Today's PICK UP

ソフトバンク、クラウドゲーミングサービスを正式リリース、高負荷ゲームをスマホでも。

ソフトバンク株式会社は、5G時代のエンタメ配信サービス「5G LAB」の「GAME SQUARE」カテゴリーにおいて、クラウドゲーミングサービス「GeForce NOW Powered by SoftBank」の正式サービスの提供を、2020年6月10日に開始すると発表した。
「GeForce NOW Powered by SoftBank」は、NVIDIA Corporation(以下「NVIDIA」)のクラウドゲーミングサービスの日本版で、キャリアを問わずに楽しむことができる。ゲームをプレイする時に発生する、高い負荷がかかるデータ処理をサーバー側で行った上でストリーミング配信するため、高負荷な処理ができないパソコンやタブレット、スマートフォンなどデバイスの種類を問わずに、高性能を要求するゲームがいつでもどこでも楽しめる。

提供開始日
2020年6月10日

利用料金
月額1,800円

キャンペーン
6月に本登録を完了した人は61日間、7月に本登録を完了した人は31日間、本登録完了日から利用料金が無料になる。なお、申し込みしてから本登録が完了するまでに、時間がかかる場合があるので、余裕を持った申し込みが必要。

本登録完了日:無料期間
6月10日~30日:61日間
7月1日~31日:31日間

システム要件
macOS 10.10以降、Windows 7以降(64bitのみ)、Android 5.0以降

申し込み方法
6月10日以降にウェブサイトから申し込むことができる。仮登録後、準備ができ次第、本登録の手続きが案内される。

利用までの流れ
出典元:プレスリリース

人気の記事

日経クロストレンド「トレンドマップ 2020夏」が発表 技術分野は「DX」が躍進

日経クロストレンド「トレンドマップ 2020夏」が発表 技術分野は「DX」が躍進

株式会社 日経BPは2020年9月3日、マーケティング&イノベーション専門メディア「日経クロストレンド」が作成した「技術」「マーケティング」「消費」の潮流を見極める「トレンドマップ 2020夏」を発表した。本調査は18年夏、19年冬、19年夏、20年冬に続く5回目、新型コロナウイルスの影響が本格化した20年上半期のトレンド変化を踏まえた初の調査結果となる。