電話一本、わずか20秒で「認知症疑い」を判定。AIで「認知症対策」はどう変わるのか

9月21日の世界アルツハイマーデーにサービスの提供を開始した「脳の健康チェックフリーダイヤル」。「0120-468354」に電話をして、日付と年齢を答えるだけで、AIが自動的に認知機能の状態を判定してくれます。判定に必要な時間は約20秒で、その精度は93%。このプロジェクトの立役者が、NTTコミュニケーションズのビジネスソリューション本部 第一ビジネスソリューション部に所属する武藤 拓二氏です。自身の祖父母が認知症の患者になった経験からこのサービスを思い立ったという同氏に、誕生の経緯からパートナー企業との共創の形、目指す未来の姿についてお話を伺いました。

ざっくりまとめ

- 「脳の健康チェックフリーダイヤル」は、武藤氏の祖父母が認知症を患った経験から開発がスタート。電話をかけて日付と年齢を発話するだけで、AIが認知症の疑い有無を20秒程度で判定。

- 単体でのサービス提供だけでなく、介護施設、タクシー会社、金融機関との共創を進め、多方面から認知症の予防や早期発見を目指す。

- 今後は軽度認知症のさらに前の段階である「軽度認知障害」の疑いも発見できるよう開発を進めていく。

電話一本、わずか20秒で認知症の疑いの有無をチェック

――「脳の健康チェックフリーダイヤル」開発のきっかけは、武藤さんの実体験が元になっているそうですが、詳しく教えてください。

私の祖父母が認知症になったことが大きなきっかけです。最初は父親が祖父を介護していたのですが、症状が進行することで父親すらも認識できなくなり、最終的には会話、意思疎通もままならない状態になってしまいました。祖母は70代の後半になっても地域コミュニティーセンターのイベントに積極的に参加し、周囲の方と交流するような社交的な性格でしたが、認知症になったあとは、ひ孫を連れて行っても覚えてくれず、認知症によって老後を幸せな記憶で満たすことができず、ただ消化しているように感じ、心の痛みを抱えた時期がありました。

認知症は早期発見であれば症状の進行を遅らせることができるといわれています。認知症で大変な思いをする人が少しでも減るように、いつでも気軽にチェックできるサービスとして、「脳の健康チェックフリーダイヤル」は生まれました。

――日付と年齢を答えれば20秒ほどでAIが認知症の疑いがあるか否かを判定してくれるとのことですが、どのような仕組みになっているのでしょうか?

まず、日付が合っているかどうかを判定します。医療機関で認知症の診断に使われている「長谷川式認知症スケール」というテストでは20問ほどの質問がありますが、そのなかでも「時間見当識」という当日の日付を答えられるかどうかという点が重視されています。そして、日付と年齢を答えるときの声の特徴も見ています。具体的には音圧や音の揺れ、発声のよどみなどですね。そういった情報から認知症の疑いがあるかどうかを判別するテクノロジーを用いています。

――電話で簡単な質問に答えるだけで93%の精度はすごいですね。電話形式にしたのは、やはり高齢者のことを考えてのことでしょうか?

高齢の方にも気軽に使っていただきたかったので、アプリやWeb上のサービスではなく電話にこだわりました。ダウンロードや事前の登録も不要で、自宅の固定電話でも携帯電話でも気軽に使えるサービスを目指しました。多くの方に使ってもらうため、まずは最小限の機能でリリースをしています。

――利用者の年齢や性別などの傾向はどうなっていますか?

チェック時に日付と年齢を答えていただいているので、今のところはその属性のみ取得できています。ただ、マーケットリサーチをするためにお客さまの情報を取得するという意図はありません。まずは、誰でも気軽に「脳の健康チェックフリーダイヤル」を使っていただくことを優先しています。リリース前はサービスのニーズがどれほどあるのか不透明でしたが、9月から10月時点で40万回以上のコールをいただいています。

――40万コールというのは事前の予想と比べていかがでしょうか?

