トップインタビュー

個の時代に「信頼」が結びつける、仕事との新たな出会い「キャリアSNS『YOUTRUST』×コラボレーションSNS『Spready』対談(後編)」

SNSの普及は人と人との関係性を一変させただけではなく、人と企業の関係性にも大きな変化を及ぼしつつあります。国内でそうした流れを牽引してきたのが、キャリアSNS「YOUTRUST」とコラボレーションSNS「Spready」です。今回、それぞれのサービスを提供する岩崎 由夏氏(株式会社YOUTRUST 代表取締役CEO)と佐古 雅亮氏(Spready株式会社 代表取締役)による、異例のトップ対談が実現。後編では、コロナ禍における環境の変化、キャズムを乗り越えるための次なる打ち手、さらには採用マーケットの未来からプラットフォーマーの倫理観まで、幅広い射程でお話を伺いました。

ざっくりまとめ

- コロナ禍を追い風に、両社とも大きな成長を実現。次なる課題は、キャズムをいかに超えるか。

- 個人の人柄や生き方こそが、評価される時代に。プラットフォーマーには倫理観が求められる。

- YOUTRUSTは「脱・採用サービス」、Spreadyは地方中小企業への普及で、さらなる成長を。

コロナ禍による価値観の変化が、成長の追い風に

——両社とも創業から1年ほどでコロナ禍に見舞われたわけですが、事業への影響はいかがでしたか?

佐古:最初はピタリと法人ユーザーの利用が止まって焦りましたね。スタートアップとしては大規模な資本調達が難しくなるなど、大変な面はありましたが、結果的にはサービスにとって追い風になったと思います。
コロナ禍以前、新規事業開発担当者さんがまずやることって、展示会などのオフラインイベントに行くことだったんですよ。そこで名刺を交換して、これまで社内になかった人脈を広げていかないと、新規事業は始まらなかった。けれどコロナ禍によってオフラインイベントが軒並み中止になってしまったんです。そこで新規事業開発のためのネットワーキング手段としてSpreadyをご活用いただくケースが増えています。

岩崎:最初の緊急事態宣言が出たときには、「終わった〜!」と正直思いましたね。ほとんどの会社が採用をストップしてしまったからです。でもユーザーは戻ってくるどころか1年で5倍超と爆増しましたし、結果的には私たちにとってもコロナは追い風でした。特に大きかったのが、多くの企業が副業に対して積極的になったことです。これまで「副業人材なんて採用しない」と言っていた企業が、「副業でもいいから優秀な人に来てほしい」と言い始めるくらい、急激な変化がありました。副業なら固定費もカットできるし、自分たちもリモートワークでオフィスにいないから「副業人材もいいんじゃないか」と考えるようになったんだと思います。副業だけでなく正社員採用の問合せも急増し、コロナ以降で売上は10倍以上になりました。

佐古:10倍はすごいですね!そんなに成長している会社って、HRというカテゴリ全体でもちょっとほかにないと思います。

岩崎:いや、元の売上が小さかったので(笑)。あとはやっぱりセールスチームの頑張りのおかげです。

佐古:たしかに、法人も個人も、僕の身の回りでも最近ではほとんどの人がYOUTRUSTを利用しています。とはいえ、Spreadyにしてもそうですが、現在のユーザーは、いわゆるアーリーアダプターだと思うんです。岩崎さんは、これからどうやってキャズムを超えていこうと考えていますか?

岩崎:そこはチャレンジしかないですね。ただすでに兆しは見え始めていて。最近、銀行や商社、コンサル、メーカーなど、言ってしまえば堅い印象がある組織で働くユーザーが増えてきているんです。つい先日も大手の保険会社で働く30歳前後のユーザーにインタビューしたのですが、そこで聞いた話が印象的でした。彼らはやっぱりもう終身雇用制度を全然信じていないんですね。けれど、待遇は恵まれているからすぐに転職する気もない。けれど「このままでいいのか」と焦ってもいる。そんな中、人脈のある友人たちは何やらそのつながりをきっかけに副業が決まるなど、キャリアの幅を広げているらしい、と。じゃあ自分も、ということでYOUTRUSTに登録されたそうなんです。若い人たちにとって副業というのは今や一種のステータスでもあるんですよね。

佐古:要するに、副業に求めるものが変わってきているということですよね。彼らは金銭ではなく、キャリアチェンジのきっかけだったり、新しい体験だったり、ステータスとなるような経験を求めている。非常に深いインサイトがあるお話だと思いました。

あなたの生き方が、そのままキャリアシートになる時代がくる

——そうしたさまざまな価値観のアップデートも含めて、これから私たちのキャリアを巡る環境にはどのような変化がありそうでしょうか?

