Today's PICK UP

配車アプリDiDiの利用で乗車無料、スーモが期間限定タクシーサービス

株式会社リクルート住まいカンパニーが企画運営する不動産・住宅情報サイト『SUUMO(スーモ)』は、利用料金0円で乗車できる「スーモタクシー」の走行を2週間( 2月14日(金)から2月27日(木))の期間限定で実施する。
「スーモタクシー」は、『SUUMO(スーモ)』のオリジナルキャラクター「スーモ」仕様のタクシーで、東京都23区内での乗降に限り、無料でご利用いただけます。流しでの乗車のほか、タクシー配車アプリ「DiDi」で配車手続きをすると、指定の場所に「スーモタクシー」が到着する。「スーモタクシー」は2週間限定で全3台が走行する。
出典元:プレスリリース

■「スーモタクシー」概要

・走行期間・走行時間
走行期間:2月14日(金)~2月27日(木)
走行時間:午前10時30分~午後9時

・乗車方法
流しでの乗車のほか、タクシー配車アプリ「DiDi」で配車される。

■モフモフのスーモに囲まれた可愛らしい内装

「スーモタクシー」は大型車をベースとしており、車内空間が広い。外装・内装ともに“スーモグリーン”を基調としており、窓にギンガムチェックのカーテン、天井はファーで覆い温かくモフモフに。また、限定3台走行する「スーモタクシー」のうち、1台はこたつの装飾の付いたタクシーだ。車内ではこたつ布団に入るスーモが利用者を迎える。

■スーモタクシー車内限定企画「隠れスーモを探せ」

出典元:プレスリリース
車内限定企画として『隠れスーモを探せ』を実施する。「スーモタクシー」車内のどこかに隠れたスーモを見つけた人には、特別にスーモのぬいぐるみがプレゼントされる。ぬいぐるみは1人1個限定で、降車時に乗務員から渡される。

人気の記事

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

「ユニコーン企業」ーー企業価値の評価額が10億ドル以上で設立10年以内の非上場企業を、伝説の一角獣になぞらえてそう呼ぶ。該当する企業は、ユニコーンほどに珍しいという意味だ。かつてのfacebookやTwitter、現在ではUberがその代表と言われている。この連載では、そんな海外のユニコーン企業の動向をお届けする。今回は欧米を中心に注目されている「代替肉」を扱う「インポッシブル・フーズ」を紹介する。

全ての日本企業のデジタルシフトを掲げたデジタルホールディングス。「広告事業の売上は追わない」構造改革の真意に田中道昭教授が迫る

全ての日本企業のデジタルシフトを掲げたデジタルホールディングス。「広告事業の売上は追わない」構造改革の真意に田中道昭教授が迫る

社会環境・ビジネス環境が激変する中、全ての産業でデジタルシフト、DX(デジタルトランスフォーメーション)の必要性が叫ばれています。今回は、2020年7月1日に社名変更を行い、広告代理店からデジタルシフト支援事業を中核に構造改革を行うデジタルホールディングス グループCEO 野内 敦氏に、立教大学ビジネススクール田中道昭教授が対談形式でお話を伺います。 前編では、改革後初めての通期決算についての分析と考察、従来の体制から生まれ変わるための企業文化変革と事業戦略についてお話します。