DX戦略

世界で加速するHRテクノロジーの活用。日本企業に求められる本当のチャレンジとは?

ヒューマンキャピタルレポーティングの国際標準化

2010年代に入ってから第四次産業革命が世界中で進行している。第四次産業革命はデジタル革命を大前提としており、あらゆる領域でデジタルテクノロジーが活用され新たな産業が生まれ成長している。HR(Human Resource:人的資源)マネジメントの領域も例外ではなく、「HRテクノロジー」と呼ばれるHRにデジタルテクノロジーが掛け合わさった産業が2010年代に入ってから急成長してきた。

HRテクノロジーが活発化するとともに、2011年には、ISO(International Organization for Standardization:国際標準化機構)の中にHRマネジメントのテクニカルコミッティーであるISO/TC 260(Human resource management)が創設され、HRマネジメント領域での技術標準の開発が進んでいる。2020年末時点で、32ヶ国がPメンバー(Participating members)、26ヶ国がOメンバー(Observing members)となっており、日本は日本産業標準調査会がOメンバーとして登録されている。また、2020年末時点で以下の13の文書が出版されている(日本語訳は未出版)。

1.   ISO 10667-1:2020: Assessment service delivery - Procedures and methods to assess people in work and organizational settings - Part 1: Requirements for the client
2.   ISO 10667-1:2020: Assessment service delivery – Procedures and methods to assess people in work and organizational settings – Part 2: Requirements for service providers
3.   ISO/TS 24179:2020: Human resource management – Occupational health and safety metrics
4.   ISO 30400:2016: Human resource management – Vocabulary
5.   ISO 30401:2018: Human resource management – Requirements
6.   ISO 30405:2016: Human resource management – Guidelines on recruitment
7.   ISO/TR 30406:2017: Human resource management – Sustainable employability management for organizations
8.   ISO/TS 30407:2017: Human resource management – Cost-Per-Hire
9.   ISO 30408:2016: Human resource management – Guidelines on human governance
10.  ISO 30409:2016: Human resource management – Workforce planning
11.  ISO/TS 30410:2018: Human resource management – Impact of hire metric
12.  ISO/TS 30411:2018: Human resource management – Quality of hire metric
13.  ISO 30414:2018: Human resource management – Guidelines for internal and external human capital reporting

この数十年での産業構造の変革により、特に先進国ではサービス業の比率が高まっている。日本でもサービス業が、GDP(Gross Domestic Product:国内総生産)の70%超を占めている状況だ。製造業では製造設備などの有形資産が企業の成長を支えるが、サービス業では企業の成長は無形資産である人材に依存する傾向にある。そのため、投資家にとっては企業のHRマネジメントの在り方が投資判断の重要な要素となるが、財務諸表にはHR情報があまり開示されていない。そういった背景もあり、ISO/TC 260で出版済みの13の文書の中でも、2018年12月に出版されたISO 30414が世界中で高い関心を呼んでいる。ISO 30414はヒューマンキャピタルレポーティングのガイドラインであり、以下に示すHRマネジメントの11の領域における58のメトリック(測定基準)でHR情報を定量化・データ化し、レポートすることを求めている。ヒューマンキャピタルとは人材を資本ととらえる考え方であり、ISO 30414は人的資本のROI(Return On Investment)を高めるためのガイドラインともいえる。

1.  Compliance and ethics(コンプライアンスと倫理):5 metrics
2.  Costs(コスト):7 metrics
3.  Diversity(ダイバーシティ):5 metrics
4.  Leadership(リーダーシップ):3 metrics
5.  Organizational Culture(企業文化):2 metrics
6.  Organizational health, safety and well-being(健康経営):4 metrics
7.  Productivity(生産性):2 metrics
8.  Recruitment, mobility and turnover(採用・異動・離職):15 metrics
9.  Skills and capabilities(スキルとケイパビリティ):5 metrics
10. Succession planning(後継者計画):5 metrics
11. Workforce availability(労働力):5 metrics

欧州では数年前から、上場企業を対象にHR情報のレポートが義務化されているが、ISO 30414の出版を受けて、米国でも2020年11月9日からHR情報のレポートが上場企業に対して義務化された。レポートすべきメトリックについては現状各上場企業の判断にゆだねられているが、ISO 30414に準拠することが推奨されている。
日本では、2020年9月30日に経済産業省から公表された「持続的な企業価値の向上と人的資本に関する研究会 報告書 ~ 人材版伊藤レポート ~」にて、従業員や投資家にHR情報を積極的に発信し、対話を促進することの重要性が示されている。サステナビリティレポートにおいてHR情報を報告する企業は日本でも増えてきたが、そこで報告されるHR情報の多くは、“守り”のHR情報である。しかし投資家にとっては、中長期的な成長を説明するための“攻め”のHR情報に関するレポートが重要なのだ。そう考えると、今後日本においてもISO 30414に準拠することが求められ、義務化を望む声がより強くなってくるだろう。

