AIによる接客トーク解析・診断サービスが専用アプリをリリース 接客や販売の品質向上への貢献を目指す

CRM戦略を基軸としたコンサルティング事業を行う株式会社スマートウィルはAIによる接客トーク解析・診断サービス「AIスマートトーク」の専用アプリをリリースした。
「AIスマートトーク」は、認知バイアスを取り除くためのソフトウェアを開発するコグニティ株式会社とスマートウィルが開発した、販売スタッフの接客スキル向上を支援するトーク診断サービス。

録音した顧客との会話を独自のAIフレームワークやデータ解析技術を使って解析することで、販売スタッフ自身が、トークの特徴や成績が良い人との違いや注意すべきポイントなどが分かり、接客改善、販売成績向上につながるという。

これまでは、ユーザーは専用のボイスレコーダーで接客トークを録音していたが、ユーザー側の利便性とサービス提供の効率性を図るべく、アプリ開発を行った。今回リリースしたアプリは「AIスマートトーク」専用のレコーダーだ。

接客トークの録音からアップロードまで、このアプリひとつで完結する。スマートフォンやタブレット端末を持っている接客販売スタッフは、このアプリをインストールすれば、接客トークの録音から、解析・診断用トークの確認、選定、アップロードが簡単になり、適切なトーク時間と質の良い音源をピックアップすることができる。
アプリは、接客トーク録音機能の他に、個人解析結果のダウンロード、解析結果推移の見える化、および一般個人へのサービス開放など機能拡張も予定しているとのことだ。