Today's PICK UP

本・雑誌を買うと、電子書籍が無料で読めるサービス『Airbook』、全国のファミリーマート店舗にてスタート

株式会社BookLiveは、現在、株式会社TSUTAYAとの戦略的業務提携により、全国のTSUTAYA約680店舗以上で提供する紙と電子の連携サービス『AirBook』を2014年から提供している。
今回、2019年6月25日(火)より、全国のファミリーマート店舗にて『ファミリーマート Airbook』の提供をスタートする。
『Airbook』サービスは、全国のAirbook対象店舗で、Tカードを掲示して対象の雑誌や書籍を購入すると、その同一商品のデジタル版が電子書籍ストア『BookLive!』で無料で楽しめるサービスとして2014年12月に開始した。

紙や電子といった、発行形態にとらわれない読書体験を目的とし、『Airbook』を通じて、“家では紙の雑誌、外出先では電子版”といったように、消費者それぞれのライフスタイルに合わせた「新たな読書体験」の提供を行っている。

対象タイトル数も、消費者の声に応えサービス当初から増強しており、対象タイトルは2014年に53タイトルから開始、2019年6月現在はコミックや書籍にも拡大し、560タイトル以上を取り扱っている。

『ファミリーマートAirbook』では、そのうち『BE-PAL』、『Tarzan(ターザン)』、『DIME』、『MORE』、『美的』、『サンキュ!』など、72タイトルの幅広いジャンルの雑誌や書籍が対象となる。

人気の記事

日経クロストレンド「トレンドマップ 2020夏」が発表 技術分野は「DX」が躍進

日経クロストレンド「トレンドマップ 2020夏」が発表 技術分野は「DX」が躍進

株式会社 日経BPは2020年9月3日、マーケティング&イノベーション専門メディア「日経クロストレンド」が作成した「技術」「マーケティング」「消費」の潮流を見極める「トレンドマップ 2020夏」を発表した。本調査は18年夏、19年冬、19年夏、20年冬に続く5回目、新型コロナウイルスの影響が本格化した20年上半期のトレンド変化を踏まえた初の調査結果となる。