HRテクノロジー活用による経営の高度化

HR情報がデータ化されれば、アナリティクス等のテクノロジー活用によって経営に対する新たな洞察を得たり、将来を予測できたりする。そして、HRテクノロジーをうまく活用していけば、経営を高度化させることもできる。以下のようなヒューマンキャピタルマネジメントの成熟度モデルが参考となるだろう。

レベル1:要求に応じてHR情報をレポートする
レベル2:ビジネス課題を特定し、標準のダッシュボードを用いて、意味のある洞察をレポートする
レベル3:ビジネス部門や財務部門とデータ連携し、レポートに加え、HRのインパクトを定量的に示す。
レベル4:経営戦略に対して、HRの課題や改善方法を提示し、ビジネスや財務の視点でHRのインパクトを将来にわたって計画する。

こういった経営の高度化をサポートするHRテクノロジーツールが多く開発されており、HRデータがダッシュボードで表示できる環境が構築できていれば、例えば以下のようなことがリアルタイムに自動で提示されることも期待できる。

労働力の生産性:人的資本ROIを測定し、トラッキングする。
パフォーマンス:ハイパフォーマーによるビジネス価値を発見し測定する。
採用:ベストタレントのプロフィールとソースを学習し、採用の質のインデックス(Quality of hire index)を開発する。
離職とリテンション:退社するか会社に残るかを選択する理由のキードライバーを特定する。
ラーニング:ラーニングのビジネスに対するインパクトやタレントの価値を定量化する
従業員エンゲージメント:タレントマネジメントライフサイクルにわたって、エンゲージメントの価値、インパクト、ドライバーを特定する。
マネジメント:リーダーシップと生産性、パフォーマンス、離職、エンゲージメントなどとの関係性を探索する。

他にも、複数のメトリックにおけるデータをクロス分析したり、また、時系列でデータが蓄積されている場合は、それらのデータに基づいて将来を予測したりすることもできるだろう。

日本企業にとってのHRデジタルトランスフォーメーションのチャレンジ

日本でも「経営は人なり」と随分以前から言われているように、経営においてHRマネジメントが重要であることは、昔も今も変わらない。ただ、日本企業の場合、終身雇用や年功序列にみるように、「企業が従業員の面倒を見る」という意味合い、つまり企業と従業員とが親子のような関係で人材マネジメントする状態が、第二次世界大戦以降、長く続いてきた。しかし、この考え方がいまの時代には合わなくなってきている。「人材争奪戦」という言葉が世界のさまざまなところで言われて久しいが、正に日本でも人材争奪戦の状況は益々加速し、従業員の立場が従前に比べ強くなっており、親子関係ではこれからのビジネスに対応できなくなっているのだ。昨今、従業員エンゲージメントを重要視する企業が日本でも増えているが、「婚約」をエンゲージメントと訳すように、エンゲージメントは婚約の概念に近く、企業と従業員との関係が男女の関係、つまり上下ではなく対等の関係であることが求められる。更に、企業も従業員も。結婚前のワクワク感をもち、コミットメントし合っていることが重要だと考えられる。

また、SDGs(Sustainable Development Goals)やESG(Environment、Social、Governance)投資が世界の潮流となっており、特に人材に対する差別をなくすことが企業にも求められている。この文脈においては、日本企業の年功序列という仕組みは、年齢差別として批判されることがある。また、終身雇用制度の裏には定年制があり、これも年齢差別として批判されうる可能性もある。HRマネジメントにデータやデジタルテクノロジーを活用することは、差別のない公平な経営をすることを意味し、長年続いてきた日本企業の仕組みを変革する必要に迫られていると言えるだろう。

デジタルテクノロジー自体はすでにさまざまな準備が進められており、HRデジタルトランスフォーメーションは、実行する気にさえなれば、テクニカルな面では難しくない。むしろ、長年にわたって馴染んできた制度や仕組みを変革する経営の意思をもつことが日本企業にとっての大きなチャレンジとなるだろう。
岩本隆
慶應義塾大学大学院経営管理研究科 特任教授
日本パブリックアフェアーズ協会 理事

