Today's PICK UP

新型コロナ影響下のeギフト販売動向が公開 自宅にギフトが届く「配送型」と「デジタル型」ギフトの販売が増加

株式会社ギフティは、ギフティが運営するWEBサービスおよびスマートフォン向けのアプリ「giftee」上の販売データを集計し、新型コロナウイルスの感染拡大にともなうeギフト販売動向の変化を調査した。

■自宅にギフトが届く配送型、デジタル型ギフトの販売増

配送種類別では、eギフトを受け取った人の指定場所へ商品を配送する「配送型」ギフト、外部サイトでの商品購入の際にシリアルコード等を利用する「デジタル型」ギフトの利用が増加した。中でも「配送型」ギフトは売上全体に占める割合が、昨年1年間の平均値に対して約500%増となったという。

新型コロナウイルス感染症拡大に伴う緊急事態宣言の発令により、飲食・小売・サービス等の店舗において営業自粛や営業時間の短縮が続いている。そのような背景から、自宅で商品を受け取れるeギフトの需要が伸びたことが伺える。

■自宅で楽しめる高価格帯のグルメや嗜好品ギフト、美容アイテムの販売が増加

ギフトの傾向としては、レストラン系商品やグルメカタログなどのグルメギフト、コーヒー・紅茶、クラフトビールなど嗜好品ギフトの販売が増加した。また、ホワイトデーや母の日の需要など女性向けのプレゼントとして、スキンケア商品など美容アイテムの販売数も増加した。
出典元:プレスリリース

■高価格帯の商品の需要が増加。平均単価も上昇

ギフトシーン別では「誕生日」「出産祝い」などのシーンにおいて高価格帯の商品の需要が増加した。それに伴い、「giftee」の1送信あたりの平均購入単価が上昇。不要不急の外出自粛要請にともない、普段なら直接手渡ししているギフトシーンにおいて、離れた相手にもLINEやメールなどから簡単に贈れるeギフトを代用するシーンが伺えたという。

■母の日の売上が昨対同日比で約147%増

最後に、速報値ベースだが、2020年の母の日(5月10日)当日の売上が昨対同日比で約147%増加したとのことだ。

人気記事

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?

100年に一度の大変革期を迎えている自動車業界。そのなかで日本の自動車メーカーの行く末に「猛烈な危機感がある」と明かすのは、かねてよりマツダの天才エンジニアとして知られ、現在はシニアイノベーションフェローを務める人見 光夫氏だ。Appleをはじめとした巨大テック企業たちが自動車業界への参入をこぞって表明する今、既存の自動車メーカーが生き残りをかけて望むデジタルシフト戦略とは。ここでしか聞けない、本音が満載のインタビューです。