Today's PICK UP

病児保育運営支援システムがローンチへ 働く保護者向けの子育て支援を目指す

「安心して産み育てられる社会をつくる」をビジョンに活動するConnected Industries 株式会社(以下CI Inc.(シーアイ・インク))は、2020年4月5日に、働く子育て世代と病児保育施設のための病児保育運用支援システム『あずかるこちゃん』のサービスを開始すると発表した。
出典元:プレスリリース

■企業の働き方改革が加速する中、働く保護者を支える子育て支援とは

テレワークの活用など、企業の働き方が見直されつつある一方で、変わらず子育て世代を悩ませる課題がある。それは〝子どもの急病時の仕事の調整〟だ。

そんな子どもの急病時に働く保護者を支える『病児保育施設』がある。病児保育施設は、全国的に施設数、利用人数共に増加しており、平成29年度は1622施設、年間延べ利用人数は約69万人と拡充している。しかし、認知不足や電話予約に代表される利用しづらい仕組みが原因で、施設の平均利用率は 30%と低く、十分に活用されていないのが現状だ。

病児保育運営支援システム『あずかるこちゃん』は、24時間いつでも簡単にスマホやLINEから病児保育施設の検索と予約を行うことができるサービス。施設スタッフにとっても煩雑な事務作業から解放され、保育に集中できる職場環境が作られるというメリットがある。また、病気の子どもは最適な保育看護を受けられ、保護者は安心して仕事に集中できることで、企業は生産性の向上やキャリア支援の実現が見込める。
出典元:プレスリリース

■「あずかるこちゃん」の特徴(保護者向け)

・病児保育の検索から予約までスマホでシンプルに
保護者は『あずかるこちゃん』から近くの病児保育施設の場所を検索でき、『あずかるこちゃん』を契約している施設には、そのままスマホから予約申込を行うことができるようになる。予約の際には詳しい内容や空き状況を確認でき、安心して予約申込をすることが可能。施設スタッフは、これまで電話で個別対応していた予約管理業務から解放され、保育とケアに時間を使うことができる。
出典元:プレスリリース
・キャンセル忘れ防止のリマインド機能
⼦どもの体調は変わりやすく、病児保育施設では当⽇朝のキャンセルが多くなっている。施設スタッフは予約の電話対応だけでなく、キャンセル対応にも多くの時間を要している。『あずかるこちゃん』では、保護者は24時間いつでもスマホから簡単にキャンセルすることが可能。また、当日朝に予約申込をしたすべての保護者に、リマインドを送信することで、適切なキャンセルを促し、キャンセル待ちの方のスムーズな利用へ繋がる仕組みになっている。

■「あずかるこちゃん」の特徴(病児保育施設向け)

・子どもの情報を一元管理
『あずかるこちゃん』では、病児保育施設が子どもの受け入れの判断に必要な情報(名前・年齢・病名・アレルギー・既往歴・発達の状況など)を一元管理することが可能になる。保護者は時間を気にせずに子どもの情報を伝えることができ、施設側は電話対応することなく、パソコンの画面上で情報を受け取り、確認することができる。
出典元:プレスリリース
・手厚い導入サポート・カスタマーサポートの体制
『あずかるこちゃん』では、病児保育施設の導入準備期間として約1ヶ月を設けている。初期設定や使い方の案内など、安心してサービスを利用できるようサポートが充実しているという。これにより、サービス導入後のトラブルが少ないという特徴があり、また、保護者への周知活動も協力するとのことだ。
・提供開始日:申し込みから1ヶ月後に運用開始
・対象:全国の病児・病後児保育施設(形態は問わない。)
・本サービスに関するお問い合わせ先:info@ci-inc.co.jp

人気記事

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?

100年に一度の大変革期を迎えている自動車業界。そのなかで日本の自動車メーカーの行く末に「猛烈な危機感がある」と明かすのは、かねてよりマツダの天才エンジニアとして知られ、現在はシニアイノベーションフェローを務める人見 光夫氏だ。Appleをはじめとした巨大テック企業たちが自動車業界への参入をこぞって表明する今、既存の自動車メーカーが生き残りをかけて望むデジタルシフト戦略とは。ここでしか聞けない、本音が満載のインタビューです。