WATCH

大手アパレルEC約100社の担当者に聞いたデジタル施策アンケート! アプリでのプロモーションを模索か。

株式会社アパレルウェブは、自社で運営する会員組織アパレルウェブイノベーションラボ(以下AIL)の活動の一環として、ファッション企業約100社のEC担当者にアンケートを2019年12月に実施した。
以下に加えて、EC化率、SNSの運用体制、決済サービスの導入状況などもAILが発行する会報誌アパレルウェブイノベーションレポート(以下AIR)に本編が掲載されている。

■年間売上別の自社EC比率

出典元:プレスリリース
EC全体のなかで、モールを除いた自社ECの売上比率がどの程度になるか、自社ECの年間売上規模を「3,000万円未満」「3,000万円~5億円未満」「5億円以上」に分類して調査した。自社EC比率30%以下の割合は売上が大きくなるにつれ減少、自社EC比率31%~50%、51%~70%、71%~99%の割合は売上が大きくなるにつれ割合が増加している。

■プロモーションの実施状況

出典元:プレスリリース
プロモーション施策では特に、アプリの更なる強化を考えている企業が多く「すでに実施済みだが、今後も強化していく」と回答した企業は約30%となった。一方で雑誌への出稿に関して「実施済みだが今後縮小予定」と回答した企業は約20%となっており、今回用意した選択肢の中で、もっとも縮小を検討している施策となった。プロモーションに関して、デジタルを活用した手法の強化を各社検討しており、その中でもアプリは特に注力しようと検討している企業の割合が多い結果だった。
【調査概要】
調査タイトル   :2019年度ファッション企業におけるEC担当者向けアンケート
調査対象         :株式会社アパレルウェブの取引先を中心としたファッション企業
調査日時         :2019年12月
調査方法         :アンケートフォームへの回答による調査
提出数    :90サンプル