Today's PICK UP

約6割が新型コロナで「ビデオ通話サービスの利用が増えた」と回答 「ビデオ通話サービス」利用率1位は「LINE」、2位「Skype」

株式会社ジャストシステムは、マーケティングリサーチに関する情報サイト「Marketing Research Camp(マーケティング・リサーチ・キャンプ)」で、ネットリサーチサービス「Fastask」を利用して実施した『動画&動画広告 月次定点調査(2020年4月度)』の結果を発表した。本調査は、17歳~69歳の男女1,100名を対象にしている。
出典元:プレスリリース

■約8割が、「ビデオ通話サービス」を認知

インターネットを利用し、互いの映像を見ながらリアルタイムに通話できる「ビデオ通話サービス」について、「利用したことがある」人は40.6%、「知っているが、利用したことはない」人は40.2%だった。あわせて「ビデオ通話サービス」を認知している人は、80.8%だった。年代別に「利用したことがある人」の割合を見てみると、10代(66.3%)、20代(52.6%)、30代(47.0%)、40代(31.1%)、50代(33.5%)、60代(25.7%)。10代では、7割近くに利用した経験があった。

■「ビデオ通話サービス」の利用率1位は「LINE」、2位「Skype」

「ビデオ通話サービス」の利用経験者に、利用したことがある「ビデオ通話サービス」を聞いたところ、最も多くの人が「LINE」を挙げた(61.5%)。次いで「Skype」(39.7%)、「Zoom」(28.2%)、「FaceTime」(27.0%)だった。
※複数回答あり。

■約6割が、新型コロナウイルスの流行で、「ビデオ通話サービスの利用が増えた」

「ビデオ通話サービス」の利用経験者のうち、新型コロナウイルス流行の影響により、「ビデオ通話サービス」の利用が「増えた」と答えた人は33.1%、「やや増えた」人は26.1%だった。一方、「減った」人は2.1%、「やや減った」人は0.9%だった。「変化はない」と答えた人は36.6%。利用が「増えた」「やや増えた」と回答した人の割合を男女別に見てみると、男性は64.0%に対し、女性は53.7%だった。利用機会が増加した男性は6割を超えることがわかった。

■個人で「ビデオ通話サービス」利用するのは、「会った気分を味わえる」

個人で私用として「ビデオ通話サービス」を利用する際、自分を含めた通話人数を聞いたところ、「2人」(53.6%)が最も多く、次いで「3~5人未満」(47.7%)、「5~10人未満」「10人以上」(ともに11.7%)だった。また、「ビデオ通話サービス」を利用する理由として、「対面せずに会った気分を味わえるため」を挙げた人が最も多く(48.7%)。ほかには「暇つぶし」(33.1%)、「別のことをしながらでも、会話ができる」(32.0%)だった。
※複数回答あり。

調査名:『動画&動画広告 月次定点調査 (2020年4月度)』
調査期間 :2020年4月24日(金)~2020年4月26日(日)
調査対象 :17歳~69歳の男女1,100名
詳細な調査結果レポートはこちらで公開されている。

人気の記事

日経クロストレンド「トレンドマップ 2020夏」が発表 技術分野は「DX」が躍進

日経クロストレンド「トレンドマップ 2020夏」が発表 技術分野は「DX」が躍進

株式会社 日経BPは2020年9月3日、マーケティング&イノベーション専門メディア「日経クロストレンド」が作成した「技術」「マーケティング」「消費」の潮流を見極める「トレンドマップ 2020夏」を発表した。本調査は18年夏、19年冬、19年夏、20年冬に続く5回目、新型コロナウイルスの影響が本格化した20年上半期のトレンド変化を踏まえた初の調査結果となる。