かなり多いですね。当初は半年で100万コールを目指していたので、約1ヶ月で40万回というのは想像以上です。体重計に乗るような気軽さで、脳の健康状態をチェックできるサービスがあれば、これだけ多くの方に使っていただけるということが分かりました。

――利用者からの声やフィードバックは届いているのでしょうか?

ありがたいことに、発表以降、200件を超えるお問い合わせをいただいています。約半数は個人のお客さまからで、利用してみてのご感想をはじめ、健康相談をされる方もおられ、認知症への関心の高さがうかがえます。また企業さまからもぜひ話を聞きたいといったお声を多数いただいています。サービスのリリース時に、認知症で不安になる方が一人でも減る社会を実現したい、という理念に共感いただけるパートナー企業を募ったところ、こちらも多数の企業からご賛同いただきました。

介護施設やタクシー会社、金融機関と連携して新たな価値を提供

――パートナー企業との協業について、どのような展開を考えられているのでしょうか?

まずは、介護施設やジムなどと連携することで、認知機能の低下を予見したり、認知症予防につなげることができます。タクシー業界との連携も考えています。ドライバーの方が乗車前にアルコールテストを実施するように、脳の健康もチェックすることでより安全性の高い運転につながるでしょう。あとは金融機関ですね。テレフォンバンキングのサービスでは口頭だけで取引ができますが、そこで利用者の判断能力を判定する際にも、「脳の健康チェックフリーダイヤル」は有効と考えております。

検討中ではありますが、いずれは電話で判定を待つ数十秒の間に、利用者が興味を持ちそうな企業のCMを流すことも考えています。また、自治体などが行う認知症の啓発活動にも組み込んでいただくことで、サービスの認知度を上げるような試みも思案中です。

――金融機関との連携というお話がありましたが、認知症になると資産が凍結されてしまうリスクもあるそうですね。

このまま認知症患者が増加すれば、2030年には215兆円の金融資産が凍結される可能性があるといわれております。3年後の2025年には患者数が730万人になると予想されています。これは2015年の525万人と比較すると、10年で40%増加する計算になります。待ったなしの状態ですね。高齢者は若年層よりも資産が多く、このままでは資産の流動性が低下してしまうので金融庁も課題として捉えているようです。

誰もが認知症の不安を取り除ける社会を目指して

――フリーダイヤルでのサービス提供は2023年の3月までは確定しているとのことですが、それ以降はどうなる予定でしょうか?

今後については二つのステップを考えています。手軽に脳の健康機能をチェックするサービスのニーズがあることが分かりましたので、第2のステップとしてさまざまなパートナー企業との協業を本格的に実施していきます。我々はこのサービス単体で何かを成し遂げられるとは思っていませんので、利用者の悩みを解決できるようなパートナー企業の存在が必須です。

第3のステップはサービス機能の拡充です。「脳の健康チェックフリーダイヤル」は、軽度認知症の疑いを判定するもので、医療行為ではありません。ご要望として、軽度認知症よりも前の段階を判断できるようになると嬉しいという声を多くいただいています。認知症の一歩手前の状態は「軽度認知障害」、もしくは「MCI(Mild Cognitive Impairment)」といわれており、この段階であれば運動やトレーニングなどの適切な処置を行うことで、回復する可能性があります。認知症は不可逆の病気なので完全に回復させることはできませんが、軽度認知障害はその限りではありません。認知症の手前の段階を発見できるようになれば、より認知症で不安になる個人や家族を減らせるでしょう。

――最後に、今後の展望について教えてください。

まずは、脳の健康チェックフリーダイヤルの機能をアップデートし、企業に対してSaaSのような形で提供できればと考えています。例えばタクシー業界では、乗車前に運転手の健康をチェックでき、さらに管理者が全体を把握できるダッシュボードの機能を持たせる、といったように、データの収集と分析の機能を持たせたSaaSでの提供を検討しています。

