Today's PICK UP

東京都が「新型コロナウイルス感染症対策サイト」をオープン 異例のオープンソース化で、市民エンジニアと共同開発

東京都が3月4日に開設した「東京都 新型コロナウイルス感染症対策サイト」が話題となっている。都内の最新感染動向が視覚的に分かりやすいだけでなく、サイトのソースコードがオープンになっていて、市民エンジニアが開発に参加できることが特徴だ。
出典元:東京都 新型コロナウイルス感染症対策サイト
4日、小池百合子都知事や、宮坂学副知事(元ヤフー社長)が相次いで、Twitterでサイトの開設を知らせると、瞬く間に拡散した。

二人の投稿は以下の通り。
サイトを構築しているソースコードはGitHubという開発プラットフォームで公開されており、GitHubに登録しているエンジニアならば誰でも、サイトの修正提案を行うことができる。

公開以後、GitHubのユーザーから続々と修正提案が集まっていて、サイト全体やグラフの見せ方が実際に修正されている。多言語表示やユニバーサルデザインの導入などを進める動きもあり、より幅広い人が活用しやすいサイトになっていくことが期待される。

人気の記事