Today's PICK UP

ガンバ大阪、地元ファンの獲得を狙う実証実験を実施! 地理情報を活用したエリアマーケティング

パナソニック インフォメーションシステムズ株式会社(以下:パナソニックIS)とアドソル日進株式会社は、2019年4月から10月までに、株式会社ガンバ大阪の協力のもと、地理情報を活用したエリアマーケティングの実証実験を実施した。今後、サッカーをはじめ野球、バスケットボール、バレーボールなどのスポーツ市場における拡販に向けた実用化を目指す。

■本実験の概要

出典元:プレスリリース
本実験では、ホームタウン(本拠地)に向けたポスティングを行うにあたり、ガンバ大阪の保有するホームタウン会員データと人口密度・世帯構成・推計消費額などの国勢調査情報、さらに各世帯から最寄駅までの距離・最寄駅からスタジアムまでの乗換回数といった鉄道データを地図上に可視化し、配布エリアを選定。

2019年4月(2試合)、9月、10月の計4試合でエリア選定~ポスティング~効果測定を実施したところ「世帯数に対してホームタウン会員が少なく、スポーツ観覧料消費が高く、スタジアムへのアクセスが良好なエリア」へのポスティングが効果的であるという結果が得られ、計4試合を通じて847名の新規ホームタウン会員獲得と1564名の集客(全体のうち、新規会員の集客数)につながったとのことだ。

会員データとオープンデータの組み合わせ、特に距離や乗換回数などの心理的要因となるデータを活用した分析は、これまでのスポーツビジネスにおけるエリアマーケティングになかった新しい試みであり、「ポスティングの精度向上」「ホームタウンとの関係性強化」に寄与していくものと期待できるという。

■本実験の内容を「第3回スポーツビジネス産業展」で展示

本実験の内容は、2020年2月5日(水)~7日(金)に幕張メッセで開催される「第3回 スポーツビジネス産業展」(パナソニック株式会社ブース)にも展示予定。

パナソニックISとアドソル日進は、本実験の成果をふまえ協業し、サッカーをはじめ野球、バスケットボール、バレーボールなどのスポーツ市場における拡販に向けたソリューション化を推進する。
出典元:プレスリリース
出典元:プレスリリース

人気の記事

日経クロストレンド「トレンドマップ 2020夏」が発表 技術分野は「DX」が躍進

日経クロストレンド「トレンドマップ 2020夏」が発表 技術分野は「DX」が躍進

株式会社 日経BPは2020年9月3日、マーケティング&イノベーション専門メディア「日経クロストレンド」が作成した「技術」「マーケティング」「消費」の潮流を見極める「トレンドマップ 2020夏」を発表した。本調査は18年夏、19年冬、19年夏、20年冬に続く5回目、新型コロナウイルスの影響が本格化した20年上半期のトレンド変化を踏まえた初の調査結果となる。