「脳の健康チェックフリーダイヤル」は白黒はっきりと判定するサービスではなくて、イメージしているのは体重計のような存在です。体重計に乗ることで自分の体調の変化や健康状態に気づくことができます。体重が増えたから運動をしようとか、食事を減らそうとか、ちょっとした行動の変化が起きます。我々が目指すのも利用後の行動変容となります。「脳の健康チェックフリーダイヤル」の精度を上げて医療機器にしたいわけではなく、毎日の体重測定のように認知症のチェックも生活習慣に組み込んでいきたいと考えています。

――誰もが気軽に脳の健康状態をチェックできる社会を見据えているんですね。

「認知機能が低下していると判定されたが、どうすればよいのか」といったお問い合わせも数多くいただいており、次のアクションに悩まれている個人のお客さまへの適切なご案内が求められていることを実感しています。現時点では認知症の疑いの有無のみの判定になりますが、いずれは介護施設や医療機関におつなぎしたり、パートナー企業のサービスと組み合わせて改善に向かう手助けをしたり、そういったサポートも拡充していく予定です。

多くの企業と会話するなかで実感したのは、深刻に高齢化の課題を受け止めて解決したいと考えている方が多いということです。マネタイズだけを重視するビジネスではなく、Win-Winを超えたような、理想に向かって共創するビジネスが生まれつつあると強く感じています。我々の理想とする社会の実現に向けて、新しい形のビジネスに育てていきたいと考えています。
武藤 拓二
NTTコミュニケーションズ株式会社 ビジネスソリューション本部
第一ビジネスソリューション部

入社より法人営業に従事。システム共通基盤提案を強みとし、複数の大型プロジェクトを手掛ける。金融戦略企画担当で営業戦略策定・推進業務を2年間経験。現在は金融機関向けの法人営業に従事。
一方、新規ビジネス創出チーム「人生100年」を部署横断で発足。40社を超える社外との意見交換を通じ、認知症にまつわる社会課題解決ニーズの高まりを実感。社会課題解決型BBX施策「脳の健康チェック」を共同発足、中核メンバとして参画。

人気記事

「組織としての自己変革にかける想いに共感し、みずほへ入社」。みずほFG執行役員 秋田夏実氏×立教大学ビジネススクール田中道昭教授【前編】

「組織としての自己変革にかける想いに共感し、みずほへ入社」。みずほFG執行役員 秋田夏実氏×立教大学ビジネススクール田中道昭教授【前編】

国内外の金融機関と前職のアドビを含め、主にマーケティングや広報領域で手腕を発揮してきた秋田夏実氏。2022年5月に入社したみずほフィナンシャルグループでは、これまでのキャリアから一新して、グループCPO(Chief People Officer)とグループCCuO(Chief Culture Officer)を務め、組織開発・D&I推進等と企業文化の改革に挑戦をしています。立教大学ビジネススクールの田中道昭教授とともに、これからの時代のキャリアと学びについて意見を交わしました。 前半は秋田氏のこれまでの経歴、アメリカのビジネススクールでのエピソード、みずほに入社を決めた理由などをうかがいます。

香りを言語化するAI。KAORIUMが切り拓くビジネスチャンス

香りを言語化するAI。KAORIUMが切り拓くビジネスチャンス

イメージする香りはあるけれど、その通りの香水をなかなか見つけられない。「甘口」「辛口」だけでは、自分好みの日本酒を選べない。セントマティック社が開発する「KAORIUM(カオリウム)」は、香りや風味を言語化することで、そんな悩みを解消してくれる最先端のAIシステムです。今回お話を伺ったのは、同社の代表取締役である栗栖俊治氏。なぜ香りの分野に注目したのか。ビジネスとしての香り市場の秘めたるポテンシャルとは。KAORIUMの活用で広がる可能性とは何か。世界も注目するその取り組みに迫ります。

