ARとは?仕組みからARを活用したサービスまで紹介します

近年テレビやネットでよく耳にする「AR」という言葉。なんとなく意味はわかるけれど、具体的にはどのようなもので、どのようなものに活用されているのかなど、詳しくは知らないという方も多いかもしれません。

ここでは、ARの概念や仕組みから、ARが私たちの生活やビジネスにどのように活用されているかまでを解説します。

そもそもARとは?

Augmented Realityの略称で、日本語では「拡張現実」と表現されるAR。では、拡張現実とは一体どのようなものなのでしょうか?ARの仕組みや種類、ARと並びよく耳にするVRとの違いについて解説します。

ARの仕組み

ARとは前述した通り、拡張現実のことを指します。つまり、私たちが今見ている現実世界の情報に、デジタルの情報をプラスし、拡張することで、新たな空間を生み出すという技術がARです。

ARの種類

ARはその認識方法などにより、以下のような3つの種類に分けることができます。

①ロケーションベースAR
ロケーションベースARは自分のデバイスの位置を取得することで、それに応じたデジタル情報をカメラを通して映る現実世界の情報に合成して表示する技術です。位置情報の特定にGPSや、前後の傾きを特定する加速度センサー、向いている方位情報を特定する電子コンパスなどを利用することから位置情報型とも呼ばれ、地図などのナビゲーションサービスや観光情報などを提供するサービス等で多く活用されています。

②ビジョンベースAR
ビジョンベースARは、画像認識型ARとも呼ばれ、目の前の情報や環境にデジタル情報を合成、表示する技術のことです。ビジョンベースARはさらに「マーカー型」と「マーカーレス型」の2種類に分類することができます。特定のマーカーを認識することで付加情報を表示させるのがマーカー型で、認識率の高いのが特徴です。もう一方のマーカーレス型は特定のマーカーを必要とせず、イラストや静止画、製品などを読み取って、付加情報を表示させる技術で、マーカー型と比較して自由度が高いのが特徴です。ビジョンベースARはこのような特徴を生かし、広告や、商品パッケージなど企業や商品のプロモーションなどに幅広く使われています。

③SLAM(スラム)
SLAMはSimultaneously Localization and Mappingの略称で、自己位置の推定と環境地図の作成を同時に行う技術のことを指します。つまり、カメラに映し出される映像やセンサーの値などをリアルタイムに処理することで、自分の現在地を予測しながら、周辺の地図を作成していくことができるということです。SLAMによって、特定のマーカーがなくても、床や壁、障害物などを検知することができ、3次元的に空間処理することが可能になります。
私たちの身近にあるものでは、お掃除ロボットや自動運転技術などにSLAMが活用されています。

VRとはどう違う?

VRはVirtual Realityの略称で、日本語では「仮想現実」と称されます。現実の世界にデジタルの情報をプラスすることで、新たな空間を生み出すARに対し、VRは現実のようなリアリティのあるバーチャル空間を生み出す技術のことを指します。

つまり、あくまでも現実世界を基点として、そこに情報を付加するのがARであり、様々な形で作成されたリアルな仮想空間にユーザーが飛び込み、本当にある世界と同じように行動や体験ができるのがVRであると言えます。

実はこんなところにも!私たちの身近にあるAR活用サービス

私たちの身近にもARを活用したサービスはたくさん存在しています。ここでは、日常生活やショッピングなどの場で活用されているARサービスについてご紹介します。

ARナビゲーション

日常的に使用している人も多いであろう地図アプリにも実はARを使ったナビゲーション機能が搭載されています。
徒歩での移動の際、目的地を入力し、ARナビゲーションを起動させると、スマホのカメラが映す周辺画像内に、目的地への方向や経路が矢印で表示されたり、写っている道路などの名前が表示されたりします。
GPS機能の精度向上や音声認識機能の発達により、使い勝手の良さも飛躍的に上がっている注目のサービスです。

ARで家具設置シミュレーション

家具メーカーでは、自宅にいながら、家具の設置シミュレーションできるARアプリを提供しています。気になる家具を選択し、設置したい場所で画面をタップすると原寸大にサイズが調整され、設置イメージを確認することができます。サイズの確認や色の確認が自宅で簡単にできることから、家具購入の際に懸念される、サイズが合わない、思っていたものと違うといったようなミスマッチを防ぐことに役立っています。
複数の家具を同時に設置することも可能なので、部屋のコーディネートを考える際にも活用されています。