岩崎:私はこれから、明確に個の時代がくると思っています。会社員であっても、自分がどんな人間なのか、どんなスキル・経験・つながりがあるのかをコツコツと蓄積していかねばならない時代になるはずです。
実際、私も採用をするときに、履歴書だけを見てスカウトするのは、ちょっと違和感があります。Twitterやnoteでどんなことを発信したり、興味を持っていたりするのか調べますし、Facebookに共通の友人がいれば「この人ってどんな人?」と聞いてみる。そっちのほうがリーズナブルなだけでなく、リアルな人柄が分かりますからね。
スキルや経歴よりも、人柄が重視される時代になると言うこともできるかもしれません。いるだけでチームが活性化するような人っているじゃないですか。今、多くの企業が求めているのって、そういう人だと思うんですよね。だから人と人との信頼関係に基づいた、私たちのようなサービスのニーズが伸びているのではないでしょうか。

佐古:自分の生き方が、そのまま信頼につながる時代ですよね。自分が何を大切にして、何に真剣に取り組んで、どうやって生きてきたのか。そういう人生の轍みたいなものが、そのままキャリアシートになるイメージです。それくらい人と人との関係が重要になる。それは避けられない変化だと思います。

岩崎:だからこそ、佐古さんのおっしゃっていた「ソーシャルキャピタル※の可視化」が重要になってくるわけですよね。一方で、そういう時代になっていくと、私たちプラットフォーマーには高い倫理観も求められると思うんです。そのあたりを佐古さんはどう考えていますか?

※社会関係資本。社会・地域などのコミュニティにおける、人々の信頼関係や結びつきを示す概念のこと。

佐古:よくこういうテーマでお話をすると、「ブロックチェーンでキャリアを改ざんできないようにしては?」といった話題になるのですが、僕はそれには倫理的に反対しています。改ざんというと言い方は悪いですが、キャリアの中には伏せておきたい失敗もあるじゃないですか。それが人間だと思うんです。だから、テクノロジーの力で半ば無理やりにキャリアを可視化するようなやり方には、僕は賛同できないですね。もう一つ明確に決めているのは、可視化したソーシャルキャピタルは、絶対にユーザーの許諾なしで二次利用しないということです。これはもう、最低限の倫理だと思います。岩崎さんは、倫理的な側面で気をつけていることはありますか?

岩崎:私たちが評価軸を設定しない、ということです。中国で導入が進んでいる「信用スコア」みたいなことはやりたくないですね。だって、人ってそんなに簡単にスコア化できるものではないじゃないですか。その人のどんな側面にフォーカスするかで評価は全然変わってくるし、ある人にとっては素晴らしい人が、ある人にとってはひどい人であることだって、当たり前にありますよね。環境やコンテクストにも大きく依存するものだと思います。だから私たちは「信頼」を大切にしますが、それをスコア化することはしないと決めています。

YOUTRUSTとSpreadyが、それぞれ目指す未来

——最後にお二人のこれからの展望を教えてください。

岩崎:最初にお話した通り、求職者様にとってフェアな転職市場をつくることが、私たちの事業のゴールです。そのために、まずはYOUTRUSTを日本で最も利用されるキャリアSNSとして成長させていきたい。キャリアを真剣に考える全ての人が登録しているような、そんなキャリアのインフラを目指したいですね。
そのためには、ある種の「脱・採用サービス」も必要です。つまり、YOUTRUSTを信頼している人とのコミュニケーションを楽しむための「普通のSNS」にしていきたいんです。タイムライン機能の実装や、通常タイムラインと募集情報が集まるタイムラインを分離したのも、その一環です。
実際に最近では、仕事を通じて感じたちょっとした気づきや思いを、気軽に投稿してくれるユーザーも増えてきました。先ほどもちょっと触れましたが、自分の仕事について気軽に書き込めるSNSって、ほかにはほとんどないんですよね。そういう意味では、少しずつ独特の空間になってきたと感じています。