創業3ヶ月で22億円超を調達。Relux創業者が背水の陣で挑む、海外旅行DX

創業3ヶ月で22億円超を調達。Relux創業者が背水の陣で挑む、海外旅行DX

コロナ禍で我々の生活は大きく変わりました。人とのコミュニケーション、働き方やライフスタイル、人生の価値観。これまで当たり前のように可能であった旅行もまた、さまざまな制限のなかで行われ、今後もこうした生活スタイルがしばらく続くことが予想されます。 そんななか、旅行・観光業界の多くの課題をデジタルの力を活用して解決し、これまでのスタイルを根底から変えていく「あたらしい旅行代理店」が誕生しました。その名も「令和トラベル」。そして創業したのは、宿泊予約サービス「Relux」を創業した篠塚 孝哉氏。この会社、創業3ヶ月でありながら22億円超を調達し、話題を集めています。なぜ今、海外旅行事業で起業するのか、目指していく「海外旅行業界のDX」とは何か、「あたらしい旅行代理店」が誕生することで生活者の旅行体験はどう変わるのか、篠塚氏にお話を伺いました。

中国EV市場を席巻する、三大新興メーカーを徹底分析。脅威の中国EVメーカー最新事情・後編【中国デジタル企業最前線】

中国EV市場を席巻する、三大新興メーカーを徹底分析。脅威の中国EVメーカー最新事情・後編【中国デジタル企業最前線】

中国企業の最新動向から、DXのヒントを探っていく本連載。今回は、ガソリン車に代わるモビリティとして期待が高まるEV(Electric Vehicle=電気自動車)と、その核とも言える自動運転技術で世界をリードする中国の強さに迫ります。前編では「EV先進国」の名を欲しいままにしているその理由を、国の政策や技術の面から探ってきました。後編となる今回は、自動車産業に参入してきた新興メーカー3社を紹介するとともに、日本の立ち位置の考察、中国が抱える課題を話題に進めていきます。

AIの思考を人間が助ける。AI領域で人気の職種「プロンプトエンジニア」とは何か

AIの思考を人間が助ける。AI領域で人気の職種「プロンプトエンジニア」とは何か

プロンプトエンジニアという言葉をご存知でしょうか。英語圏では2021年頃から盛り上がりを見せている職種の一つで、中国でも2022年の夏頃からプロンプトエンジニアの講座が人気を呼んでいます。今回は、プロンプトエンジニアとは何か、どうトレーニングすればよいのかについて、日本国内でプロンプトエンジニアの採用と教育を実施している株式会社デジタルレシピ 代表取締役の伊藤 新之介氏に解説していただきました。

企業文化の変革から始まる「みずほの挑戦」。みずほFG執行役員 秋田夏実氏×立教大学ビジネススクール田中道昭教授【後編】

企業文化の変革から始まる「みずほの挑戦」。みずほFG執行役員 秋田夏実氏×立教大学ビジネススクール田中道昭教授【後編】

国内外の金融機関と前職のアドビを含め、主にマーケティングや広報領域で手腕を発揮してきた秋田夏実氏。2022年5月に入社したみずほフィナンシャルグループでは、これまでのキャリアから一新して、グループCPO(Chief People Officer)とグループCCuO(Chief Culture Officer)を務め、組織と企業文化の改革に挑戦をしています。立教大学ビジネススクールの田中道昭教授とともに、企業に求められるダイバーシティとエクイティ、ジェンダー問題について意見を交わしました。 後編は秋田氏がグループCPOとして手がけてきた施策、みずほフィナンシャルグループが考えるダイバーシティとエクイティ、これからの企業と従業員の関係性についてお話をうかがいます。

世界のMaaS先進事例7選。鉄道・バス・タクシーなど交通手段を統合したサブスクモデルも!

世界のMaaS先進事例7選。鉄道・バス・タクシーなど交通手段を統合したサブスクモデルも!

