Today's PICK UP

リモートワークにも対応する「クラウド社員名簿サービス」が提供開始

Spready株式会社は、2020年9月28日、クラウド社員名簿「Profiee Teams」正式版の提供を開始すると発表した。

■クラウド社員名簿「Profiee Teams」とは

「Profiee Teams」は、相互理解が自走化し、組織やコミュニティ内の結びつきを強くするクラウド社員名簿。2020年7月にβ版をリリースし、これまでに約20社が利用しているという。基本機能として、「ヒストリー」や「性格診断」からなる自分らしいプロフィールを簡単に作ることが出来、組織図から簡単に同じ組織内のメンバーのプロフィールを閲覧できる。

さらに、従来の社員名簿では作成したきり更新されないという課題があったことに対し、「Q&A機能」や「チェックイン機能」などで毎日近況が更新されるため、組織内の相互理解をが自走化することができる新しいクラウド社員名簿。大企業の一部署単位の導入にも、中小・スタートアップ企業の会社全体への導入にも対応している。

新型コロナウイルス感染症拡大に伴い、東京商工リサーチの調査によると、約83%の企業が在宅勤務・リモートワークを実施し、現在も61%の企業が継続している。一方で、リモートワーク実施時において支障を感じたこととして47%が「普段のコミュニケーションが取りにくい」ことを「かなり支障を感じた」こととして回答している調査結果があり、社内のコミュニケーションの課題はリモートワーク・在宅勤務実施時の大きな問題となっていると言えるとのことだ。

■「Profiee Teams」主な機能の紹介

1. 自分らしいプロフィールを作り、簡単に共有できる
出典元:プレスリリース
過去、現在、未来から構成される「ヒストリー」、毎日更新される「Q&A」、同僚から書いてもらう「紹介文」、そして自身の性格の特徴がわかる「性格診断」から構成される自分らしいプロフィールを簡単に作ることが出来る。

2. 組織図から他チームメンバーのプロフィールにクイックアクセス
出典元:プレスリリース
組織図を簡単に作成することが出来、気になっていた新入社員や同じプロジェクトにアサインされたまだ話したことない同僚、「Q&A機能」で同じ趣味だと分かった違う組織のメンバーなどのプロフィールを簡単に検索、閲覧することが出来る。

3. 「Q&A機能」やチェックインで毎日更新、雑談も自動発生
出典元:プレスリリース
従来の社員名簿は一度入力したら更新されない課題が起こりがちだという。「Profiee Teams」はその課題を防ぐために「Q&A機能」と「チェックイン機能」を加えた。Slackなどのチャットツールとも連動しているため、メンバーの回答がチャットツールに流れて、雑談が自動発生する。

4. 組織ヒストリーやグループ機能などオンライン上でカルチャー理解が完結
出典元:プレスリリース
これまでオフラインで実施されてきたカルチャー理解やオンボーディングのイベントが例年に比較して実施しづらい今年の状況は、各社に施策の変更が求められている。「Profiee Teams」の「組織ヒストリー機能」や「グループ機能」はオンライン上でのカルチャー理解やオンボーディングの完結をサポートする。

人気の記事