ARでバーチャルフィッティング

米国のメガネブランドでは、3Dマッピング機能を活用し、自宅にいながらメガネの試着ができるアプリを導入しました。自分の気に入ったメガネを選択し、フロントカメラに自分の顔を映し出すことでARでメガネの試着をすることができます。AR画像は細かなところまで精巧に作られており、顔を前後左右に動かしても、メガネを試着した自分の姿を確認することができます。正面からだけなく、まるで本当に試着をしているように様々な角度から商品を確認することができるため、ネットショッピングユーザーからも支持を得ています。

働き方が変わる?様々な業界で導入が進むAR技術

ARは日常生活の場だけでなく、ビジネスの現場でも続々と導入が進んでいます。働き方改革の一躍を担う可能性も秘めたAR。ARが各業界でどのように活用されているかについて解説します。

流通・物流業界

実際の作業現場でARが積極的に活用されている業界の1つとして挙げることができるのが流通・物流業界です。
流通・物流業界の現場で行われるピッキング業務は、スピードと正確性が求められる作業でありながら、無駄な作業時間がかかったり、ミスや手違いなどが発生しやすいという問題を抱えていました。
この問題の解決策として導入が進んでいるのがARグラスです。ARグラスに指示書や、自分が収集すべき商品の位置情報や導線が表示されることでミスの軽減や作業時間の短縮が期待されています。実際にARグラスを導入している企業では、15%の作業効率化を実現したという事例もあるそうです。

製造業

人手不足が懸念させる製造業の現場では、教育やトレーニングにARの導入が進んでします。
機械の点検方法や作業手順を学ぶための教育やトレーニングにARを活用することで、作業を正確に理解することができ、より短時間で現場に慣れることが可能になります。
また、今度さらに増えるであろう外国人の労働者への教育やトレーニングにもARは有用であると考えられています。まさに、座学より実務の経験が求められる製造の現場にはARは最適のツールであると言えます。

医療分野

医療分野では特に、手術やトレーニングの場でARを活用したソリューションが生み出されています。
例えば、今まで見にくかった手術中の患者の血流の映像を、ARを用いて鮮明に表示させるといった技術や、遠隔地にいる医師が手術を執刀する医師にAR上で指示を出すことができる技術など、これからの医療をさらに向上させるような技術が次々と開発導入されています。

ARで未来が変わる!?ますます進化するARに注目

日常生活はもちろん、ビジネスや医療など様々な業界で導入が進むAR。ARを活用したサービスやソリューションは今後さらに増え続けることが予想されます。私たちの生活をより豊かにしたり、より効率的で自由な働き方を実現する可能性のあるARの未来に注目です。

人気記事

Facebookも注目の「メタバース」とは何か? スマホ向けメタバース「REALITY」のDJ RIO氏に聞く

Facebookも注目の「メタバース」とは何か? スマホ向けメタバース「REALITY」のDJ RIO氏に聞く

Facebookが社名を変更し、中核事業に据えるほど力を入れる「メタバース」。2021年8月にはグリー株式会社が、今後2~3年で100億円規模の事業投資を行い、グローバルで数億ユーザーを目指すと発表しましたが、その中核を担うのが、グリー株式会社の子会社であり、これまでバーチャルライブ配信アプリを手がけてきたREALITY株式会社です。今回は、そんな同社の代表を務めるDJ RIO氏にインタビュー。そもそもメタバースとは何なのか。なぜこんなにも注目が集まっているのか。メタバースは、世界のあり方をどのように変えるのか。メタバース初心者のビジネスパーソンには必読のインタビューです。

「8割以上の精度で、赤ちゃんが泣く理由が判明」CES2021イノベーションアワード受賞。注目の日本発ベビーテック企業とは

「8割以上の精度で、赤ちゃんが泣く理由が判明」CES2021イノベーションアワード受賞。注目の日本発ベビーテック企業とは

テクノロジーの力で子育てを変えていく。そんなミッションを掲げ、泣き声診断アプリや赤ちゃん向けスマートベッドライトなど、画期的なプロダクトを世に送り出してきたファーストアセント社。「CES2021 Innovation Awards」を受賞するなど、世界的に注目を集めるベビーテック企業である同社の強さの秘密とは。服部 伴之代表にお話を伺いました。

評価額4.5兆円の最強ユニコーン企業Canvaが目指す、デザインの民主化

評価額4.5兆円の最強ユニコーン企業Canvaが目指す、デザインの民主化

Webサイトやポスターの制作から、プレゼン資料やSNS投稿画像の作成まで、私たちの身の周りはさまざまなクリエイティブであふれるようになりました。デザインはもはや、クリエイターの域に留まらず、あらゆる人にとってごく日常的なものになりつつあります。 こうした世界の実現を加速させている企業が、オーストラリア発のスタートアップ「Canva(キャンバ)」。この企業がいま、 “世界でもっとも評価される未上場企業” “世界最速で成長を遂げる企業”との称号のもと、方々から熱視線を受けています。 同社は2013年の創業以来、ブラウザベースのデザインプラットフォームを運営。デバイスを選ばない簡便性、直感的な操作性、そして豊富なテンプレート数を呼び水にユーザー数を伸ばし続け、いまや月間7,500万人(2021年4月現在)のアクティブユーザーを有するまでに。なお、日本では2017年よりサービスをスタートしています。