佐古:僕たちは、引き続き新規事業開発にフォーカスを当てていきたいと考えています。やっぱり、日本ではまだまだ新規事業の立ち上げが少ない。そうした社会的な課題を解決する一助になれば嬉しいですね。
その点でも、コロナ禍をきっかけに、多くの企業が危機感を持って事業変革に取り組んでいる今は、大きなチャンスだと思います。この流れをさらに加速するために、これからは大企業だけではなく、地方中小企業にも積極的にアプローチしていきたいですね。
もちろん、プロダクトのユーザビリティもさらに高めていきたい。クイックにサービスをアップデートしていけることは、僕たちの強みの一つでもありますので。法人ユーザーにも個人ユーザーにも、さらに使いやすい環境を整えることで、みんなが「やりたいこと」に出会い続ける社会の実現を目指していきます。
岩崎 由夏
株式会社YOUTRUST 代表取締役CEO

大阪大学理学部卒業後、2012年株式会社ディー・エヌ・エーに新卒入社し、2016年子会社ペロリに経営企画として出向。「信頼される人が報われる転職市場に」というミッションのもと、2017年株式会社YOUTRUSTを設立。2018年4月にリリースした、信頼でつながる 日本のキャリアSNS「YOUTRUST」は、友人や同僚と仕事の話を楽しみながら、新しいつながりやキャリアに役立つ情報・仕事と出会えるサービスで、累計ユーザー数は5万名を突破。プライベートでは1児の母。
佐古 雅亮
Spready株式会社 代表取締役

2008年、株式会社インテリジェンス(現:パーソルキャリア)に新卒入社。人材紹介事業部にてキャリアコンサルタント、リクルーティングアドバイザーとして勤務。法人営業部隊のマネジメントを経験の後、スタートアップに対するHR関連のアドバイザリー等を行うスタートアップ支援事業を立ち上げ、事業責任者として当該部門を管掌。2018年5月、Spready株式会社を創業、代表取締役。慶應義塾大学文学部卒。

人気記事

日本5社目のユニコーンと報じられた「Opn」。世界を舞台に急成長を遂げるフィンテック企業の展望とは

日本5社目のユニコーンと報じられた「Opn」。世界を舞台に急成長を遂げるフィンテック企業の展望とは

伝説の幻獣である「ユニコーン」になぞらえて、企業価値評価額の高いスタートアップを評する言葉、「ユニコーン企業」。アメリカや中国でその数が増え続けている一方で、日本では未だ、少ない状況にあります。そんななか、2022年5月にシリーズC+ラウンドで1億2,000万ドルを調達し、日本5社目のユニコーンと報じられた企業があります。それが創業からグローバルを視野に事業を営み、東京やバンコクなどアジア6カ国を拠点とするフィンテック企業、Opn株式会社です。 さらに資金調達と同時に、ビジョンと戦略を刷新。無駄を削ぎ落し、鋭さの増した同社の成功を支える組織とプロダクトの強み、次に目指す世界について、創業者であり、代表取締役CEOを務める長谷川 潤氏にお話を伺いました。

過疎地を救う? お手伝い×旅のプラットフォーム「おてつたび」による関係人口の増加

過疎地を救う? お手伝い×旅のプラットフォーム「おてつたび」による関係人口の増加

地域活性化や地方創生という言葉が聞かれ始めて久しい昨今。UIJターン移住者に向けて補助を行っても、少子高齢化などの課題改善が難しい地域もあります。そんな多くの自治体が抱える課題に「旅」という側面からアプローチをするのが、プラットフォーム「おてつたび」です。「お手伝いをして賃金を得ながら旅がしたい」と考える方と、「人手不足を解消しながら地域の魅力を伝えたい」と考える地域の方々をプラットフォーム上でマッチングすることで、地域の課題解決や活性化に貢献しています。 今回は、おてつたびを運営する、株式会社おてつたびの代表取締役 CEOである永岡 里菜氏に、お手伝いをしながら旅をすることが地方や人々に与える価値、今後おてつたびが地方創生に対して担う役割についてお話を伺いました。

