AI・テクノロジー

LINE公式アカウント管理画面の使い方と項目について詳しく紹介

LINE@が終了し、新たにLINE公式アカウントに移行することになりました。すでに2019/04/18(金)から、LINE公式アカウントを開設することができるようになっています。

いずれ移行しなければいけないけれど、使い勝手がわからずにまだLINE@を使っているという方も多いかもしれません。そこで早速、LINE公式アカウントの管理画面を使用してみました。LINE@とどこが大きく変わったのかについて検証しています。

LINE公式アカウントは違和感なく使える

LINE公式アカウントは基本的に大きな操作の違いなどはなく、LINE@からの移行もスムーズに行うことができ、すぐに運用することができるでしょう。もちろん便利な新しい機能や改変された点などもあります。

LINE@にはない新しい機能について説明していきます。

チャット(1対1トーク)ができる

LINE@でも以前からチャットができていました。1対1のトークも活用していたことでしょう。LINE公式アカウントでももちろんチャット機能は引き継がれて、今まで通り使用することができます。

大きく変わった点は、タグをつけられるようになったことです。ユーザーひとりひとりに任意のタグをつけて、タグをつけたユーザーのチャットだけを表示することができます。

たとえば、顧客や新規の人との区分けをしたり、未返信のものや対応が必要な人などタグをつけておくことで、やらなければいけないことや、顧客からの連絡と問い合わせを分けるなど、チャットルームをわかりやすく整理することができます。

しかし、タグはつけられますが、セグメントはできないので注意しましょう。

BOTモードの切り替えができる

Messaging APIは、外部ツールとLINE公式アカウントをひも付けする設定や、情報の確認を行うことができます。このmessaging APIを利用することで、BOTモードの切り替えがいつでも楽に行えるようになりました。

設定のMessaging APIのところから、応答モードでBOTかチャットを選びましょう。選択するだけですぐに切り替えることができます。今までのLINE@では、一度Messaging APIをオンにすると、そのまま使うしかありませんでした。LINE公式アカウントでは、いつでもbotをオン・オフ簡単に切り替えできるようになっています。

ただ、BOTをオンにしている間は、チャットの機能が使えなくなるので気をつけましょう。

従量課金メッセージを把握できる

従量課金メッセージの詳細がわかるようになりました。設定のところから利用と請求を開くと、ダッシュボード、月額プラン、プレミアムID、お支払い履歴、お支払い方法といった項目があり、従量配信の利用や金額などの詳細を確認できるようになっています。その他にも配信メッセージの数を把握したり、配信条件の設定変更をしたりすることもできます。

LINE公式アカウントの使い方

LINE公式アカウントの管理画面は使いやすいのでしょうか。一見するとLINE@とは大きく異なる操作法などはなく、よりシンプルになってわかりやすい印象ですが、どんな項目でどのようなことが変わったのか、何ができるのか、LINE@と使用感は同じなのかをひとつひとつ見ていきましょう。

ホーム画面

ホーム画面の左サイドには、いくつかの項目があります。メッセージ配信は、画面が以前よりシンプルになっています。プレビューが表示されるようになり、配信前のチェックもしやすくなりました。また5つの吹き出しまで配信することができ、メッセージリストから配信済みのものや、予約しているものが確認できます。また、100リーチ以上あれば、配信先の絞り込みをすることができます。

タイムラインは以前と変わらずの使用感ですが、表示がシンプルになっています。投稿したページからは、タイムラインのIDとURLを取得することができます。

自動応答メッセージでは、応答メッセージの編集や友だち追加の時のあいさつメッセージの編集ができます。こちらもプレビューが表示されます。

クーポンもプレビューの表示が追加されています。リッチメッセージ、リッチビデオメッセージは以前と変わらずに使用ができ、リッチメニューでは、クーポンとショップカードを表示することができるようになりました。

友だち追加機能は以前と変わらずに使えます。

通知タブでお知らせをチェックできる

お知らせがあると通知タブに表示されるので、タイムラインやその他ユーザーの動きがあれば、チャットのトークだけではなく、通知ですぐに確認することが可能に。迅速に対応ができるようになっています。

分析タブの操作

分析タブを開くとダッシュボード、メッセージ、チャット、友だち、タイムライン、クーポン、ショップカードなどが出てきます。

各種データの配信状況などはダッシュボードで確認することができます。メッセージでは配信の数やクリックの数を、チャットでは対応の状況や1対1のチャットの送信数なども把握できます。

友だちのところで、友だちの数はもちろん、ブロックしている数も確認可能です。タイムラインではシェアされた数やアクセス数を確認することができ、クーポンの利用状況や、ショップカードで発行したカードの数、来店して貯めたポイント合計や分布などを集計することもできます。

チャットには便利な機能が追加

チャットには新しい機能が追加され、LINE@とは大きく変わっています。

チャットにタグ付けをして管理ができる機能だけではなく、CSVでチャットログをダウンロードしたり、受信、未読、要対応、対応済み、スパムなどのボックスに対応の状況によってチャットを振り分けたりすることができます。

メールの受信ボックスのような便利さが加わり、タグ付けによるユーザーへの細やかな返答やサービスを行えるようになりました。

応答モードの切り替えが楽に

応答モードではbotかチャットかをボタン一つで設定することができるので、従来のようにbotを選択した場合に二度と戻せないということがなく、状況に合わせて切り替えることができます。

またあいさつメッセージのオンとオフの切り替えや、メッセージ内容の編集もここで行えます。

設定でカスタマイズを

右上の設定ボタンを押せば、アカウント設定や権限管理、応答設定、Messaging API、利用と請求など、各種設定を行うことができます。

アカウント設定では、アカウントの基本情報の編集ができます。アイコンを変える操作もここで行います。他にも認証ステータスの変更や、プランの変更、プレミアムIDの購入などが行えます。

今回グループチャットの設定が新しく加わり、グループチャットの可否の設定も行えるようになりました。権限管理で運用するメンバーの追加や削除ができます。

応答設定では、応答モードのbotとチャットの切り替え、あいさつメッセージ・応答メッセージ・Webhookのオン・オフ切り替えや設定、Messaging APIの設定が行えます。

さらにAPIツールを設定する時のチャンネルIDやチャンネルシークレット、WebhookURLの確認も応答設定でできるようになっています。

LINE公式アカウントと外部のツールをひもづける設定は、Messaging APIで行えます。

利用と請求では月額プランの確認や変更、プレミアムID、お支払い履歴、お支払い方法といった情報を確認できます。

市町村でもLINE公式アカウントを積極的に利用

LINE公式アカウントは民間の企業や個人がビジネスツールとして使用しているだけでなく、行政でも利用されています。

福岡市もLINE公式アカウントを持ち、その登録ユーザーはなんと市の人口約159万人を大きく上回る約162万の友だちがいます。災害情報の発信はもちろん、子育て情報やゴミの日などの選択した知りたい情報をLINEで配信したり粗大ゴミの回収の受付を行うなど、市民の生活が便利になるよう上手に活用しています。

LINE公式アカウントは便利になった

LINE公式アカウントは従来のLINE@の使いやすさはそのままで、さらにマーケティングに活用できるようなチャットの分類やタグ付けなど、便利な機能が追加されています。

管理画面もシンプルで使いやすいフォームとなっているので、切り替えても違和感なく使えるでしょう。強制移行の前に任意で変更して、その快適な使い心地と便利さを実感してみてはいかがでしょうか。