東京大学工学部金属工学科卒業。
カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)大学院工学・応用科学研究科材料学・材料工学専攻Ph.D.。
日本モトローラ株式会社、日本ルーセント・テクノロジー株式会社、ノキア・ジャパン株式会社、
株式会社ドリームインキュベータを経て、2012年より慶應義塾大学大学院経営管理研究科特任教授。
「技術」「戦略」「政策」を融合させた「産業プロデュース論」を専門領域として、さまざまな分野の新産業創出に携わる。

人気記事

新社長はベイシアをどう「尖らせる」のか。ベイシア社長 相木孝仁氏に立教大学ビジネススクール田中道昭教授が迫る【前編】

新社長はベイシアをどう「尖らせる」のか。ベイシア社長 相木孝仁氏に立教大学ビジネススクール田中道昭教授が迫る【前編】

ホームセンターのカインズにワークマン、東急ハンズなどをグループ会社に持つベイシアグループ。その中核をなすのが東日本をメインに展開する食品スーパー大手のベイシアです。広大なワンフロアの店舗で地域住民のニーズに応える圧倒的品揃えと価格を実現し、その動向は常に業界内での注目を集めています。今回の対談では、立教大学ビジネススクールの田中道昭教授と、今年7月にベイシアの新社長に就任された相木孝仁氏の二人が、新体制となったベイシアの独自戦略について意見を交わします。 前編は相木社長の経歴と社長就任までの経緯、ベイシアグループが標榜する「ハリネズミ経営」、高品質なプライベートブランド(PB)の開発および販売戦略、今後の出店戦略などについてお話をうかがいます。

変革を求められる小売業界。「スーパーを超えていく」ベイシアの小売DX戦略とは。ベイシア新社長 相木孝仁氏×立教大学ビジネススクール田中道昭教授【後編】

変革を求められる小売業界。「スーパーを超えていく」ベイシアの小売DX戦略とは。ベイシア新社長 相木孝仁氏×立教大学ビジネススクール田中道昭教授【後編】

ホームセンターのカインズにワークマン、東急ハンズなどをグループ会社に持つベイシアグループ。その中核をなすのが東日本をメインに展開する食品スーパー大手のベイシアです。広大なワンフロアの店舗で地域住民のニーズに応える圧倒的品揃えと価格を実現し、その動向は常に業界内での注目を集めています。今回の対談では、立教大学ビジネススクールの田中道昭教授と、今年7月にベイシアの新社長に就任された相木孝仁氏の二人が、新体制となったベイシアの独自戦略について意見を交わします。 後編は相木社長が抱く野望と「メガSPA & DX小売」の概要、ベイシアが従業員に求めるオーナーシップのあり方、そして小売DXの中核を占めるネットスーパーとeコマース戦略についてお話をうかがいます。

中国EV市場を席巻する、三大新興メーカーを徹底分析。脅威の中国EVメーカー最新事情・後編【中国デジタル企業最前線】

中国EV市場を席巻する、三大新興メーカーを徹底分析。脅威の中国EVメーカー最新事情・後編【中国デジタル企業最前線】

中国企業の最新動向から、DXのヒントを探っていく本連載。今回は、ガソリン車に代わるモビリティとして期待が高まるEV(Electric Vehicle=電気自動車)と、その核とも言える自動運転技術で世界をリードする中国の強さに迫ります。前編では「EV先進国」の名を欲しいままにしているその理由を、国の政策や技術の面から探ってきました。後編となる今回は、自動車産業に参入してきた新興メーカー3社を紹介するとともに、日本の立ち位置の考察、中国が抱える課題を話題に進めていきます。

「8割以上の精度で、赤ちゃんが泣く理由が判明」CES2021イノベーションアワード受賞。注目の日本発ベビーテック企業とは

「8割以上の精度で、赤ちゃんが泣く理由が判明」CES2021イノベーションアワード受賞。注目の日本発ベビーテック企業とは

テクノロジーの力で子育てを変えていく。そんなミッションを掲げ、泣き声診断アプリや赤ちゃん向けスマートベッドライトなど、画期的なプロダクトを世に送り出してきたファーストアセント社。「CES2021 Innovation Awards」を受賞するなど、世界的に注目を集めるベビーテック企業である同社の強さの秘密とは。服部 伴之代表にお話を伺いました。

世界のMaaS先進事例7選。鉄道・バス・タクシーなど交通手段を統合したサブスクモデルも!

世界のMaaS先進事例7選。鉄道・バス・タクシーなど交通手段を統合したサブスクモデルも!