国内でMaaS(Mobility as a Service)実証が活発化している。新たな交通社会を見据え、既存の交通サービスの在り方を見直す変革の時期を迎えているのだ。 交通社会は今後どのように変わっていくのか。MaaSの基礎知識について解説した上で、海外のMaaSに関する事例を参照し、その変化の方向性を探っていこう。

「8割以上の精度で、赤ちゃんが泣く理由が判明」CES2021イノベーションアワード受賞。注目の日本発ベビーテック企業とは

「8割以上の精度で、赤ちゃんが泣く理由が判明」CES2021イノベーションアワード受賞。注目の日本発ベビーテック企業とは

テクノロジーの力で子育てを変えていく。そんなミッションを掲げ、泣き声診断アプリや赤ちゃん向けスマートベッドライトなど、画期的なプロダクトを世に送り出してきたファーストアセント社。「CES2021 Innovation Awards」を受賞するなど、世界的に注目を集めるベビーテック企業である同社の強さの秘密とは。服部 伴之代表にお話を伺いました。

東芝の舵を取る新社長 島田太郎氏が見据える復権の鍵に、立教大学ビジネススクール田中道昭教授が迫る【前編】

東芝の舵を取る新社長 島田太郎氏が見据える復権の鍵に、立教大学ビジネススクール田中道昭教授が迫る【前編】

2022年3月に東芝の代表執行役社長 CEOに就任した島田太郎氏。デジタル分野のトップを務めた島田氏は、「東芝でデジタルが分かる初めての社長」として就任時から大きな注目を集めています。 昨年開催された「Digital Shift Summit 2021」では「日本企業がデジタルシフトでGAFAに打ち勝つ方法」というテーマの鼎談に立教大学ビジネススクールの田中道昭教授と、デジタルホールディングス代表取締役会長の鉢嶺登氏とともに参加し、東芝および日本企業の未来についての展望を語っています。 島田氏は、日本を代表する企業である東芝でどのような事業を強化し、どう舵取りをしていくのか。東芝が目指すDXの形や、プライバシーを最優先した次世代のデータビジネスとはどのようなものなのか? また、東芝および日本企業がGAFAに打ち勝つためにできることとは。社長に就任した島田社長が抱くビジョンに迫ります。 前編は島田氏が社長に就任してからの変化、東芝が手がけるスマートレシート躍進の理由と将来の展望、ナノエコノミーの可能性などについてお話をうかがいます。

日本5社目のユニコーンと報じられた「Opn」。世界を舞台に急成長を遂げるフィンテック企業の展望とは

日本5社目のユニコーンと報じられた「Opn」。世界を舞台に急成長を遂げるフィンテック企業の展望とは

伝説の幻獣である「ユニコーン」になぞらえて、企業価値評価額の高いスタートアップを評する言葉、「ユニコーン企業」。アメリカや中国でその数が増え続けている一方で、日本では未だ、少ない状況にあります。そんななか、2022年5月にシリーズC+ラウンドで1億2,000万ドルを調達し、日本5社目のユニコーンと報じられた企業があります。それが創業からグローバルを視野に事業を営み、東京やバンコクなどアジア6カ国を拠点とするフィンテック企業、Opn株式会社です。 さらに資金調達と同時に、ビジョンと戦略を刷新。無駄を削ぎ落し、鋭さの増した同社の成功を支える組織とプロダクトの強み、次に目指す世界について、創業者であり、代表取締役CEOを務める長谷川 潤氏にお話を伺いました。

「8割以上の精度で、赤ちゃんが泣く理由が判明」CES2021イノベーションアワード受賞。注目の日本発ベビーテック企業とは

「8割以上の精度で、赤ちゃんが泣く理由が判明」CES2021イノベーションアワード受賞。注目の日本発ベビーテック企業とは

テクノロジーの力で子育てを変えていく。そんなミッションを掲げ、泣き声診断アプリや赤ちゃん向けスマートベッドライトなど、画期的なプロダクトを世に送り出してきたファーストアセント社。「CES2021 Innovation Awards」を受賞するなど、世界的に注目を集めるベビーテック企業である同社の強さの秘密とは。服部 伴之代表にお話を伺いました。

世界のMaaS先進事例7選。鉄道・バス・タクシーなど交通手段を統合したサブスクモデルも!

