WATCH

北海道で"世界初・設置型無人AIレジ”による地方創生の取り組みが開始へ 「持続可能な小さな経済圏」の形成を目指す

一般社団法人ナンモダは、世界初となる人工知能搭載型レジを開発したサインポスト株式会社と協働し、持続可能な野菜直売所の運営を構築するために世界初となる設置型AI搭載レジ「ワンダーレジ」を新冠町の野菜直売所(ナンモダ百貨新冠本店)に導入する。2020年4月18日(土)より稼働する予定だ。
加速度的に進む人口減少により、個人商店や野菜直売所などの実店舗は全国的に減ると考えられる。低人口地域では、人手不足、あるいは売上の減少、人件費が収益を圧迫するなどの理由により、商店は消滅危機にさらされている。ワンダーレジを野菜直売所に導入しつつ、生産農家と協働しながら「持続可能な小さな経済圏」を形成することを目指すという。
出典元:プレスリリース
北海道新冠町の野菜直売所に実装されるワンダーレジは以下の特徴がある。
1)AI搭載型レジ。
2)Re-board製(リサイクル可能な段ボール製)。
 ※Re-boardは、100%紙素材のリサイクル可能な環境にやさしい資材。
3)シニアにやさしい現金対応型。

■北海道新冠町のナンモダ百貨新冠本店(野菜直売所)

人口約5500人の町、北海道新冠町のサラブレッドロード新冠道の駅隣接施設「にいかっぷキッチン」内に2018年12月にオープンしたナンモダ百貨新冠本店は、新規就農者増と生産農家の所得向上、そして地域の商圏の存続を目的とした野菜直売所。本プロジェクトを運営する一般社団法人ナンモダは、2018年3月にパラレルワークを低人口地域に実装し、個人や町内外そして海外の企業、そして国内外の自治体と積極的に協働しながら、地域や世界における社会的課題の解決に寄与するために設立された法人だ。
出典元:プレスリリース

人気の記事