国内でMaaS(Mobility as a Service)実証が活発化している。新たな交通社会を見据え、既存の交通サービスの在り方を見直す変革の時期を迎えているのだ。 交通社会は今後どのように変わっていくのか。MaaSの基礎知識について解説した上で、海外のMaaSに関する事例を参照し、その変化の方向性を探っていこう。

【記憶力は才能でも努力でもない】AIで記憶の定着を助けるアプリ「Monoxer」で日本の教育が変わる

【記憶力は才能でも努力でもない】AIで記憶の定着を助けるアプリ「Monoxer」で日本の教育が変わる

問題を解くことで記憶の定着化を図るアプリ「Monoxer(モノグサ)」。これまで必死に書いたり読んだりすることで闇雲に覚えていた学習を、よりスマートに記憶化させるということで、小中学校から高校、大学、専門学校、さらには塾、社会人教育など幅広い場に導入されています。AIがその人のレベルに合った問題とヒントを出してくれて、定着した後も定期的な反復練習で忘れることを防いでくれます。Monoxerを導入することで学習のスタイルはどう変わるのか? モノグサ株式会社の代表取締役 CEOを務める竹内 孝太朗氏に、記憶と学習の関係についてさまざまな視点からお話を伺いました。

【徹底解説】「X to Earn」とは何か。誰もがゲームや遊びで稼げる時代は来る!? DEA創業者に聞く<前編>

【徹底解説】「X to Earn」とは何か。誰もがゲームや遊びで稼げる時代は来る!? DEA創業者に聞く<前編>

YouTubeに代表される動画投稿サイトなど、個人が発信することのできるツールの出現により、好きなことをして稼ぐための選択肢は増えています。そして現在、ゲームや徒歩、勉強さらには睡眠をするだけで稼ぐことのできる「X to Earn」というムーブメントが生まれつつあります。「ゲームで遊んで稼ぐ」なんてことが本当に可能なのか? 多くの人が抱える疑問について今回お答えいただくのは、Digital Entertainment Asset Pte.Ltd.(以下、DEA)のFounder & Co-CEOの山田 耕三氏。インタビュー前編では「X to Earn」の仕組みと種類、今後の可能性など、未だ発展途上の新しい経済圏について根ほり葉ほりお話を伺いました。

【保存版】DXの挑戦者たちに学ぶ、10の格言

【保存版】DXの挑戦者たちに学ぶ、10の格言

「その変革に勇気と希望を」というコンセプトを掲げ、未来を見据えて経営の舵取りをしている経営者層やデジタル部門・マーケティング部門の責任者向けに、デジタルシフトと向き合い企業の変革を進めていく上で必要となる情報を提供しているDigital Shift Times。 2019年のメディア開設以来3年以上に渡り、DXによってビジネスの変革に挑戦している企業の経営者やCDO、有識者や専門家へのインタビューを実施してきました。インタビュー時には、未来を見据え変革に挑戦する当事者だからこその「魂のこもった格言」が発せられることが多くありました。 今回は、これまでお届けしてきたオリジナル記事のなかから、「DXに関する印象的な言葉」を編集部独自の視点で10の格言としてピックアップし、皆さまにお届けします。 ※記事内で記載している所属・肩書は、取材当時のものです。

マンガアプリ世界NO.1。急成長市場の覇権を握る「ピッコマ」の戦略

マンガアプリ世界NO.1。急成長市場の覇権を握る「ピッコマ」の戦略

8万以上タイトルの人気マンガやノベルを取り扱い、累計ダウンロード数は3,000万を超える電子マンガ・ノベルサービスの「ピッコマ」。サービス開始は2016年4月という後発ながら、23時間待てば一話を無料で読める「待てば¥0」サービスを他社に先駆けて導入するなど、新しい試みを積極的に取り入れ業界トップに君臨しています。短期間でピッコマが躍進を遂げた理由から、従来のマンガに代わる新しい表現形式である「SMARTOON」の魅力、今後のグローバル展開について、株式会社カカオピッコマ常務執行役員の熊澤 森郎氏にお話を伺いました。

AI音声認識アプリ「CLOVA Note」が好調発進。LINEはAIの活用で、どのような世界を築こうとしているのか

AI音声認識アプリ「CLOVA Note」が好調発進。LINEはAIの活用で、どのような世界を築こうとしているのか

重要な会議での議事録作成、流れるままに進んでいく講義。いずれもメモやノートを取るのに必死で、内容が頭に残っていない。こうした不毛な時間を過ごした経験はありませんか? LINE株式会社が今年5月にローンチした「CLOVA Note(クローバ・ノート)」は、「会話を目で見る」ことができる、と謳う無料のAI音声認識アプリ。これまで実時間以上の時間をかけて書き起こしてきた作業をAIに任せることができるのなら、私たちは本質を追求したクリエイティブなことに、もっと時間を割けるようになるはずです。 これまでも人と人とのコミュニケーションを真正面に置いた事業を展開してきたLINE。新しいコミュニケーションの形を目指し続けるその先に、どのような世界を描いているのか? 同社AIカンパニーCEOを務める砂金 信一郎氏、Speechチーム マネージャーの木田 祐介氏にお話を伺いました。

