Today's PICK UP

新型コロナウイルスの感染が発表された場所を表示できる機能が開発 GPSで自身がその場所に行っていないかチェックも可能

報道ベンチャーの株式会社JX通信社は、運営する速報ニュースアプリ「NewsDigest」上で、GPSによる位置情報機能を活用し、全国の新型コロナウイルスの感染事例が発表された場所を表示できる機能を開発、提供を開始した。本機能は、NewsDigestアプリ(iOS/Android対応:無料)内下部の「新型コロナ」特設タブに設置しており、無料で利用できる。

■開発の意図

・外出自粛の緩和や店舗の営業再開等に伴う、感染リスクへの対応
・自治体や企業による発表情報をもとにした正確な情報提供で、デマ・風評被害を防止
・個人情報を送信せずに接触リスクを確認できるアプリの提供

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)をめぐっては、行政による「外出自粛要請」の緩和(出口戦略)や、店舗の営業再開の動きが出てきている。しかし、引き続き外出による感染リスクに警戒が必要な状況は変わっていない。また、ウイルスとの戦いの長期化に伴い、地域によっては感染場所をめぐる根拠のない噂やデマの拡散、風評被害につながる事例が増えつつある。

こうした課題を踏まえて、同社では、運営する速報ニュースアプリ「NewsDigest」内に、GPSによる位置情報を用いて現在地周辺で感染事例のあるピンポイントな場所をチェックできる機能を設置した。掲載する情報は、全て自治体や企業による正式な発表(一次情報)をもとにしており、正確な情報収集が可能。また、施設により消毒等の情報がある場合は、その旨も明記されている。

■NewsDigest 感染状況マップの特長

・約1700ヶ所・延べ5,000人超(7日時点)の感染事例に関連する場所の情報をピンポイントに網羅
・消毒されている場合は、その旨も明記
・情報の日付をもとに、その前後にユーザー自身がその場所に行っていないかチェック可能
・GPS位置情報は、ユーザーが地図上で現在地周辺を確認したい時だけ、ボタンをタップすることで利用可能。ユーザーの移動履歴等が保存されない、プライバシーに配慮した仕組み

人気の記事

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

「ユニコーン企業」ーー企業価値の評価額が10億ドル以上で設立10年以内の非上場企業を、伝説の一角獣になぞらえてそう呼ぶ。該当する企業は、ユニコーンほどに珍しいという意味だ。かつてのfacebookやTwitter、現在ではUberがその代表と言われている。この連載では、そんな海外のユニコーン企業の動向をお届けする。今回は欧米を中心に注目されている「代替肉」を扱う「インポッシブル・フーズ」を紹介する。