Today's PICK UP

約6割が新型コロナで「ビデオ通話サービスの利用が増えた」と回答 「ビデオ通話サービス」利用率1位は「LINE」、2位「Skype」

株式会社ジャストシステムは、マーケティングリサーチに関する情報サイト「Marketing Research Camp(マーケティング・リサーチ・キャンプ)」で、ネットリサーチサービス「Fastask」を利用して実施した『動画&動画広告 月次定点調査(2020年4月度)』の結果を発表した。本調査は、17歳~69歳の男女1,100名を対象にしている。
出典元:プレスリリース

■約8割が、「ビデオ通話サービス」を認知

インターネットを利用し、互いの映像を見ながらリアルタイムに通話できる「ビデオ通話サービス」について、「利用したことがある」人は40.6%、「知っているが、利用したことはない」人は40.2%だった。あわせて「ビデオ通話サービス」を認知している人は、80.8%だった。年代別に「利用したことがある人」の割合を見てみると、10代(66.3%)、20代(52.6%)、30代(47.0%)、40代(31.1%)、50代(33.5%)、60代(25.7%)。10代では、7割近くに利用した経験があった。

■「ビデオ通話サービス」の利用率1位は「LINE」、2位「Skype」

「ビデオ通話サービス」の利用経験者に、利用したことがある「ビデオ通話サービス」を聞いたところ、最も多くの人が「LINE」を挙げた(61.5%)。次いで「Skype」(39.7%)、「Zoom」(28.2%)、「FaceTime」(27.0%)だった。
※複数回答あり。

■約6割が、新型コロナウイルスの流行で、「ビデオ通話サービスの利用が増えた」

「ビデオ通話サービス」の利用経験者のうち、新型コロナウイルス流行の影響により、「ビデオ通話サービス」の利用が「増えた」と答えた人は33.1%、「やや増えた」人は26.1%だった。一方、「減った」人は2.1%、「やや減った」人は0.9%だった。「変化はない」と答えた人は36.6%。利用が「増えた」「やや増えた」と回答した人の割合を男女別に見てみると、男性は64.0%に対し、女性は53.7%だった。利用機会が増加した男性は6割を超えることがわかった。

■個人で「ビデオ通話サービス」利用するのは、「会った気分を味わえる」

個人で私用として「ビデオ通話サービス」を利用する際、自分を含めた通話人数を聞いたところ、「2人」(53.6%)が最も多く、次いで「3~5人未満」(47.7%)、「5~10人未満」「10人以上」(ともに11.7%)だった。また、「ビデオ通話サービス」を利用する理由として、「対面せずに会った気分を味わえるため」を挙げた人が最も多く(48.7%)。ほかには「暇つぶし」(33.1%)、「別のことをしながらでも、会話ができる」(32.0%)だった。
※複数回答あり。

調査名:『動画&動画広告 月次定点調査 (2020年4月度)』
調査期間 :2020年4月24日(金)~2020年4月26日(日)
調査対象 :17歳~69歳の男女1,100名
詳細な調査結果レポートはこちらで公開されている。

人気記事

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?

100年に一度の大変革期を迎えている自動車業界。そのなかで日本の自動車メーカーの行く末に「猛烈な危機感がある」と明かすのは、かねてよりマツダの天才エンジニアとして知られ、現在はシニアイノベーションフェローを務める人見 光夫氏だ。Appleをはじめとした巨大テック企業たちが自動車業界への参入をこぞって表明する今、既存の自動車メーカーが生き残りをかけて望むデジタルシフト戦略とは。ここでしか聞けない、本音が満載のインタビューです。