「8割以上の精度で、赤ちゃんが泣く理由が判明」CES2021イノベーションアワード受賞。注目の日本発ベビーテック企業とは

「8割以上の精度で、赤ちゃんが泣く理由が判明」CES2021イノベーションアワード受賞。注目の日本発ベビーテック企業とは

テクノロジーの力で子育てを変えていく。そんなミッションを掲げ、泣き声診断アプリや赤ちゃん向けスマートベッドライトなど、画期的なプロダクトを世に送り出してきたファーストアセント社。「CES2021 Innovation Awards」を受賞するなど、世界的に注目を集めるベビーテック企業である同社の強さの秘密とは。服部 伴之代表にお話を伺いました。

世界のMaaS先進事例7選。鉄道・バス・タクシーなど交通手段を統合したサブスクモデルも!

世界のMaaS先進事例7選。鉄道・バス・タクシーなど交通手段を統合したサブスクモデルも!

国内でMaaS(Mobility as a Service)実証が活発化している。新たな交通社会を見据え、既存の交通サービスの在り方を見直す変革の時期を迎えているのだ。 交通社会は今後どのように変わっていくのか。MaaSの基礎知識について解説した上で、海外のMaaSに関する事例を参照し、その変化の方向性を探っていこう。

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

「ユニコーン企業」ーー企業価値の評価額が10億ドル以上で設立10年以内の非上場企業を、伝説の一角獣になぞらえてそう呼ぶ。該当する企業は、ユニコーンほどに珍しいという意味だ。かつてのfacebookやTwitter、現在ではUberがその代表と言われている。この連載では、そんな海外のユニコーン企業の動向をお届けする。今回は欧米を中心に注目されている「代替肉」を扱う「インポッシブル・フーズ」を紹介する。

中国EV市場を席巻する、三大新興メーカーを徹底分析。脅威の中国EVメーカー最新事情・後編【中国デジタル企業最前線】

中国EV市場を席巻する、三大新興メーカーを徹底分析。脅威の中国EVメーカー最新事情・後編【中国デジタル企業最前線】

中国企業の最新動向から、DXのヒントを探っていく本連載。今回は、ガソリン車に代わるモビリティとして期待が高まるEV(Electric Vehicle=電気自動車)と、その核とも言える自動運転技術で世界をリードする中国の強さに迫ります。前編では「EV先進国」の名を欲しいままにしているその理由を、国の政策や技術の面から探ってきました。後編となる今回は、自動車産業に参入してきた新興メーカー3社を紹介するとともに、日本の立ち位置の考察、中国が抱える課題を話題に進めていきます。

Facebookも注目の「メタバース」とは何か? スマホ向けメタバース「REALITY」のDJ RIO氏に聞く

Facebookも注目の「メタバース」とは何か? スマホ向けメタバース「REALITY」のDJ RIO氏に聞く

Facebookが社名を変更し、中核事業に据えるほど力を入れる「メタバース」。2021年8月にはグリー株式会社が、今後2~3年で100億円規模の事業投資を行い、グローバルで数億ユーザーを目指すと発表しましたが、その中核を担うのが、グリー株式会社の子会社であり、これまでバーチャルライブ配信アプリを手がけてきたREALITY株式会社です。今回は、そんな同社の代表を務めるDJ RIO氏にインタビュー。そもそもメタバースとは何なのか。なぜこんなにも注目が集まっているのか。メタバースは、世界のあり方をどのように変えるのか。メタバース初心者のビジネスパーソンには必読のインタビューです。

デジタル戦略で生まれ変わるカインズ。ホームセンターからIT小売企業への変遷の軌跡【前編】

デジタル戦略で生まれ変わるカインズ。ホームセンターからIT小売企業への変遷の軌跡【前編】

生産労働人口の減少を受け、日本企業はいよいよ生き残りをかけたデジタル化に取り組まなければいけないと言われるフェーズに入ってきました。とはいえ、それができている企業とそうでない企業との差が激しくなっているのも現状です。 そんななか、ホームセンター大手カインズでは、40年かけて積み重ねてきたホームセンターとしてのあり方を見直し、IT小売企業として生まれ変わろうとしています。カインズでデジタル戦略本部長を務め、戦略の指揮をとる池照 直樹氏に、同社のデジタル戦略についてお話を伺いました。 前編は、カインズがどのようにしてデジタル化を実現させていったのか、具体的な取り組みを交えてお届けします。