Today's PICK UP

表情から「モチベーションを見える化する」AIメンタルヘルスケアシステムがリリース

中日本コミュニケーション株式会社は、独自AIが顔写真から感情を分析しモチベーションとして「見える化」することで、従業員のメンタルヘルスの不調を未然に防ぐAIメンタルヘルスケアシステム「ZooMe Checker」の販売を開始した。

■ ZooMe Checkerの3つの特徴

【1】モチベーションを「見える化」
日々の顔写真を元に、独自AIが「喜び」や「苦しみ」などの感情を分析し、モチベーションを可視化することができる。管理者は従業員一人ひとりの変化を把握、感情の落ち込みに対して迅速にケアを行うことで、メンタルヘルスの不調を未然に防ぎ、生産性の向上に繋げる。

【2】診断サービス
メンタルヘルスは非常にセンシティブな問題のため、慎重にケアを行う必要がある。同社ではメンタルヘルスの専門知識を持った心理カウンセラーと提携しノウハウを蓄積。電話やメール、チャットボットなどで利用者からの疑問に答える。

【3】モーニングコールオプション
管理者は、シフトの登録・管理から、実際の打刻状況までリアルタイムで把握可能。出勤の打刻がない場合は管理者にアラートメールを送信することが可能だ。また、夜勤など万が一の寝過ごしに備えて、任意の時刻に自動でモーニングコールを発信することも可能だという。
出典元:プレスリリース

■「ZooMe Checker」開発の背景

雇用形態の多様化やAIの台頭による雇用の縮小で、多くのビジネスパーソンは常にストレスと戦っている。過度なストレスはモチベーション低下とメンタルヘルス不調を引き起こし、結果的に人材の流出に繋がる。人材の流出を防ぐには管理者による部下のマネジメントが不可欠だが、数字は管理できても心の健康管理(モチベーション)まではできていない企業が多いと感じたという。モチベーションは数値化することが難しいため、管理者のマネジメントスキルに大きく影響されてしまうのが原因だ。

このような状況の中、「ZooMe Checker」ではスタッフの顔写真を日々記録することにより、心理カウンセラー監修の独自AIシステムが顔写真からモチベーションの変化を可視化し、定量的に管理することを可能にした。可視化することで属人化を防止し、あらゆる管理者に同水準のメンタルヘルスケアの指針を提供するとのことだ。
出典元:プレスリリース

人気記事

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?

100年に一度の大変革期を迎えている自動車業界。そのなかで日本の自動車メーカーの行く末に「猛烈な危機感がある」と明かすのは、かねてよりマツダの天才エンジニアとして知られ、現在はシニアイノベーションフェローを務める人見 光夫氏だ。Appleをはじめとした巨大テック企業たちが自動車業界への参入をこぞって表明する今、既存の自動車メーカーが生き残りをかけて望むデジタルシフト戦略とは。ここでしか聞けない、本音が満載のインタビューです。