100人100通りの働き方を実現するには「自立と議論」が必須。サイボウズ社長 青野慶久氏と立教大学ビジネススクール田中道昭教授が考える多様性の時代【前編】

100人100通りの働き方を実現するには「自立と議論」が必須。サイボウズ社長 青野慶久氏と立教大学ビジネススクール田中道昭教授が考える多様性の時代【前編】

勤務場所も労働時間もすべて社員の裁量に任せ、副業も可能。サイボウズは100人100通りの働き方を実現するべく、率先して働き方改革に取り組んでいます。コロナ前よりリモートワークを実施していたことでも知られ、現在の出社率はわずか10数%ほど。しかし、その自由な働き方は責任と表裏一体であることも事実です。サイボウズ株式会社の代表取締役社長を務める青野 慶久氏が考える多様性や自由と責任について、立教大学ビジネススクール田中道昭教授がお話を伺います。

デジタル時代に銀行はどう生き残るのか【みんなの銀行 横田氏×GMOあおぞらネット銀行  金子氏】

デジタル時代に銀行はどう生き残るのか【みんなの銀行 横田氏×GMOあおぞらネット銀行 金子氏】

金融再編、異業種からの金融業参入、DX加速――。銀行を取り巻く環境は、目まぐるしさを増すばかりです。この変化の激しさは、おおよそ150年前、日本に銀行が生まれて以来の大きなうねりとも言えるでしょう。金融業界にもグローバルの視点が欠かせなくなったいま、日本の銀行がさらなる飛躍と進化を遂げていくためには、どのような心構えで臨む必要があるのでしょうか。 今回、ふくおかフィナンシャルグループ傘下であり、日本初のデジタルバンクとして2021年5月にサービスをスタートした、株式会社みんなの銀行 取締役頭取である横田 浩二氏と、「No.1テクノロジーバンク」を標ぼうし、既存銀行にはない革新的なサービスを矢継ぎ早に生み出し続けている、GMOあおぞらネット銀行株式会社 代表取締役会長 金子 岳人氏の対談が実現。長い歴史とドメスティックな環境で閉ざされてきた日本の銀行に風穴を開けようとするお二人に、未来型の銀行について語っていただきました。

世界のMaaS先進事例7選。鉄道・バス・タクシーなど交通手段を統合したサブスクモデルも!

世界のMaaS先進事例7選。鉄道・バス・タクシーなど交通手段を統合したサブスクモデルも!

国内でMaaS(Mobility as a Service)実証が活発化している。新たな交通社会を見据え、既存の交通サービスの在り方を見直す変革の時期を迎えているのだ。 交通社会は今後どのように変わっていくのか。MaaSの基礎知識について解説した上で、海外のMaaSに関する事例を参照し、その変化の方向性を探っていこう。

【Netflix徹底解剖】Netflix4.0、世界最先端のDX戦略を追う

【Netflix徹底解剖】Netflix4.0、世界最先端のDX戦略を追う

全世界での有料会員数が2億人を突破。飛ぶ鳥を落とす勢いで快進撃を続ける企業、Netflix。現在の利用者の中には、彼らの事業が店舗を持たないDVDオンライン郵送サービスからスタートしたことを知らない人もいるかもしれません。1997年、小さなスタートアップ企業として創業したNetflixはその後、DVDレンタルのサブスクリプション、動画ストリーミング配信のサブスクリプション、そして動画オリジナルコンテンツの配信と、デジタルを基盤に着実にビジネスを変革し、今や皆さんご存知の通り、デジタルコンテンツプラットフォームの王者へと成長を遂げています。今回の「世界最先端のデジタルシフト戦略」vol.4では、そのビジネストランスフォーメーションの変遷を立教大学ビジネススクール 田中道昭教授に徹底解剖していただきます。小さなスタートアップ企業であったNetflixがいかに王者となれたのか。その変革の奥にある秘訣とは。DXに取り組む日本企業も見習うべき一貫した姿勢に迫ります。

