Today's PICK UP

iPhone「ロイヤルユーザー」の特徴が浮き彫りに 「データ移行が楽」の一方で「大型化」は歓迎されていない傾向

株式会社日経リサーチは日本でも大手携帯キャリアから5月11日に新製品が発売されたiPhoneの日本における強さの理由を探るため、ユーザーの属性や継続理由をオンラインで調査した。調査は日経リサーチに登録している調査モニター(アクセスパネル)の中から、全国の一般個人のスマートフォンユーザーを対象に実施し、1,623人の回答が得られた。

■ユーザーに際立つ継続意向者の多さ

iPhoneが日本のスマートフォン市場に占めるシェアは半分近くにのぼり、極めて高い状態にある。さらに、調査回答者でユーザーの多かったiPhone、Xperia、AQUOSの3機種で継続意向を比較すると、iPhoneは「絶対に同じ端末(機種)を選ぶ」が27%と他機種と比べて多く、固定ファンを多く抱えている(図1)

図1.利用機種別の継続意向の違い
出典元:プレスリリース
iPhoneが、これほど支持される理由はどこにあるのか。iPhoneユーザーに聞いたアンケート結果を自由回答も含めて分析することで、その理由を探った。今回は、日経リサーチ独自の手法「CrossRanking」を用いて分析したという。iPhoneユーザーを継続意向の強さで3つのグループに分けると、それぞれの違いが浮かび上がってきた。
出典元:プレスリリース

■ロイヤルユーザーはAppleのエコシステムを評価

iPhoneユーザーのうち、次も「絶対にiPhoneを選ぶ」人をロイヤルユーザーとすると、「データ」の「移行」が「楽」であることを多くの人があげている。また、「故障」しない信頼性、所有するiPadやMacBookと「同期」できる点も評価されている。このことから、ロイヤルユーザーはApple社製品全般のファンであり、同社のエコシステムをフルに活用している人が多いと考えられる。一方で不満点としては、自分の「手」の大きさに合わないという回答があがっており、iPhoneの大型化を歓迎していない様子がみてとれる。

iPhoneロイヤルユーザーの自由回答の特徴単語ランキング
出典元:プレスリリース
次に、継続意向で「おそらくiPhoneを選ぶ」と回答した「一般ユーザー」は、「使い慣れた」iPhoneから別の機種に乗り換えると、「操作」を覚えるのが「面倒」という声が多かった。学習コストを払いたくない人が浮かび上がってくる。なお、悪い点としては「充電」が持たないことや、「頻繁」にOSのアップデートがあることなどへの不満があげられた。

iPhone一般ユーザーの自由回答の特徴単語ランキング
出典元:プレスリリース
最後にこれら以外の「どちらともいえない」や「選ばない」という選択肢を選んだユーザーの回答を分析。多くあげられた特徴的な単語から推察すると、「高い」「価格」を払うだけの価値があるのか、次に「買い替える」時には「検討」したい、というコストパフォーマンスをきちんと見極めようとする姿勢がうかがえる。

iPhone離反予備ユーザーの自由回答の特徴単語ランキング
出典元:プレスリリース

■現行ユーザーの不満を解消しそうなiPhone SE

各携帯キャリアは5月11日、iPhone SEを一斉に発売した。iPhone SEは価格の安さと、最近のiPhoneシリーズの中では比較的小さなサイズが特徴であり、サイズはロイヤル層の不満を、価格の安さはロイヤル層と離反予備層の不満点をそれぞれ改善する可能性があるとのことだ。「新しい生活様式」が推奨される中、スマートフォンの購買行動に変化はあるのか、消費者の反応が注目される。

人気の記事

日経クロストレンド「トレンドマップ 2020夏」が発表 技術分野は「DX」が躍進

日経クロストレンド「トレンドマップ 2020夏」が発表 技術分野は「DX」が躍進

株式会社 日経BPは2020年9月3日、マーケティング&イノベーション専門メディア「日経クロストレンド」が作成した「技術」「マーケティング」「消費」の潮流を見極める「トレンドマップ 2020夏」を発表した。本調査は18年夏、19年冬、19年夏、20年冬に続く5回目、新型コロナウイルスの影響が本格化した20年上半期のトレンド変化を踏まえた初の調査結果となる。