東芝の舵を取る新社長 島田太郎氏が見据える復権の鍵に、立教大学ビジネススクール田中道昭教授が迫る【前編】

東芝の舵を取る新社長 島田太郎氏が見据える復権の鍵に、立教大学ビジネススクール田中道昭教授が迫る【前編】

2022年3月に東芝の代表執行役社長 CEOに就任した島田太郎氏。デジタル分野のトップを務めた島田氏は、「東芝でデジタルが分かる初めての社長」として就任時から大きな注目を集めています。 昨年開催された「Digital Shift Summit 2021」では「日本企業がデジタルシフトでGAFAに打ち勝つ方法」というテーマの鼎談に立教大学ビジネススクールの田中道昭教授と、デジタルホールディングス代表取締役会長の鉢嶺登氏とともに参加し、東芝および日本企業の未来についての展望を語っています。 島田氏は、日本を代表する企業である東芝でどのような事業を強化し、どう舵取りをしていくのか。東芝が目指すDXの形や、プライバシーを最優先した次世代のデータビジネスとはどのようなものなのか? また、東芝および日本企業がGAFAに打ち勝つためにできることとは。社長に就任した島田社長が抱くビジョンに迫ります。 前編は島田氏が社長に就任してからの変化、東芝が手がけるスマートレシート躍進の理由と将来の展望、ナノエコノミーの可能性などについてお話をうかがいます。

中国EV市場を席巻する、三大新興メーカーを徹底分析。脅威の中国EVメーカー最新事情・後編【中国デジタル企業最前線】

中国EV市場を席巻する、三大新興メーカーを徹底分析。脅威の中国EVメーカー最新事情・後編【中国デジタル企業最前線】

中国企業の最新動向から、DXのヒントを探っていく本連載。今回は、ガソリン車に代わるモビリティとして期待が高まるEV(Electric Vehicle=電気自動車)と、その核とも言える自動運転技術で世界をリードする中国の強さに迫ります。前編では「EV先進国」の名を欲しいままにしているその理由を、国の政策や技術の面から探ってきました。後編となる今回は、自動車産業に参入してきた新興メーカー3社を紹介するとともに、日本の立ち位置の考察、中国が抱える課題を話題に進めていきます。

世界のMaaS先進事例7選。鉄道・バス・タクシーなど交通手段を統合したサブスクモデルも!

世界のMaaS先進事例7選。鉄道・バス・タクシーなど交通手段を統合したサブスクモデルも!

国内でMaaS(Mobility as a Service)実証が活発化している。新たな交通社会を見据え、既存の交通サービスの在り方を見直す変革の時期を迎えているのだ。 交通社会は今後どのように変わっていくのか。MaaSの基礎知識について解説した上で、海外のMaaSに関する事例を参照し、その変化の方向性を探っていこう。

「8割以上の精度で、赤ちゃんが泣く理由が判明」CES2021イノベーションアワード受賞。注目の日本発ベビーテック企業とは

「8割以上の精度で、赤ちゃんが泣く理由が判明」CES2021イノベーションアワード受賞。注目の日本発ベビーテック企業とは

テクノロジーの力で子育てを変えていく。そんなミッションを掲げ、泣き声診断アプリや赤ちゃん向けスマートベッドライトなど、画期的なプロダクトを世に送り出してきたファーストアセント社。「CES2021 Innovation Awards」を受賞するなど、世界的に注目を集めるベビーテック企業である同社の強さの秘密とは。服部 伴之代表にお話を伺いました。

DX・カーボンニュートラル・量子コンピューティング。「人と、地球の、明日のために。」東芝ができること。東芝 島田太郎新社長×立教大学ビジネススクール田中道昭教授【後編】

DX・カーボンニュートラル・量子コンピューティング。「人と、地球の、明日のために。」東芝ができること。東芝 島田太郎新社長×立教大学ビジネススクール田中道昭教授【後編】

