Today's PICK UP

企業向け「相互称賛アプリ」が提供開始 ブロックチェーンで改ざんを防ぎ、人材価値を高める

株式会社Gincoは、一般社団法人ピアトラストの提供開始する企業向け相互称賛アプリ『Peer-Trust』の開発をサポートし、ブロックチェーン基盤の提供・稼働を開始したと発表した。

■サービスの背景について

近年、情報技術の進化によって、ビジネス環境や個人の働き方に関する価値観が変化し、仕事に向き合うモチベーションのあり方も多様化してきた。これに加えて、昨今のコロナウイルスの流行にともなう未曾有の経済危機と、ワーク&ライフスタイルの急激な変化を踏まえ、従業員のモチベーション・マネジメントの必要性は、かつてないほど高まっているという。

■サービスの特徴について

「Peer-Trust」は、上司・部下や同僚と互いの仕事ぶりをアプリ上のカードで称賛し合う企業向けサービス。業種や職種を問わず、成果に貢献するマインドセットを従業員同士が互いに称賛しあうことで、社員の貢献実感と成長意欲を高める。

■本プロジェクトにおけるブロックチェーン活用について

「Peer-Trust」は、相互称賛を記録する情報基盤にブロックチェーンを採用している。従来、社員一人ひとりの働き方やプロセスに対する評価を日常的にデータ化することは、上長の負担やデータ入力の不便さ等の理由で長続きしにくいものだった。評価の定性情報は上長の判断と本人の自己申告に頼らざるを得ず、働きぶりの実態を客観的に証明することは困難だ。「Peer-Trust」は、相互称賛の履歴を、改ざん困難なブロックチェーン上に記録し、個人の職歴を通じた人材価値データとして活用していくことを目指しているという。他者の恣意的な操作を防ぎ、個人のキャリア・アセットを正しく保持することで、人材価値を高め続けることが可能となるとのことだ。

人気の記事

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

「ユニコーン企業」ーー企業価値の評価額が10億ドル以上で設立10年以内の非上場企業を、伝説の一角獣になぞらえてそう呼ぶ。該当する企業は、ユニコーンほどに珍しいという意味だ。かつてのfacebookやTwitter、現在ではUberがその代表と言われている。この連載では、そんな海外のユニコーン企業の動向をお届けする。今回は欧米を中心に注目されている「代替肉」を扱う「インポッシブル・フーズ」を紹介する。

全ての日本企業のデジタルシフトを掲げたデジタルホールディングス。「広告事業の売上は追わない」構造改革の真意に田中道昭教授が迫る

全ての日本企業のデジタルシフトを掲げたデジタルホールディングス。「広告事業の売上は追わない」構造改革の真意に田中道昭教授が迫る

社会環境・ビジネス環境が激変する中、全ての産業でデジタルシフト、DX(デジタルトランスフォーメーション)の必要性が叫ばれています。今回は、2020年7月1日に社名変更を行い、広告代理店からデジタルシフト支援事業を中核に構造改革を行うデジタルホールディングス グループCEO 野内 敦氏に、立教大学ビジネススクール田中道昭教授が対談形式でお話を伺います。 前編では、改革後初めての通期決算についての分析と考察、従来の体制から生まれ変わるための企業文化変革と事業戦略についてお話します。