Today's PICK UP

配信プラットフォーム「バーチャル渋谷」がオープン オンラインイベントとXRコンテンツの体験が可能に

KDDI株式会社、一般社団法人渋谷未来デザイン、一般財団法人渋谷区観光協会を中心とする参画企業50社で組成する「渋谷5Gエンターテイメントプロジェクト」は、新型コロナウイルス感染症の影響拡大に伴い、経済や文化などさまざまな活動が制限されるなか、先端テクノロジーを活用してエンターテイメントの活動を止めることなく、自宅からさまざまなイベントの開催、参加が可能となる渋谷区公認の配信プラットフォーム「バーチャル渋谷」を2020年5月19日からオープンすると発表した。
「バーチャル渋谷」は、自宅に居ながらも活動を止めることなく、アーティストのライブやアート展示、トークイベントなど「渋谷」らしいコンテンツを発信・体験できることをコンセプトとしており、先端テクノロジーとエンターテイメントを組み合わせることでバーチャルイベント会場と、リアルな渋谷の街と連携し同一コンテンツを表現するデジタルツイン(ミラーワールド)の2つの体験を提供するという。

本プラットフォームは、11月開催の渋谷区共催事業”SOCIAL INNOVATION WEEK SHIBUYA 2020 (SIW)“における都市型イベント会場としても展開する予定だ。なお、2020年5月19日のオープニングイベントとして、「バーチャル渋谷」上のスクランブル交差点にて、「攻殻機動隊 SAC_2045」を含む「攻殻機動隊」シリーズのファンである、SEKAI NO OWARI “DJ LOVE”や、にじさんじ所属バーチャルライバー アンジュ・カトリーナの他、渋谷未来デザイン フューチャーデザイナー 若槻 千夏、S/U/P/E/R(スーパー)DOMMUNE(ドミューン)代表 宇川 直宏らがアバターとして登場する、LIVEトークイベントを実施する予定とのことだ。

■「バーチャル渋谷」概要

「バーチャル渋谷」では主に2つの体験を楽しむことができる。1つめの体験は、バーチャルイベント会場で開催されるさまざまなオンラインイベントだ。利用者は自宅からスマートフォンやPC、VRデバイスを使ってイベント会場となる「バーチャル渋谷」に参加できる。アバターを使って会場内を自由に動き回りながら、たくさんの観客と同じ空間を共有し、インタラクティブなオンラインイベントを楽しむことができる。イベントの様子は動画配信サービスなどでも配信し、渋谷の新たなイベント会場・発信スタジオとして展開する。イベント会場は、現実の渋谷にバーチャルならではの演出や装飾を加えた特別な空間となっているという。

2つめの体験は、これまで実際に渋谷に行かなければ体験できなかった「XRアート」などのXRコンテンツだ。リアルな渋谷とつながったもうひとつの渋谷を回遊しながら、さまざまなXRコンテンツを楽しむことができる。XRコンテンツは、リアルとバーチャルのそれぞれの渋谷の同じ場所で、同一のものを展開。渋谷の「デジタルツイン」として、リアルとバーチャルの双方をエンターテイメントで拡張する。

(1)コンセプト
・渋谷らしいコンテンツを発信する「場所」をバーチャル空間上に構築。今後、「渋谷5Gエンターテイメントプロジェクト」参画企業等とのコラボレーションを予定。
・渋谷を代表するスクランブル交差点のスポットを回遊可能。スポットは随時拡大予定。
・各スポットでは、リアルな“渋谷”と同様にアーティストによるライブや、トークショー、アート展示などのエンターテイメントが体感できるオンラインイベントを随時開催。
・5Gや最先端のテクノロジーを駆使し、どこからでもアクセスでき、時間や場所など従来の制約を超えた5G時代のエンターテイメントを提供。
・リアルな渋谷の街と連携し同一コンテンツを表現するデジタルツイン(ミラーワールド)のデジタルとリアルが融合する世界を実現。

(2)利用料金
無料

(3)協力企業
・クラスター株式会社:バーチャルイベントプラットフォーム「cluster」を運営。バーチャルイベント会場において「cluster」を用いた技術協力。
・株式会社Psychic VR Lab:VR/ARクリエイティブプラットフォーム「STYLY」を提供。デジタルツイン(ミラーワールド)において「STYLY」を用いた技術協力。

人気の記事

日経クロストレンド「トレンドマップ 2020夏」が発表 技術分野は「DX」が躍進

日経クロストレンド「トレンドマップ 2020夏」が発表 技術分野は「DX」が躍進

株式会社 日経BPは2020年9月3日、マーケティング&イノベーション専門メディア「日経クロストレンド」が作成した「技術」「マーケティング」「消費」の潮流を見極める「トレンドマップ 2020夏」を発表した。本調査は18年夏、19年冬、19年夏、20年冬に続く5回目、新型コロナウイルスの影響が本格化した20年上半期のトレンド変化を踏まえた初の調査結果となる。