2022年3月に東芝の代表執行役社長 CEOに就任した島田太郎氏。デジタル分野のトップを務めた島田氏は、「東芝でデジタルが分かる初めての社長」として就任時から大きな注目を集めています。昨年開催された「Digital Shift Summit 2021」では「日本企業がデジタルシフトでGAFAに打ち勝つ方法」というテーマの鼎談に立教大学ビジネススクールの田中道昭教授と、デジタルホールディングス代表取締役会長の鉢嶺登氏とともに参加し、東芝および日本企業の未来についての展望を語っています。 島田氏は、日本を代表する企業である東芝でどのような事業を強化し、どう舵取りをしていくのか。東芝の考える顧客中心主義とは? 東芝の技術はカーボンニュートラルにどう寄与するのか? 島田社長が抱くビジョンに迫ります。 後編は東芝の「人と、地球の、明日のために。」という企業理念に込められた思い、島田社長の考えるリスキリングのあり方、量子コンピュータの持つ可能性などについてお話をうかがいます。

【Netflix徹底解剖】Netflix4.0、世界最先端のDX戦略を追う

【Netflix徹底解剖】Netflix4.0、世界最先端のDX戦略を追う

全世界での有料会員数が2億人を突破。飛ぶ鳥を落とす勢いで快進撃を続ける企業、Netflix。現在の利用者の中には、彼らの事業が店舗を持たないDVDオンライン郵送サービスからスタートしたことを知らない人もいるかもしれません。1997年、小さなスタートアップ企業として創業したNetflixはその後、DVDレンタルのサブスクリプション、動画ストリーミング配信のサブスクリプション、そして動画オリジナルコンテンツの配信と、デジタルを基盤に着実にビジネスを変革し、今や皆さんご存知の通り、デジタルコンテンツプラットフォームの王者へと成長を遂げています。今回の「世界最先端のデジタルシフト戦略」vol.4では、そのビジネストランスフォーメーションの変遷を立教大学ビジネススクール 田中道昭教授に徹底解剖していただきます。小さなスタートアップ企業であったNetflixがいかに王者となれたのか。その変革の奥にある秘訣とは。DXに取り組む日本企業も見習うべき一貫した姿勢に迫ります。

メンタルヘルス後進国、日本。DXはメンタルヘルスに貢献できるのか

メンタルヘルス後進国、日本。DXはメンタルヘルスに貢献できるのか

欧米に比べ大きく遅れているといわれる日本のメンタルヘルスを取り巻く環境。事実、欧米ではカウンセリングを受診した経験のある人は52%にも上りますが、日本では6%という低水準。先進国のなかで突出した自殺者数についても、厚生労働省は深刻な状況と受け止めています。 そんななか、β版での運用を終え、2022年7月5日に正式ローンチされた「mentally(メンタリー)」は、日本では敷居の高いメンタルヘルスに関する相談が気軽に行えるアプリ。株式会社Mentally 代表取締役CEOを務める西村 創一朗氏は、自身も過去に双極性障害(※)を乗り越えた経験を持っています。メンタルヘルス市場はDXによりどう変化していくのか。インタビューを通して、日本のメンタルヘルス市場の未来を紐解きます。 ※ 双極性障害:活動的な躁(そう)状態と、無気力なうつ状態を繰り返す障害。

マンガアプリ世界NO.1。急成長市場の覇権を握る「ピッコマ」の戦略

マンガアプリ世界NO.1。急成長市場の覇権を握る「ピッコマ」の戦略

8万以上タイトルの人気マンガやノベルを取り扱い、累計ダウンロード数は3,000万を超える電子マンガ・ノベルサービスの「ピッコマ」。サービス開始は2016年4月という後発ながら、23時間待てば一話を無料で読める「待てば¥0」サービスを他社に先駆けて導入するなど、新しい試みを積極的に取り入れ業界トップに君臨しています。短期間でピッコマが躍進を遂げた理由から、従来のマンガに代わる新しい表現形式である「SMARTOON」の魅力、今後のグローバル展開について、株式会社カカオピッコマ常務執行役員の熊澤 森郎氏にお話を伺いました。

「8割以上の精度で、赤ちゃんが泣く理由が判明」CES2021イノベーションアワード受賞。注目の日本発ベビーテック企業とは

「8割以上の精度で、赤ちゃんが泣く理由が判明」CES2021イノベーションアワード受賞。注目の日本発ベビーテック企業とは

テクノロジーの力で子育てを変えていく。そんなミッションを掲げ、泣き声診断アプリや赤ちゃん向けスマートベッドライトなど、画期的なプロダクトを世に送り出してきたファーストアセント社。「CES2021 Innovation Awards」を受賞するなど、世界的に注目を集めるベビーテック企業である同社の強さの秘密とは。服部 伴之代表にお話を伺いました。

世界のMaaS先進事例7選。鉄道・バス・タクシーなど交通手段を統合したサブスクモデルも!