世界のMaaS先進事例7選。鉄道・バス・タクシーなど交通手段を統合したサブスクモデルも!

国内でMaaS(Mobility as a Service)実証が活発化している。新たな交通社会を見据え、既存の交通サービスの在り方を見直す変革の時期を迎えているのだ。 交通社会は今後どのように変わっていくのか。MaaSの基礎知識について解説した上で、海外のMaaSに関する事例を参照し、その変化の方向性を探っていこう。

中国EV市場を席巻する、三大新興メーカーを徹底分析。脅威の中国EVメーカー最新事情・後編【中国デジタル企業最前線】

中国EV市場を席巻する、三大新興メーカーを徹底分析。脅威の中国EVメーカー最新事情・後編【中国デジタル企業最前線】

中国企業の最新動向から、DXのヒントを探っていく本連載。今回は、ガソリン車に代わるモビリティとして期待が高まるEV(Electric Vehicle=電気自動車)と、その核とも言える自動運転技術で世界をリードする中国の強さに迫ります。前編では「EV先進国」の名を欲しいままにしているその理由を、国の政策や技術の面から探ってきました。後編となる今回は、自動車産業に参入してきた新興メーカー3社を紹介するとともに、日本の立ち位置の考察、中国が抱える課題を話題に進めていきます。

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

「ユニコーン企業」ーー企業価値の評価額が10億ドル以上で設立10年以内の非上場企業を、伝説の一角獣になぞらえてそう呼ぶ。該当する企業は、ユニコーンほどに珍しいという意味だ。かつてのfacebookやTwitter、現在ではUberがその代表と言われている。この連載では、そんな海外のユニコーン企業の動向をお届けする。今回は欧米を中心に注目されている「代替肉」を扱う「インポッシブル・フーズ」を紹介する。

デジタル戦略で生まれ変わるカインズ。ホームセンターからIT小売企業への変遷の軌跡【前編】

デジタル戦略で生まれ変わるカインズ。ホームセンターからIT小売企業への変遷の軌跡【前編】

生産労働人口の減少を受け、日本企業はいよいよ生き残りをかけたデジタル化に取り組まなければいけないと言われるフェーズに入ってきました。とはいえ、それができている企業とそうでない企業との差が激しくなっているのも現状です。 そんななか、ホームセンター大手カインズでは、40年かけて積み重ねてきたホームセンターとしてのあり方を見直し、IT小売企業として生まれ変わろうとしています。カインズでデジタル戦略本部長を務め、戦略の指揮をとる池照 直樹氏に、同社のデジタル戦略についてお話を伺いました。 前編は、カインズがどのようにしてデジタル化を実現させていったのか、具体的な取り組みを交えてお届けします。

コロナ禍でラジオが復権!? 民放ラジオ業界70年の歴史を塗り替えたradiko(ラジコ)の「共存共栄型 DX」とは

コロナ禍でラジオが復権!? 民放ラジオ業界70年の歴史を塗り替えたradiko(ラジコ)の「共存共栄型 DX」とは

Clubhouseをはじめ、新勢力が次々と参入し、拡大を見せる音声コンテンツ市場。その中で、民放開始から70年の歴史に「大変革」を巻き起こしているのが“ラジオ”です。放送エリアの壁を取り払う、リアルタイムでなくても番組を聴けるようにするといった機能で、ラジオをデジタル時代に即したサービスに生まれ変わらせたのは、PCやスマートフォンなどで番組を配信する『radiko(ラジコ)』。今回は、株式会社radiko 代表取締役社長の青木 貴博氏に、現在までのデジタルシフトの歩みと将来の展望について、お話を伺いました。