Today's PICK UP

AIによる画像認識を活用した自動採寸サービスが発表 手作業のミスによる返品のコスト削減を目指す

株式会社モンスター・ラボと株式会社ユニメイトは、サイズ集計・交換に伴う費用および人的コスト削減を目的として、AIによる画像認識を活用した自動採寸PWA(Progressive Web Apps ※)『AI×R Tailor(エアテイラー)』を企画開発したと発表した。今後、実証実験に移るという。
出典元:プレスリリース

■本PWA企画開発の背景

ユニメイトは、ユニフォームの販売、レンタルおよびクリーニングを含めた総合サービスを規模・業種に関わらず広く行なってきた。その中で、ユニフォームのサイズ違い(人の手でサイズ測定・集計が行われているため)での返品率は最大実績で40%に上り、労力も含め返品・交換に多大なコストが発生していた。また、予想されるサイズ交換に備えた必要数以上の在庫は廃棄品発生にもつながるため、環境配慮の観点においても課題があった。

ユニメイトは、このコスト削減と環境配慮の点で、生産前の正確なサイズ把握が顧客に対してのサービス改善を含む付加価値を生むと考えており、モンスター・ラボは、写真を撮るだけで適切なサイズがわかるPWAを企画、画像認識を活用した自動採寸のAIエンジンを独自開発した。サイズ集計・返品交換にかかる費用/人的コストおよび在庫を削減すると同時に、エンドユーザーにとっては最適なフィッティングによる着心地の向上を実現することで、サービス価値の最大化を目指すという。

■本PWAについて

サイズを測る対象となる人の背面、左側面の2枚の写真と、身長・年齢・体重・性別の基本データから、適したサイズがフィードバックされるシンプルなアプリケーションとなっている。正確に撮影をするコツが予め提示され、カメラ起動後も撮影しやすいよう、人型の枠が出てくるため、その枠に対象を当てはめるように撮影することができる。
出典元:プレスリリース
※フィードバックされたサイズが「特寸」である場合には、「詳細な採寸結果を表示」のボタンを押すことで、詳細な採寸結果を表示して確認することも可能だという。
出典元:プレスリリース

人気の記事

日経クロストレンド「トレンドマップ 2020夏」が発表 技術分野は「DX」が躍進

日経クロストレンド「トレンドマップ 2020夏」が発表 技術分野は「DX」が躍進

株式会社 日経BPは2020年9月3日、マーケティング&イノベーション専門メディア「日経クロストレンド」が作成した「技術」「マーケティング」「消費」の潮流を見極める「トレンドマップ 2020夏」を発表した。本調査は18年夏、19年冬、19年夏、20年冬に続く5回目、新型コロナウイルスの影響が本格化した20年上半期のトレンド変化を踏まえた初の調査結果となる。