Today's PICK UP

国内外のアーティストの原画を届ける、現代アートのサブスクリプションサービスが急成長!

現代アートのサブスクリプションサービス「Casie(かしえ)」を運営する株式会社Casieは総額1億円の第三者割当増資を実施したと発表した。

■Casie(かしえ)について

2019年1月にWebサービスをローンチしたCasieは、毎日の暮らしに彩りと豊さを届ける現代アートのサブスクリプションサービス。国内外における新進気鋭アーティストが実際に手がけた原画が自宅に届き、季節や気分に合わせて自由に交換が可能だ。Instagramやマスメディアを中心に話題になり、Webサービスリリース1年でユーザー数3,000人を超える現代アートのサブスクリプションサービスとして急成長している。
出典元:プレスリリース

■ユーザーの7割以上が一般個人宅

出典元:プレスリリース
Casie(かしえ)ではアートビギナーでも簡単にアートのある暮らしを自宅に導入できる。サブスクリプションスタイルで約6,500作品の中から自由に選ぶことができ、気分や季節に合わせて自由に作品を交換することが可能。届けるのは版画やポスターではなく世界に一点モノの原画。作品選びを専属キュレーターがサポートする無料サービスや、心理テスト感覚で好みのアートを診断するLINE診断サービスも提供している。

■アーティストの新しい成功体験をつくるプラットフォーム

出典元:プレスリリース
国内外における新進気鋭のアーティストから作品現物を無料で預かり、サブスク・販売売上の一部を毎月報酬としてアーティストに還元している。収入面のサポートだけでなく、ユーザー嗜好や作品流通データの共有により創作活動のヒントとなる情報提供も行っている。サービスリリースから1年で400名を超えるアーティストから約6,500作品を預かるまでに成長。アーティストの新しい成功体験を生み出すプラットフォームとして日本最大級規模を目指すという。

人気の記事

日経クロストレンド「トレンドマップ 2020夏」が発表 技術分野は「DX」が躍進

日経クロストレンド「トレンドマップ 2020夏」が発表 技術分野は「DX」が躍進

株式会社 日経BPは2020年9月3日、マーケティング&イノベーション専門メディア「日経クロストレンド」が作成した「技術」「マーケティング」「消費」の潮流を見極める「トレンドマップ 2020夏」を発表した。本調査は18年夏、19年冬、19年夏、20年冬に続く5回目、新型コロナウイルスの影響が本格化した20年上半期のトレンド変化を踏まえた初の調査結果となる。