WATCH

味の素とシルタス、購買データから栄養バランスをスコア化するサービス「毎日の栄養通信簿」を共同開発

購入データから栄養バランスをチェックするアプリ「SIRU+」を運営するシルタス株式会社は、味の素株式会社と共同開発した「毎日の栄養通信簿」の提供を3月18日(水)から開始すると発表した。
出典元:プレスリリース

■共同開発の背景

超高齢社会に突入する日本において、幅広い世代で健康志向が高まる中、栄養バランスの重要性が見直されている。しかし、栄養バランスを把握するためには専門的な知識と毎食の記録づけが必要なため、自分ゴト化しづらいという課題がある。

同社が開発し、2019年3月からサービスを開始した「SIRU+(シルタス)」は、ポイントカードに紐づく購入データを栄養素に変換することで、日々の買い物から栄養の偏りを自動で分析し、不足の栄養素を補える食材やレシピを提案するスマホアプリ。アプリを利用すると、買い物するだけで普段の栄養バランスを把握できるので、「どんな栄養素が不足・過剰となっていて、どんな食品を食べればいいのか」が簡単に分かる。

今回、味の素と共同開発した「毎日の栄養通信簿」は、「SIRU+」に蓄積されている買い物の栄養データを用いて、「健康テーマ」ごとの栄養バランスと、たんぱく質の素となるアミノ酸を「アミノ酸バランス」として診断し、スコア化する。共同開発を通して、一般の生活者にとって馴染みの薄い栄養バランスを、興味を持ちやすい健康テーマのスコアとして提示できるようになり、生活者は自身の栄養状態を簡単に理解できるようになる。また、企業は栄養軸での顧客理解につなげることができ、生活者一人ひとりの栄養状態をもとにした商品の提案が可能になる。

■共同開発の概要

<サービス名>
「毎日の栄養通信簿 〜人生100年、健康で生きるために、アジパンダがあなたの栄養を毎日採点!〜」

<サービス概要>
SIRU+に蓄積されている買い物の栄養データを用いて、「健康テーマ」ごとの栄養バランスと「アミノ酸バランス」を診断しスコア化する。スコア化することでユーザーは自身の栄養状態を客観的に把握できるとともに、スコアを上げるためのオススメ食材やレシピが分かる。日々の買い物や調理の際に利用することで、健康的な食生活を目指すことができる。

■利用方法

(1)SIRU+アプリ内のバナーから「毎日の栄養通信簿」を開く。

(2)SIRU+アプリ上で選択した「健康テーマ」ごとの栄養バランスと「アミノ酸バランス」が診断され、スコアを見ることができる。

(3)「健康テーマ」と「アミノ酸バランス」のスコアを上げるための、オススメ食材やレシピが分かる。
出典元:プレスリリース

人気の記事

独自技術とIP戦略で日本発世界へ。産業用ドローン市場に挑むスタートアップに迫る。

独自技術とIP戦略で日本発世界へ。産業用ドローン市場に挑むスタートアップに迫る。

未来の物流、モビリティのデバイスとして注目されているドローン。2017年に設立された株式会社エアロネクストは、ベンチャー企業として初めて「CEATEC AWARD 2018 経済産業大臣賞」を受賞するなど、その革新的な技術から業界内で注目を集めています。同社のもう一つの特徴は特許やライセンスモデルを事業の中心に据えた「IP経営」。レバレッジの効くユニークな経営手法で描くドローンの未来とそのための戦略とは。お話を伺いました。

コロナウイルス問題にデジタルで挑む中国の医療現場

コロナウイルス問題にデジタルで挑む中国の医療現場

新型コロナウイルス感染症対策として、日本国内では急速にリモートワークが進んでいる。くしくもテクノロジー活用を加速させる要因となった新型コロナウイルス感染症だが、影響が著しい中国は日本の比ではない。 新型コロナウイルス感染症によって中国で一層加速するデジタルシフトの実情を、中国出身で、株式会社オプトホールディング、中国事業推進室のゼネラルマネージャー李 延光(LI YANGUANG)氏が解説する。

95%が失敗しているDX化の課題を大企業・国・メディアのキーマンたちが語る

95%が失敗しているDX化の課題を大企業・国・メディアのキーマンたちが語る

企業のデジタルトランスフォーメーション(DX)化が待ったなしの状況を迎えている中、2020年2月7日に東京・渋谷で、5GとDXをテーマとしたカンファレンス「DX Drive 2020」が開催された。今回は「5Gが加速するDX」というテーマで行われたキーノートの模様を紹介する。 ※この記事は、セッションの内容を一部、編集、抜粋してお届けしています。

「あらゆるビジネスの可能性を広げる力になる」EC事業者からプラットフォーマーとなったアリババの本質

「あらゆるビジネスの可能性を広げる力になる」EC事業者からプラットフォーマーとなったアリババの本質

2016年末、中国のアリババグループの創始者ジャック・マー氏が提唱したニューリテール戦略。オンラインとオフラインを融合し、新しくより良い顧客体験を届けると同時に、事業者側の課題解決も目指したものだ。約3年が経った今、日本にもニューリテールという言葉が浸透し、注目が集まっている。現地、中国ではどのような変化が起こっているのだろうか?