、既存の交通サービスの在り方を見直す変革の時期を迎えているのだ。 交通社会は今後どのように変わっていくのか。MaaSの基礎知識について解説した上で、海外のMaaSに関する事例を参照し、その変化の方向性を探っていこう。

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

「ユニコーン企業」ーー企業価値の評価額が10億ドル以上で設立10年以内の非上場企業を、伝説の一角獣になぞらえてそう呼ぶ。該当する企業は、ユニコーンほどに珍しいという意味だ。かつてのfacebookやTwitter、現在ではUberがその代表と言われている。この連載では、そんな海外のユニコーン企業の動向をお届けする。今回は欧米を中心に注目されている「代替肉」を扱う「インポッシブル・フーズ」を紹介する。

中国EV市場を席巻する、三大新興メーカーを徹底分析。脅威の中国EVメーカー最新事情・後編【中国デジタル企業最前線】

中国EV市場を席巻する、三大新興メーカーを徹底分析。脅威の中国EVメーカー最新事情・後編【中国デジタル企業最前線】

中国企業の最新動向から、DXのヒントを探っていく本連載。今回は、ガソリン車に代わるモビリティとして期待が高まるEV(Electric Vehicle=電気自動車)と、その核とも言える自動運転技術で世界をリードする中国の強さに迫ります。前編では「EV先進国」の名を欲しいままにしているその理由を、国の政策や技術の面から探ってきました。後編となる今回は、自動車産業に参入してきた新興メーカー3社を紹介するとともに、日本の立ち位置の考察、中国が抱える課題を話題に進めていきます。

Facebookも注目の「メタバース」とは何か? スマホ向けメタバース「REALITY」のDJ RIO氏に聞く

Facebookも注目の「メタバース」とは何か? スマホ向けメタバース「REALITY」のDJ RIO氏に聞く

Facebookが社名を変更し、中核事業に据えるほど力を入れる「メタバース」。2021年8月にはグリー株式会社が、今後2~3年で100億円規模の事業投資を行い、グローバルで数億ユーザーを目指すと発表しましたが、その中核を担うのが、グリー株式会社の子会社であり、これまでバーチャルライブ配信アプリを手がけてきたREALITY株式会社です。今回は、そんな同社の代表を務めるDJ RIO氏にインタビュー。そもそもメタバースとは何なのか。なぜこんなにも注目が集まっているのか。メタバースは、世界のあり方をどのように変えるのか。メタバース初心者のビジネスパーソンには必読のインタビューです。

デジタル戦略で生まれ変わるカインズ。ホームセンターからIT小売企業への変遷の軌跡【前編】

デジタル戦略で生まれ変わるカインズ。ホームセンターからIT小売企業への変遷の軌跡【前編】

生産労働人口の減少を受け、日本企業はいよいよ生き残りをかけたデジタル化に取り組まなければいけないと言われるフェーズに入ってきました。とはいえ、それができている企業とそうでない企業との差が激しくなっているのも現状です。 そんななか、ホームセンター大手カインズでは、40年かけて積み重ねてきたホームセンターとしてのあり方を見直し、IT小売企業として生まれ変わろうとしています。カインズでデジタル戦略本部長を務め、戦略の指揮をとる池照 直樹氏に、同社のデジタル戦略についてお話を伺いました。 前編は、カインズがどのようにしてデジタル化を実現させていったのか、具体的な取り組みを交えてお届けします。