コロナ禍でラジオが復権!? 民放ラジオ業界70年の歴史を塗り替えたradiko(ラジコ)の「共存共栄型 DX」とは

コロナ禍でラジオが復権!? 民放ラジオ業界70年の歴史を塗り替えたradiko(ラジコ)の「共存共栄型 DX」とは

Clubhouseをはじめ、新勢力が次々と参入し、拡大を見せる音声コンテンツ市場。その中で、民放開始から70年の歴史に「大変革」を巻き起こしているのが“ラジオ”です。放送エリアの壁を取り払う、リアルタイムでなくても番組を聴けるようにするといった機能で、ラジオをデジタル時代に即したサービスに生まれ変わらせたのは、PCやスマートフォンなどで番組を配信する『radiko(ラジコ)』。今回は、株式会社radiko 代表取締役社長の青木 貴博氏に、現在までのデジタルシフトの歩みと将来の展望について、お話を伺いました。

デジタル戦略で生まれ変わるカインズ。ホームセンターからIT小売企業への変遷の軌跡【前編】

デジタル戦略で生まれ変わるカインズ。ホームセンターからIT小売企業への変遷の軌跡【前編】

生産労働人口の減少を受け、日本企業はいよいよ生き残りをかけたデジタル化に取り組まなければいけないと言われるフェーズに入ってきました。とはいえ、それができている企業とそうでない企業との差が激しくなっているのも現状です。 そんななか、ホームセンター大手カインズでは、40年かけて積み重ねてきたホームセンターとしてのあり方を見直し、IT小売企業として生まれ変わろうとしています。カインズでデジタル戦略本部長を務め、戦略の指揮をとる池照 直樹氏に、同社のデジタル戦略についてお話を伺いました。 前編は、カインズがどのようにしてデジタル化を実現させていったのか、具体的な取り組みを交えてお届けします。

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

「ユニコーン企業」ーー企業価値の評価額が10億ドル以上で設立10年以内の非上場企業を、伝説の一角獣になぞらえてそう呼ぶ。該当する企業は、ユニコーンほどに珍しいという意味だ。かつてのfacebookやTwitter、現在ではUberがその代表と言われている。この連載では、そんな海外のユニコーン企業の動向をお届けする。今回は欧米を中心に注目されている「代替肉」を扱う「インポッシブル・フーズ」を紹介する。

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

「ユニコーン企業」ーー企業価値の評価額が10億ドル以上で設立10年以内の非上場企業を、伝説の一角獣になぞらえてそう呼ぶ。該当する企業は、ユニコーンほどに珍しいという意味だ。かつてのfacebookやTwitter、現在ではUberがその代表と言われている。この連載では、そんな海外のユニコーン企業の動向をお届けする。今回は欧米を中心に注目されている「代替肉」を扱う「インポッシブル・フーズ」を紹介する。

「8割以上の精度で、赤ちゃんが泣く理由が判明」CES2021イノベーションアワード受賞。注目の日本発ベビーテック企業とは

「8割以上の精度で、赤ちゃんが泣く理由が判明」CES2021イノベーションアワード受賞。注目の日本発ベビーテック企業とは

テクノロジーの力で子育てを変えていく。そんなミッションを掲げ、泣き声診断アプリや赤ちゃん向けスマートベッドライトなど、画期的なプロダクトを世に送り出してきたファーストアセント社。「CES2021 Innovation Awards」を受賞するなど、世界的に注目を集めるベビーテック企業である同社の強さの秘密とは。服部 伴之代表にお話を伺いました。

世界のMaaS先進事例7選。鉄道・バス・タクシーなど交通手段を統合したサブスクモデルも!

世界のMaaS先進事例7選。鉄道・バス・タクシーなど交通手段を統合したサブスクモデルも!

国内でMaaS(Mobility as a Service)実証が活発化している。新たな交通社会を見据え、既存の交通サービスの在り方を見直す変革の時期を迎えているのだ。 交通社会は今後どのように変わっていくのか。MaaSの基礎知識について解説した上で、海外のMaaSに関する事例を参照し、その変化の方向性を探っていこう。

デジタル戦略で生まれ変わるカインズ。ホームセンターからIT小売企業への変遷の軌跡【前編】

デジタル戦略で生まれ変わるカインズ。ホームセンターからIT小売企業への変遷の軌跡【前編】

生産労働人口の減少を受け、日本企業はいよいよ生き残りをかけたデジタル化に取り組まなければいけないと言われるフェーズに入ってきました。とはいえ、それができている企業とそうでない企業との差が激しくなっているのも現状です。 そんななか、ホームセンター大手カインズでは、40年かけて積み重ねてきたホームセンターとしてのあり方を見直し、IT小売企業として生まれ変わろうとしています。カインズでデジタル戦略本部長を務め、戦略の指揮をとる池照 直樹氏に、同社のデジタル戦略についてお話を伺いました。 前編は、カインズがどのようにしてデジタル化を実現させていったのか、具体的な取り組みを交えてお届けします。