Today's PICK UP

味の素とシルタス、購買データから栄養バランスをスコア化するサービス「毎日の栄養通信簿」を共同開発

購入データから栄養バランスをチェックするアプリ「SIRU+」を運営するシルタス株式会社は、味の素株式会社と共同開発した「毎日の栄養通信簿」の提供を3月18日(水)から開始すると発表した。
出典元:プレスリリース

■共同開発の背景

超高齢社会に突入する日本において、幅広い世代で健康志向が高まる中、栄養バランスの重要性が見直されている。しかし、栄養バランスを把握するためには専門的な知識と毎食の記録づけが必要なため、自分ゴト化しづらいという課題がある。

同社が開発し、2019年3月からサービスを開始した「SIRU+(シルタス)」は、ポイントカードに紐づく購入データを栄養素に変換することで、日々の買い物から栄養の偏りを自動で分析し、不足の栄養素を補える食材やレシピを提案するスマホアプリ。アプリを利用すると、買い物するだけで普段の栄養バランスを把握できるので、「どんな栄養素が不足・過剰となっていて、どんな食品を食べればいいのか」が簡単に分かる。

今回、味の素と共同開発した「毎日の栄養通信簿」は、「SIRU+」に蓄積されている買い物の栄養データを用いて、「健康テーマ」ごとの栄養バランスと、たんぱく質の素となるアミノ酸を「アミノ酸バランス」として診断し、スコア化する。共同開発を通して、一般の生活者にとって馴染みの薄い栄養バランスを、興味を持ちやすい健康テーマのスコアとして提示できるようになり、生活者は自身の栄養状態を簡単に理解できるようになる。また、企業は栄養軸での顧客理解につなげることができ、生活者一人ひとりの栄養状態をもとにした商品の提案が可能になる。

■共同開発の概要

<サービス名>
「毎日の栄養通信簿 〜人生100年、健康で生きるために、アジパンダがあなたの栄養を毎日採点!〜」

<サービス概要>
SIRU+に蓄積されている買い物の栄養データを用いて、「健康テーマ」ごとの栄養バランスと「アミノ酸バランス」を診断しスコア化する。スコア化することでユーザーは自身の栄養状態を客観的に把握できるとともに、スコアを上げるためのオススメ食材やレシピが分かる。日々の買い物や調理の際に利用することで、健康的な食生活を目指すことができる。

■利用方法

(1)SIRU+アプリ内のバナーから「毎日の栄養通信簿」を開く。

(2)SIRU+アプリ上で選択した「健康テーマ」ごとの栄養バランスと「アミノ酸バランス」が診断され、スコアを見ることができる。

(3)「健康テーマ」と「アミノ酸バランス」のスコアを上げるための、オススメ食材やレシピが分かる。
出典元:プレスリリース

人気記事

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?

100年に一度の大変革期を迎えている自動車業界。そのなかで日本の自動車メーカーの行く末に「猛烈な危機感がある」と明かすのは、かねてよりマツダの天才エンジニアとして知られ、現在はシニアイノベーションフェローを務める人見 光夫氏だ。Appleをはじめとした巨大テック企業たちが自動車業界への参入をこぞって表明する今、既存の自動車メーカーが生き残りをかけて望むデジタルシフト戦略とは。ここでしか聞けない、本音が満載のインタビューです。