WATCH

通行量データの分析結果が公表。原宿の人通りが約1/10に 新型コロナウイルス対策の自粛効果か

Intelligence Design株式会社は、通行量調査を機械的に実施する「IDEA counter」を原宿に設置している。新型コロナウイルス感染症の影響を広く知らせるために、直近数週間の通行者に関するデータを公開した。

■原宿/明治神宮前エリアでの1日あたり通行者数【人/日】

出典元:プレスリリース

■原宿/明治神宮前エリアでの外出率【%】(通常時の通行者数との比較)

出典元:プレスリリース
東京都にて初めて週末の外出自粛要請が出された1週間前のデータから6日までの推移を分析。具体的には、一日あたりの通行者数と2月の平均通行者数との比較を行った。(データは一部四捨五入等、補正をかけている)

①週末の通行者数は約90%の大幅減
外出自粛要請後の週末1日あたりの通行者数は、従来の2月の通行者から比較して10%台まで激減している。従来の2月の原宿における週末の通行者は約22,000人だった。3月の外出自粛要請が出される前の週末(3/20~22)では約12,700人の通行者、1回目の外出自粛要請が出された週末(3/28~29)では約2,600人の通行者、2回目の外出自粛要請が出された週末(4/4~5)では3,200人の通行者、大幅に減少していることが判明した。(3/29は降雪の影響も想定されるという)

②平日の通行者数も徐々に減少
外出自粛要請後の平日1日あたりの通行者数は、従来の2月の通行者から比較して約50%減少している。従来の2月の原宿における平日の通行者は約18,000人だった。3月の外出自粛要請が出される前の平日(3/23~27)では約12,800人の通行者、外出自粛要請後の平日(3/30~4/3)では約8,600人の通行者、となっており外出自粛要請が出されてからは、平日も徐々に自粛ムードが広がっていることも判明した。

<調査概要>
・調査期間
3月18日~4月6日
・調査エリア
原宿/明治神宮前(明治通り沿い)
・調査データ概要
「IDEA counter」にて匿名化処理して通行者カウントを行ったもの
(撮影条件次第では人数カウントができていないこともある)
・情報の取り扱い
エッジCPUにて画像処理をして、サーバーには個人情報を保存しない機構になっている。そのため、個人の顔画像などを保存しないようになっており、個人を特定できないサービスだ。

人気の記事