Today's PICK UP

本・雑誌を買うと、電子書籍が無料で読めるサービス『Airbook』、全国のファミリーマート店舗にてスタート

株式会社BookLiveは、現在、株式会社TSUTAYAとの戦略的業務提携により、全国のTSUTAYA約680店舗以上で提供する紙と電子の連携サービス『AirBook』を2014年から提供している。
今回、2019年6月25日(火)より、全国のファミリーマート店舗にて『ファミリーマート Airbook』の提供をスタートする。
『Airbook』サービスは、全国のAirbook対象店舗で、Tカードを掲示して対象の雑誌や書籍を購入すると、その同一商品のデジタル版が電子書籍ストア『BookLive!』で無料で楽しめるサービスとして2014年12月に開始した。

紙や電子といった、発行形態にとらわれない読書体験を目的とし、『Airbook』を通じて、“家では紙の雑誌、外出先では電子版”といったように、消費者それぞれのライフスタイルに合わせた「新たな読書体験」の提供を行っている。

対象タイトル数も、消費者の声に応えサービス当初から増強しており、対象タイトルは2014年に53タイトルから開始、2019年6月現在はコミックや書籍にも拡大し、560タイトル以上を取り扱っている。

『ファミリーマートAirbook』では、そのうち『BE-PAL』、『Tarzan(ターザン)』、『DIME』、『MORE』、『美的』、『サンキュ!』など、72タイトルの幅広いジャンルの雑誌や書籍が対象となる。

人気記事

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?

100年に一度の大変革期を迎えている自動車業界。そのなかで日本の自動車メーカーの行く末に「猛烈な危機感がある」と明かすのは、かねてよりマツダの天才エンジニアとして知られ、現在はシニアイノベーションフェローを務める人見 光夫氏だ。Appleをはじめとした巨大テック企業たちが自動車業界への参入をこぞって表明する今、既存の自動車メーカーが生き残りをかけて望むデジタルシフト戦略とは。ここでしか聞けない、本音が満載のインタビューです。