世界のMaaS先進事例7選。鉄道・バス・タクシーなど交通手段を統合したサブスクモデルも!

国内でMaaS(Mobility as a Service)実証が活発化している。新たな交通社会を見据え、既存の交通サービスの在り方を見直す変革の時期を迎えているのだ。 交通社会は今後どのように変わっていくのか。MaaSの基礎知識について解説した上で、海外のMaaSに関する事例を参照し、その変化の方向性を探っていこう。

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

「ユニコーン企業」ーー企業価値の評価額が10億ドル以上で設立10年以内の非上場企業を、伝説の一角獣になぞらえてそう呼ぶ。該当する企業は、ユニコーンほどに珍しいという意味だ。かつてのfacebookやTwitter、現在ではUberがその代表と言われている。この連載では、そんな海外のユニコーン企業の動向をお届けする。今回は欧米を中心に注目されている「代替肉」を扱う「インポッシブル・フーズ」を紹介する。

中国EV市場を席巻する、三大新興メーカーを徹底分析。脅威の中国EVメーカー最新事情・後編【中国デジタル企業最前線】

中国EV市場を席巻する、三大新興メーカーを徹底分析。脅威の中国EVメーカー最新事情・後編【中国デジタル企業最前線】

中国企業の最新動向から、DXのヒントを探っていく本連載。今回は、ガソリン車に代わるモビリティとして期待が高まるEV(Electric Vehicle=電気自動車)と、その核とも言える自動運転技術で世界をリードする中国の強さに迫ります。前編では「EV先進国」の名を欲しいままにしているその理由を、国の政策や技術の面から探ってきました。後編となる今回は、自動車産業に参入してきた新興メーカー3社を紹介するとともに、日本の立ち位置の考察、中国が抱える課題を話題に進めていきます。

デジタル戦略で生まれ変わるカインズ。ホームセンターからIT小売企業への変遷の軌跡【前編】

デジタル戦略で生まれ変わるカインズ。ホームセンターからIT小売企業への変遷の軌跡【前編】

生産労働人口の減少を受け、日本企業はいよいよ生き残りをかけたデジタル化に取り組まなければいけないと言われるフェーズに入ってきました。とはいえ、それができている企業とそうでない企業との差が激しくなっているのも現状です。 そんななか、ホームセンター大手カインズでは、40年かけて積み重ねてきたホームセンターとしてのあり方を見直し、IT小売企業として生まれ変わろうとしています。カインズでデジタル戦略本部長を務め、戦略の指揮をとる池照 直樹氏に、同社のデジタル戦略についてお話を伺いました。 前編は、カインズがどのようにしてデジタル化を実現させていったのか、具体的な取り組みを交えてお届けします。

Facebookも注目の「メタバース」とは何か? スマホ向けメタバース「REALITY」のDJ RIO氏に聞く

Facebookも注目の「メタバース」とは何か? スマホ向けメタバース「REALITY」のDJ RIO氏に聞く

Facebookが社名を変更し、中核事業に据えるほど力を入れる「メタバース」。2021年8月にはグリー株式会社が、今後2~3年で100億円規模の事業投資を行い、グローバルで数億ユーザーを目指すと発表しましたが、その中核を担うのが、グリー株式会社の子会社であり、これまでバーチャルライブ配信アプリを手がけてきたREALITY株式会社です。今回は、そんな同社の代表を務めるDJ RIO氏にインタビュー。そもそもメタバースとは何なのか。なぜこんなにも注目が集まっているのか。メタバースは、世界のあり方をどのように変えるのか。メタバース初心者のビジネスパーソンには必読のインタビューです。