Today's PICK UP

イオングループ、AIコーディネートサービスを導入 購買意欲の促進や顧客体験の向上を図る

イオングループの株式会社コックスは、コーディネートAIアプリ事業を行なう株式会社STANDING OVATIONが運営する、手持ち服とコーディネート提案を行なうサービスであるスマートフォンアプリ「XZ(クローゼット)」を、コックス公式オンラインストアに導入した。XZはAIを使用して、手持ち服を活かし、季節に合わせたコーディネートを提案する。これによりオンライン上で、店舗接客のようなコーディネート提案が実現し、購買意欲の促進や顧客体験の向上を図るという。

■AIを活用したコーディネート提案により、利用者の購買意欲を促進する

コックスは「ファッションテック企業」への変革を進めているという。その一環としてXZを導入し提案力を強化することで、公式オンラインストアの買上率を向上させEC事業の推進・拡大を図るとのことだ。XZはAIを使用し、世の中に溢れる膨大なインターネット情報から商品特徴やスナップ写真を解析し、コックスで購入された商品データを掛け合わせたコーディネートを提案する。これにより、購入した商品に何を合わせたら良いかわからない人や、いつもコーディネートがマンネリ化してしまう人などの悩みの解消を目指すという。

COX MEMBERS CLUBの会員の場合、これまでコックス公式オンラインストアで購入した商品とコーディネート提案を行なうことが可能だ。会員以外の画面には、インターネット上から選択したスナップ写真が表示される。
出典元:プレスリリース

人気の記事

ニュースアプリで全都道府県の「K値」をリアルタイムに表示 新型コロナウイルス「第二波」の兆候を確認できるように

ニュースアプリで全都道府県の「K値」をリアルタイムに表示 新型コロナウイルス「第二波」の兆候を確認できるように

株式会社JX通信社は、同社が運営する速報ニュースアプリ「NewsDigest」上で、全国と都道府県ごとのK値(週あたりの感染者増加率)を表示する機能の提供を開始した。「K値」は、警戒される第二波の兆候をいち早く掴むために有効な指標として行政の状況把握にも活用されている。