FLASH NEWS

11月22日、新生 渋谷パルコがオープン! 次世代型商業施設のデジタル施策とは?

「渋谷パルコ(PARCO)」が、2019年11月22日(金)にグランドオープンする。
1973年のオープン以来、渋谷カルチャーの中心にあった象徴的な存在が新たに掲げるコンセプトは「次世代型商業施設」。デジタルシフトタイムズでは、テクノロジーの活用に着目して、渋谷パルコの進化を明らかにする。

渋谷パルコが掲げる「次世代型商業施設」とは?

渋谷パルコは、グランドオープンに際し、ビルコンセプトを「世界へ発信する唯一無二の“次世代型商業施設”」としている。消費者のニーズを満たすのではなく、ニーズを創造し、新しい消費提案・価値観を提供していくという。体験価値を重視し、デザイナーやクリエイターとの共創に取り組む中で、デジタル活用も重要な位置づけとなっている。

では、いったいどんなところにテクノロジーが生かされているのか?

まずは、フロア共通の設備としておかれている、ディスプレイ型のインフォメーションシステムに注目してみる。
タッチパネルでの操作はもはや珍しくはないが、多言語展開はもちろん、AIを活用した多言語音声認識も可能で、インバウンドへの対応が見て取れる。

そして、デジタルを活用した商業施設として、象徴的なフロアになるのが、5階のパルコキューブだ。ここでは、オフライン、つまりは店頭で商品購入するか、オンラインで購入するかを選択できるオムニチャネルショップが展開されている。
フロアの中央部には、大型のデジタルサイネージが設置され、エリア内のショップの商品が感覚的に検索可能。気に入れば自身のスマホと連動させ、商品をオンラインショップの「カート」へ入れることもできる。もちろん、実際に店舗で商品を手にすることも可能だ。
例えば手荷物を増やしたくないときや、店頭在庫がないときに、シームレスのネット購入へ誘導されるという体験は、消費者にとってもまさに“体験価値”と言える。

さらにパルコは、訪れた人々が閲覧したデータや実際の購買データなど、フロア内で収集される様々なデータをAIで分析し、販売スタッフの接客をサポートするとしている。

自走式ロボットの実証実験をスタート

12月からは、店舗内で自走式ロボットを試験導入するという。オープン前のこの日は報道関係者向けにデモンストレーションが行われていた。
こちらが、アメリカの temi USA inc. が開発したパーソナルロボット「temi」。国内では、11月から株式会社hapi-robo st(ハピロボ)が代理販売を行っている。

基本的には単体で動作し、クラウド環境が不要。指示したポイントに自動で移動したり、障害物をよけながら人を案内することもできる。AIアシスタントのAmazon Alexaと連携していて、音声操作も可能だ。

パルコでは、これを受付のスタッフが遠隔で操作し、各フロアにいるお客と遠隔で会話をするために用いるという。

あくまで実証実験とのことなので、グランドオープンと同時に実物をチェックするなら、1階にある「BOOSTER STUDIO by CAMPFIRE」を訪れると良い。
こちらは、パルコとクラウドファンディングの「CAMPFIRE」が共同運営する、AIショールーミングストアだ。

「CAMPFIRE」が取り扱う国内メーカーの最新デジタル機器を体験できる施設だが、店舗内には20個ほどのセンサーが設置されていて、訪れた人の行動をデジタルデータ化している。取得したデータによって、どんな商品に興味が集まっているかを判別するという。

さらなるテクノロジーの活用に期待

Eコマースが発達したいま、店舗での購買には、パルコがいうように体験価値が不可欠だ。店舗で購入するからこその価値は、デジタル活用によって新たに作り出されなければならない。

2019年11月22日、グランドオープンを迎えるパルコの内部を見渡せば、そうした将来に備えようと、いまのうちから積極的に実証実験を行っていこうとする姿勢が見て取れるはずだ。

しかし、表面的な変化は、一時の驚きを生むが、大事なのはデータを活用し、顧客がそれと気づかない体験価値を提供し続けることだ。渋谷の象徴ともいえる商業施設の大胆な変貌が、終わりではなく始まりであってほしい。