Today's PICK UP

エステティシャンの研修もリモートで。4月1日入社のエステティシャン研修をオンラインで開始。

ジョンソン・エンド・ジョンソン(以下J&J)の傘下であるシーズホールディングスのエステ事業部、クリニカルサロン シーズ・ラボでは、コロナウィルス感染拡大防止による自粛要請を受け、2020年4月1日入社のエステティシャン研修をオンラインで開始すると発表した。
画面に向かってウィッグを使い洗顔を練習

画面に向かってウィッグを使い洗顔を練習

出典元:プレスリリース

■創業25年、初めての試み 「ピンチをチャンスに」

シーズ・ラボでは、従来の研修制度を大きく覆し、創業以来初のオンライン研修を実施する。通常は、皮膚学や美容機器取扱方法などの座学を対面で行い、実技研修では相モデルになって肌に触れ、顔の凹凸の感覚を指先で確かめながら実践を繰り返す。まさに“手取り足取り”の付きっきり状態だ。社員の理解度を顔色や手の動きから目視して教育しているトレーナーにとっても苦渋の決断ではあったが、新入社員の不安を取り除き、前向きな気持ちで研修に参加しピンチをチャンスに変えて欲しいという強い思いがあったという。

【通常の研修風景】
出典元:プレスリリース

■具体的な研修プラン

・理論研修
・身だしなみ講習
・ウィッグを使用したフェイシャル実技

情勢を見極めながら新社会人のエステティシャンデビューをサポートするという。但し、全ての実技はオンライン上では難しいとのことだ。
新入社員へ発送した荷物

新入社員へ発送した荷物

出典元:プレスリリース

■新入社員とトレーナーの声

「普通は見れるはずのない仲間の集中している顔が見ることができて自分も集中できたと思います」(新入社員)
「不安があったけど離れていても研修ができて便利だと思いました」(新入社員)
「安全性を強く感じた。睡魔に襲われている姿もなく、こちらもモチベーションが下がらなかったです」(トレーナー)

人気記事

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?

100年に一度の大変革期を迎えている自動車業界。そのなかで日本の自動車メーカーの行く末に「猛烈な危機感がある」と明かすのは、かねてよりマツダの天才エンジニアとして知られ、現在はシニアイノベーションフェローを務める人見 光夫氏だ。Appleをはじめとした巨大テック企業たちが自動車業界への参入をこぞって表明する今、既存の自動車メーカーが生き残りをかけて望むデジタルシフト戦略とは。ここでしか聞けない、本音が満載のインタビューです。