Today's PICK UP

アスリートの「市場価値」を判定するサービスがα版をリリース

Fand!株式会社は、アスリートの市場価値を試合でのパフォーマンスに基づいて可視化し、ファンが応援できるサービス “Fand!(ファンド)”のα版(第1弾プロダクト)を公開した。

■Fand!(ファンド)とは

様々なスポーツのアスリートの毎試合のパフォーマンスを独自の指標で評価し、それを踏まえた“市場価値”を一覧で見ることができるサービス。市場価値は企業の株価のように、試合の度に変動する。アスリートをフォローすると、市場価値が変動した際にお知らせを受け取ることができる。試合のスタッツや関連ニュースとともに最新の市場価値をチェックしたり、市場価値の過去からの変動を見て調子を分析したりと、好きなアスリートの状況を簡単に把握し、応援することができる。現在は卓球のみの対応となっている。
出典元:プレスリリース

■サービス提供開始に至った背景

Fand!株式会社は「アスリートをはじめ、“才能ある人”を見つけ、伝え、応援する」をミッションとしている。勝負の世界に生き、結果が数字で出るアスリートだからこそできる、“市場価値の可視化”という観点から、才能ある人を応援していきたいと考えたという。東京オリンピックが開催され、新たなスターが生まれるであろう2020年は、本サービスを開始するのに絶好のタイミングと捉えているとのことだ。

■サービスの使い方について

1. 市場価値のランキングを見る
卓球のTリーグ所属選手(若干名過不足あり)の市場価値のランキングを見ることができる。

2. 試合が近い選手を確認する
試合が近い(市場価値の変動が近い)順にも並び替えられる。

3. 選手毎の戦績を見る
直近5試合の試合結果の詳細、市場価値の推移、次の試合予定、関連ニュース、プロフィールなど、選手のあらゆる情報をまとめてチェックすることができる。

4. 好きな選手をフォローして、最新情報を受け取る
気になる選手をフォローすると、市場価値が更新された際に通知を受け取ることができる。

■今後の展開

卓球以外にも東京オリンピックの競技を含む、様々なスポーツに対応していく予定だという。また、市場価値を“株価”のように利用して、アスリートにファンディングできる機能を追加予定。応援しているアスリートが活躍すると、ファンにもお返しがあるといった、今までにない仕組みを想定しているとのことだ。

人気の記事

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

「ユニコーン企業」ーー企業価値の評価額が10億ドル以上で設立10年以内の非上場企業を、伝説の一角獣になぞらえてそう呼ぶ。該当する企業は、ユニコーンほどに珍しいという意味だ。かつてのfacebookやTwitter、現在ではUberがその代表と言われている。この連載では、そんな海外のユニコーン企業の動向をお届けする。今回は欧米を中心に注目されている「代替肉」を扱う「インポッシブル・フーズ」を紹介する。

全ての日本企業のデジタルシフトを掲げたデジタルホールディングス。「広告事業の売上は追わない」構造改革の真意に田中道昭教授が迫る

全ての日本企業のデジタルシフトを掲げたデジタルホールディングス。「広告事業の売上は追わない」構造改革の真意に田中道昭教授が迫る

社会環境・ビジネス環境が激変する中、全ての産業でデジタルシフト、DX(デジタルトランスフォーメーション)の必要性が叫ばれています。今回は、2020年7月1日に社名変更を行い、広告代理店からデジタルシフト支援事業を中核に構造改革を行うデジタルホールディングス グループCEO 野内 敦氏に、立教大学ビジネススクール田中道昭教授が対談形式でお話を伺います。 前編では、改革後初めての通期決算についての分析と考察、従来の体制から生まれ変わるための企業文化変革と事業戦略についてお話します。