Today's PICK UP

ソフトバンク、クラウドゲーミングサービスを正式リリース、高負荷ゲームをスマホでも。

ソフトバンク株式会社は、5G時代のエンタメ配信サービス「5G LAB」の「GAME SQUARE」カテゴリーにおいて、クラウドゲーミングサービス「GeForce NOW Powered by SoftBank」の正式サービスの提供を、2020年6月10日に開始すると発表した。
「GeForce NOW Powered by SoftBank」は、NVIDIA Corporation(以下「NVIDIA」)のクラウドゲーミングサービスの日本版で、キャリアを問わずに楽しむことができる。ゲームをプレイする時に発生する、高い負荷がかかるデータ処理をサーバー側で行った上でストリーミング配信するため、高負荷な処理ができないパソコンやタブレット、スマートフォンなどデバイスの種類を問わずに、高性能を要求するゲームがいつでもどこでも楽しめる。

提供開始日
2020年6月10日

利用料金
月額1,800円

キャンペーン
6月に本登録を完了した人は61日間、7月に本登録を完了した人は31日間、本登録完了日から利用料金が無料になる。なお、申し込みしてから本登録が完了するまでに、時間がかかる場合があるので、余裕を持った申し込みが必要。

本登録完了日:無料期間
6月10日~30日:61日間
7月1日~31日:31日間

システム要件
macOS 10.10以降、Windows 7以降(64bitのみ)、Android 5.0以降

申し込み方法
6月10日以降にウェブサイトから申し込むことができる。仮登録後、準備ができ次第、本登録の手続きが案内される。

利用までの流れ
出典元:プレスリリース

人気の記事

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

「ユニコーン企業」ーー企業価値の評価額が10億ドル以上で設立10年以内の非上場企業を、伝説の一角獣になぞらえてそう呼ぶ。該当する企業は、ユニコーンほどに珍しいという意味だ。かつてのfacebookやTwitter、現在ではUberがその代表と言われている。この連載では、そんな海外のユニコーン企業の動向をお届けする。今回は欧米を中心に注目されている「代替肉」を扱う「インポッシブル・フーズ」を紹介する。