Today's PICK UP

ソフトバンク、クラウドゲーミングサービスを正式リリース、高負荷ゲームをスマホでも。

ソフトバンク株式会社は、5G時代のエンタメ配信サービス「5G LAB」の「GAME SQUARE」カテゴリーにおいて、クラウドゲーミングサービス「GeForce NOW Powered by SoftBank」の正式サービスの提供を、2020年6月10日に開始すると発表した。
「GeForce NOW Powered by SoftBank」は、NVIDIA Corporation(以下「NVIDIA」)のクラウドゲーミングサービスの日本版で、キャリアを問わずに楽しむことができる。ゲームをプレイする時に発生する、高い負荷がかかるデータ処理をサーバー側で行った上でストリーミング配信するため、高負荷な処理ができないパソコンやタブレット、スマートフォンなどデバイスの種類を問わずに、高性能を要求するゲームがいつでもどこでも楽しめる。

提供開始日
2020年6月10日

利用料金
月額1,800円

キャンペーン
6月に本登録を完了した人は61日間、7月に本登録を完了した人は31日間、本登録完了日から利用料金が無料になる。なお、申し込みしてから本登録が完了するまでに、時間がかかる場合があるので、余裕を持った申し込みが必要。

本登録完了日:無料期間
6月10日~30日:61日間
7月1日~31日:31日間

システム要件
macOS 10.10以降、Windows 7以降(64bitのみ)、Android 5.0以降

申し込み方法
6月10日以降にウェブサイトから申し込むことができる。仮登録後、準備ができ次第、本登録の手続きが案内される。

利用までの流れ
出典元:プレスリリース

人気記事

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?

100年に一度の大変革期を迎えている自動車業界。そのなかで日本の自動車メーカーの行く末に「猛烈な危機感がある」と明かすのは、かねてよりマツダの天才エンジニアとして知られ、現在はシニアイノベーションフェローを務める人見 光夫氏だ。Appleをはじめとした巨大テック企業たちが自動車業界への参入をこぞって表明する今、既存の自動車メーカーが生き残りをかけて望むデジタルシフト戦略とは。ここでしか聞けない、本音が満載のインタビューです。